お出かけのご予約は、こちらから!

08年08月01日

【JR四国】お盆の予約状況を発表

下り13日、上り16日ピーク/JR四国お盆予約状況
(2008/08/01 四国新聞)

 JR四国が31日現在でまとまた特急快速列車の指定席予約状況によると、ピークは下りが13日、上りが16日で、期間中の予約率は33%と昨年を若干上回っている。
 列車別では快速マリンライナーが前年を上回る35%。四国―岡山間の特急は、予讃線「しおかぜ」が32%、土讃線「南風」が51%、高徳線「うずしお」46%でそれぞれ前年を上回る。また、東京を結ぶ夜行列車サンライズ瀬戸は87%となっており、予約席数はどの路線も対前年比10%増となっている。
 ピーク日の特急・快速列車の平均予約率は下り49%、上り54%となっており、同社は「下りで分散傾向、上りは土日に集中する傾向」としている。新幹線のぞみは、下りが9、13日、上りは16、17日の混雑を予想する。
高速バスの予約状況をみると、ピークは下りが9―13日、上りが15―17日。香川県内発着の夜間便は、東京線96%、新宿線98%、名古屋線95%とほぼ満席。昼間発着の京阪神方面の定期便は大阪線34%、神戸線20%、京都線37%となっている。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年07月23日

「飲み鉄」向けのお酒!

ちょっと、面白いコラムを見つけたのでご紹介。
「飲み鉄」用の「清酒ん(青春)180ミリリットルかっぷ(きっぷ?!)」だそうです。


こぼれ話- 「飲み鉄」向きのカップ酒 /東京
(2008年7月22日 毎日新聞)

 鉄道ファンを「鉄」と呼ぶ。撮影好きは「撮り鉄」、私のような旅好きだと「乗り鉄」だが、車内で酒を飲むので「飲み鉄」とも名乗っている。そんな「飲み鉄」向けに「トレインカップシリーズ」というカップ酒が登場した。キャッチフレーズは「鉄な酒」。ラベルにJR東日本189系特急電車やキハ58形急行気動車、EF65形、EF81形電気機関車などのイラストをあしらった。
 商品の別名は「清酒ん180ミリリットルかっぷ」。JR全線の快速・普通列車の普通車自由席と宮島航路が乗り降り自由の「青春18きっぷ」に引っかけた。ラベルには「開封後は当日限り有効。ご利用は20歳以上の方に限る」との注意書きもある。
 製造・販売は、清酒「川中島」などを手がける長野市の酒蔵・酒千蔵野(しゅせんくらの)。1540年ころ創業という。ラベルは、信越線で活躍した特急「あさま」用塗装など10種類。
 注文はメール(info@shusen.jp)で受け付け中。なお東京・人形町の缶詰&立ち飲みバー「キハ」(東京都中央区日本橋堀留町1、電話03・5651・5088)では、商品企画に参加した縁で、この酒を味わうことができる。清酒500円、にごり酒600円。ラベルはコップからはがし、収集できる。
 ちなみに店の2階には通勤電車風の座席があり「鉄な酒」を飲むのに、ぴったり。天井には「キハ」も紹介した当コラム記事が車内広告のように下がっている。一読いただければ幸いだ。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年07月18日

第3セクター36社、黒字は5社のみ。

3セク鉄道の黒字5社のみ 燃料高騰も影響
(2008/07/17 共同通信)

 第3セクター鉄道等協議会は17日、加盟36社の2007年度の経営状況をまとめた。経常赤字に陥ったのは前年度より1社減の31社で、損失は総額32億4000万円に上った。黒字は5社にとどまった。
 輸送人員は21社で前年度より減少。多くの3セク鉄道で赤字が続く中、軽油などの燃料費高騰が経営を圧迫しており、同協議会は「燃料費高騰を利用者に転嫁できる状況にもなく、会社によっては存廃が議論されるなど下り坂の状態が続いている」と危機感を強めている。
 各社別の経営実績では、赤字額が最も大きいのは北近畿タンゴ鉄道(京都府、兵庫県)の5億6500万円。次いで秋田内陸縦貫鉄道(秋田県)の2億6200万円、天竜浜名湖鉄道(静岡県)の2億5500万円と続いた。
 一方、黒字トップは北越急行(新潟県)の12億8200万円で、2位は智頭急行(兵庫、岡山、鳥取県)の5億8600万円。3位の愛知環状鉄道(愛知県)は、沿線企業の利用が増えるなどして前年度の3億円台の赤字から1億6000万円の黒字に転換した。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年07月01日

