お出かけのご予約は、こちらから!

08年04月15日

【北総鉄道】1日乗車券「さわやかきっぷ」発売中!

北総鉄道:北総線、最大39%割引 1日乗車券発売中−−来月18日まで /千葉
(2008年4月15日 毎日新聞)

 春の行楽シーズンに合わせ、北総鉄道(本社・鎌ケ谷市)は、最大39%の割引となる1日乗車券「さわやかきっぷ」を販売している。5月18日まで。
 同日までの土日、祝日の1日に限り、大人1000円、小児500円で北総線全線を何度でも乗り降りできる。京成高砂駅(東京都葛飾区)と印旛日本医大駅(印旛村)間を往復した場合、通常なら1640円掛かるため、39%の割り引きとなる。
 00年から毎年この時期に販売している人気乗車券で、今年は例年より販売期間を2週間延長し、計2万3000枚(小児3000枚)を発売する。販売場所は同線各駅と京成高砂駅の定期券発売所で、売り切れ次第終了。
 同社は「さわやかきっぷをフル活用して、北総線沿線の春を求めに出掛けてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同社旅客課(電話047・445・7161)まで。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

08年04月11日

【福岡市営地下鉄】「博多どんたく港まつり」テーマ乗車券を発売!

「どんたく見物」は地下鉄で 福岡市交通局 まつりテーマ乗車券2種類発売へ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/15360
(2008年4月10日 西日本新聞)

 福岡市交通局は、5月3、4日に同市内で開かれる「博多どんたく港まつり」をテーマにした2種類の地下鉄乗車券を発売する。地下鉄全線が1日乗り放題になる「1日乗車券」と、通常の乗車券「えふカード」。いずれも、どんたくの風景を色彩豊かにデザインしており、地下鉄を利用した見物もPRしている。
 1日乗車券は5月3‐6日の1日限り有効で、大人500円(通常600円)、小学生250円(同300円)。4月26日から5月6日まで地下鉄駅窓口などで限定4万5000枚を販売する。
 えふカードは1000円で1100円分が利用可。限定2000枚で対象は成人。4月20日から発売する。いずれも問い合わせは地下鉄テレホンセンター=092(734)7800。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

08年04月07日

【JR四国】四国全線乗り放題「四国鉄道まるごとパス」を発売!

四国乗り放題 JRが記念切符=愛媛
(2008年4月6日 読売新聞)

 JR瀬戸大橋線が10日で開業20周年を迎えるのを記念して、JR四国が同社と四国の全鉄道会社の普通列車の自由席が乗り放題となる「四国鉄道まるごとパス」を販売している。6月30日までの3日間に利用可能で、1枚6000円。
 利用できるのはJR四国と伊予鉄道(坊っちゃん列車を除く)、阿佐海岸鉄道(徳島県)、高松琴平電気鉄道(香川県)、土佐電気鉄道(高知県)の全線。1人で3日に分けて使うか、2、3人のグループで同一行程で利用することもできる。普通列車の指定席には指定券を購入すれば乗れるが、特急やグリーン車には乗れない。JR四国の主要駅や旅行会社で販売する。
 また、高松―岡山間を結ぶJRの快速「マリンライナー」の新旧車両をデザインした記念オレンジカードも、四国の主要駅などで販売している。1988〜2003年に走行した旧型と、現在のタイプの2種類あり、それぞれ1枚1000円で4500枚限定。
 問い合わせはJR四国営業部商品企画課(087・825・1646)へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

08年03月25日

【三陸鉄道】通勤定期を持参人方式へ

三陸鉄道:誰でも使える定期券 通勤用、持参人方式実施へ /岩手
(2008年3月25日 毎日新聞)

 三陸鉄道(山口和彦社長)は24日、同鉄道線内の通勤定期乗車券について、記名人以外でも自由に使える持参人式を4月1日から実施すると発表した。全国の一部の私鉄で実施してはいるが、東北では初めてという。
 現行の通勤定期は記名人しか使用できない。持参人式は記名人でなくても持参者(1人)に限り、誰でも使える。利便性を高め、収入増につなげるのが狙い。通学定期と、JR線連絡の通勤定期は対象外で、記名人以外は使用できない。
 三鉄宮古本社によると、通勤定期の発売枚数は06年度、北リアス線が300枚、南リアス線が140枚。乗車回数によっては回数券の方が安くつく例もあり、利用がもう一つだという。
 宮古本社営業企画部は「休日に家族が使えるし、職場でも同僚らが貸し借りして営業活動に生かせる」と宣伝している。問い合わせは宮古本社(電話0193・62・8900)



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

【京福電鉄・京都市営地下鉄・京阪電鉄】「京都嵐山・琵琶湖大津 1dayチケット」 を発売!