【JR御殿場線】沿線自治体が増便や新駅などを要望。

JR御殿場線増便や新駅などを国に要望−輸送力増強促進連盟
(2008年7月1日 静岡新聞)

 県東部、神奈川県西部の十三市町でつくる御殿場線輸送力増強促進連盟はこのほど、国交省と地元選出国会議員に対してJR御殿場線の増便や新駅設置などを求める要望書を提出した。
 県東部から神奈川・東京方面への通学通勤利用者の利便性を向上させるため、御殿場―国府津間の増便やJR東日本との相互乗り入れ、新宿―沼津間直通の特急「あさぎり」の増便、工場進出が相次ぐ裾野―岩波間の新駅設置などを求めた。
 また、老朽化した駿河小山、足柄両駅の改築、沼津駅高架化に合わせた東海道線との乗り入れ増加を、今年の新たな要望事項として盛り込んだ。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年06月30日

【松本電鉄】上高地線存続へ、地元の波田町が検討

松電上高地線の存続へ 波田町が検討組織、設置方針
(2008年6月28日 信濃毎日新聞)

 波田町の太田典男町長は二十七日の定例記者会見で、アルピコグループが鉄橋の架け替えなどで「単独での事業継続は困難」としている松本電鉄上高地線の存続に向け、近く住民を交えた検討組織(協議会)を設置する方針を示した。これに先立ち、来週にも各課の課長らで構成する庁内組織を設け、町としての対応を協議する考えも示した。
 協議会は、昨年施行された「地域公共交通活性化再生法」に基づき設置する予定で、公共交通の再生事業に対し国の補助が受けられる。
 太田町長は、具体的な協議内容や構成、設置時期などは未定としたが、町総務課によると、上高地線存続に向け、料金体系や利用促進策、必要なハード整備、行政に可能な支援策などを協議する予定だ。松電や国、県、有識者、住民代表者らの参加を想定。同課は、松本市の地域公共交通会議とも連携を図り、地域公共交通のあり方を検討したいとしている。
 太田町長は「上高地線は町の発展に大きな役割を果たし、これからもなくてはならない住民の交通手段。存続に向け、住民とともに考え、実行したい」と強調した。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年06月29日

【JR西日本】【越美北線】全線開通から1年。利用者回復せず。

JR越美北線:全線開通1年、利用者数回復せず 大野市など、通勤者に支援策 /福井
(2008年6月28日 毎日新聞地方版)

 04年7月の福井豪雨で鉄橋が流され、一部区間で不通になっていたJR越美北線(福井−九頭竜湖、52・5キロ)が、全線開通してから30日で1年になる。しかし、一度離れた乗客を再び戻すのは容易ではなく、利用者数が被災前の数字に回復していない。県の担当者は「通勤客をどうやって戻すかが今後の課題だ」と話す。
 昨年度の利用者数は、延べ人数で32万1850人。一部区間が不通だった06年度(30万2884人)に比べ約2万人増加した。しかし、被災前年の03年度は34万4743人で、以前の水準にはまだ届いていない。
 昨年6月の全線再開後、県をはじめ、沿線の大野、福井両市は、優待制度付きのスタンプカード配布▽駅周辺の美化活動▽駅周辺散策マップの配布−−など、利用者増に務め、「観光客はある程度戻ってきたという印象がある」(県総合交通課)という。
 一方、通勤客が敬遠する大きな要因とされているのが、1日上下線計9本程度しかない本数不足と、福井発越前大野行最終電車が午後9時48分発という、早すぎる最終電車だ。県と大野、福井両市、京福バスの4者は6月から、越美北線と並行して走るバスを併用することで、二つの「欠点」を補おうと、バス運賃の3分の2を負担する事業を始めた。大野市は「起死回生策になれば」と期待する。