京福電鉄などが地下鉄・京阪大津線・嵐電の共通1日券
(2008年3月24日 時事通信)

 京都市街地と嵐山を結ぶ「嵐電」を運営する京福電気鉄道〈9049〉は、京都市営地下鉄の延伸に伴って新設する「嵐電天神川駅」が28日に運営を開始するのに合わせ、同日から、地下鉄と京阪大津線、嵐電の3社局の電車が1日乗り放題になる「京都嵐山・琵琶湖大津1day チケット」と、地下鉄と嵐電の2社局で利用できる「京都地下鉄・嵐電 1day チケット」を販売する。
 販売期間は2009年3月31日までで、チケットの種類によって、地下鉄や大津線、嵐電本線などが乗り放題となる。3社局利用券は1400円、2社局の場合は1000円。主要地下鉄や嵐電の駅などで購入できる。
 嵐電と地下鉄が相互乗り入れすることにより、既に乗り入れている大津線との地下鉄の3線での乗り入れ体制が確立する。滋賀方面から京都を代表する観光地、嵐山へのアクセスが便利になり、京都市内から滋賀方面への交通の利便性も向上することが見込まれる。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

IC乗車券 アジアで共通利用へ

国交省 アジア共通IC乗車券 福岡で今秋にも実験
(2008年3月25日 フジサンケイビジネスアイ)

 アジア各都市で共通して使えるICカード乗車券が今春中にも開発・製造され、福岡市やアジア各都市で官民共同による実証実験が今秋にもスタートすることになった。国土交通省の官民検討会が24日、2009年度以降の実用化に向けた施策などの最終報告書をまとめた。
 共通ICカード乗車券の実用化は観光立国を目指す政府の重点施策の一環。1枚のICカード乗車券で交通機関や宿泊施設、飲食店などの支払いができる仕組みを整備することで旅行者の利便性を高め、日本への観光客増加やアジア地域での人的交流の拡大を図るのが狙い。
 ICカード乗車券はあらかじめ入金しておけば、現金がなくても電車やバスなどの交通機関に乗れ、買い物もできるというもの。国内ではJR東日本の「Suica(スイカ)」などが普及しているが、各国で使われるIC乗車券は通信方式の規格などが異なるため、相互利用ができない。
 最終報告では、旅行先でも現地通貨を入金して国内同様に使えるようにするため、違った規格の通信方式でも対応できる共通ICカード乗車券を開発、既存の改札機を活用したサービスの提供を実現するとした。
 通貨の両替などの課題が残るため、導入当初は1枚のICカード乗車券に国ごとに入金する方式にとどめるが、「将来的には自動両替機能を持たせるようにしたい」(国交省)という。
 また、共通ICカード乗車券の実験地に福岡市、関西地域の都市やシンガポールや香港などを選定。今春には各国のカード事業者らでつくるワーキンググループで共同ICカード乗車券を開発・製造、今秋をめどに駅での公開実験を行う。
 さらに、北京五輪にあわせ、日本から北京市に向かう旅行者に現地のICカード乗車券を配布し、相互に利便性を検証実験や、韓国人旅行者にクレジットカードで後払い精算するICカード乗車券を日本の交通機関を利用してもらう実験などを20年度内に実施することも盛り込んだ。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

08年03月10日

【JR東海】博多〜浜松間で、のぞみ早特きっぷを発売

「早特きっぷ」、11日から販売−JR東海
(2008年3月7日 静岡新聞)

 JR東海は十一日から、浜松駅と小倉・博多駅を結ぶ新幹線の往復割引切符「のぞみ早特(はやとく)往復きっぷ」を販売する。
 四月一日以降の出発が対象で、出発日の二十一日前から七日前まで購入可能。浜松―名古屋駅はひかり・こだまの自由席や在来線快速、普通列車に乗車し、名古屋―小倉・博多駅はのぞみ普通車指定席を利用する。
 合計料金は二万八千円。通常より六千二百六十円から八千四百四十円の割引になる。
 磐田以西のJR各駅と主な旅行会社で取り扱う。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する

08年02月27日

【JR北海道】ANAの乗客向け、道央圏の特急乗り放題「ぐるっとパス」を発売。4月から。

JR北海道がANAと提携 4月から道央圏の特急乗り放題「ぐるっとパス」を発売
(2008/2/26 BNN)

北海道洞爺湖サミットの開催を控え観光客を誘致。

 JR北海道は、全日本空輸(ANA)グループと提携し、道央圏を格安料金で周遊できる「ぐるっとパス」を4月1日から発売する。
 7月7日から9日までの3日間の日程で開催される「北海道洞爺湖サミット」を前に観光客を誘致、サミットへの機運を高め、北海道の魅力をアピールすることが目的。
 「ぐるっとパス」の発売対象は、28日前の予約で運賃が大幅に割り引かれるANAの「旅割」または「乗継旅割」を利用して、新千歳空港に到着した乗客。空港到着日のみ新千歳空港駅で搭乗券を提示すると購入できる。
 「ぐるっとパス」は、新千歳空港ー札幌ー小樽ー倶知安ーニセコー長万部ー洞爺ー室蘭ー登別ー新千歳空港の道央圏フリーエリア内を3日間、特急・急行列車と普通列車の自由席(指定席は2回まで利用可)が乗り放題。価格は大人1人5,000円(小児半額)。利用期間及び発売期間は、4月1日〜6月30日まで。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 切符・チケット
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。