 ◇あすイベント
 全線開通1年を祝うため、29日午前9時半から、JR越前大野駅などで各種イベントが開かれる。問い合わせ同課(0779・66・1111)。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年06月24日

【若桜鉄道】上下分離方式導入へ。

若桜鉄道 「上下分離」年度内に 来月 八頭町などが法定協
(2008年6月24日 読売新聞)

 第3セクター・若桜鉄道(本社・若桜町)は23日、若桜町内で開いた株主総会で、線路や鉄橋などの施設を沿線自治体が保有し、運行に専念する鉄道会社の負担を軽減する「上下分離方式」を今年度中に導入する方針を明らかにした。八頭、若桜両町が7月上旬に法定の協議会を設け、9月までに施設保有の枠組みや費用負担などを盛り込んだ計画を策定。国の計画認定を受けて早急に移行する考えだ。乗客数の減少傾向は続いているが、当面は廃線が避けられる見通しが強まった。
 これまで認められなかった、地方自治体が保有線路を鉄道会社に無償で貸すことを可能にする「改正地域公共交通活性化・再生法」が5月に成立。車両や施設を更新する場合の国の補助率も、従来の5分の1から3分の1に拡充され、導入に道が開けた。
 この日承認された07年度決算では、赤字は前年度を985万円下回る3938万円。「上下分離」をした試算では、約300万円と企業努力でカバーできる水準になる。
 残りの赤字約3600万円は自治体側が負担することになる。協議会には県や鳥取市も参加する予定で、若桜、八頭両町側は負担への協力を求めていく方針。
 株主総会で、社長の小林昌司・若桜町長は「若桜鉄道の生き残りには、この方法しかない」と述べ、今夏には初めて経営コンサルタントに指導を求め、収支改善を進める考えを示した。
 07年度決算では、本業以外のもうけを示す営業外利益は541万円と、前年度(69万円)の8倍近くに伸びた。グッズ販売や開業当時の施設などを売り物にしたツアー客の誘致が奏功した形だ。ただ、乗客数は約45万5700人で、前年度の84%。昨年4月に定期運賃を値上げし、通学定期の利用者が約8万4000人減ったことが響いた。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年06月16日

石原都知事定例会見:東京メトロと都営地下鉄「早く一元化を」

石原知事:東京メトロと都営地下鉄、「早く一元化を」−−副都心線開業で /東京
(2008年6月14日 毎日新聞地方版)

 石原慎太郎知事は13日の定例会見で、東京地下鉄(東京メトロ)「副都心線」の開業に関連し、「ユーザー(利用者)のためにも、二つある地下鉄は一緒にしなくちゃいけないと思う」と述べ、同社と都営地下鉄を一元化すべきだとの意向を改めて明らかにした。だが、一元化のめどについては「分からない」とするにとどまり、実現には課題が多いとの認識も示した。
 石原知事は会見で、両者の現状について「いろいろ見解が違うからね。都営の地下鉄の財政状況が悪いわけじゃないけれど、向こう(東京メトロ)はもっともうかっている。金持ちが貧乏人と結婚するのは嫌だっていう姿勢でしょう」と指摘した。それでも「できるだけ早く合体した方がお客さんのためには親切だろう」と一元化への意欲を見せた。
 東京メトロは、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)を04年4月に民営化して設立された。株式は政府(53・4%)と都(46・6%)が保有するが、同社は09年までの株式上場を目指している。副都心線を含めると9路線を営業し、08年3月期の経常利益は約881億円の黒字だった。長期債務残高は約7704億円となっている。
 一方、都営地下鉄は4路線を営業し、06年度に60年の開業以来初となる経常黒字約31億円を確保した。長期債務残高は約1兆円に上る。東京メトロとの間では初乗り運賃の二重払い(乗り継ぎで70円は割り引かれる)といった課題があり、石原知事は「サービスも統一しなきゃいけない。統一の規格で掲示板を作りなさいと言っている」と語った。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 16:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

駒の湯温泉の土砂崩れで、鉄道博物館学芸員岸さんら死亡

 岩手・宮城内陸地震に際し、犠牲となった方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
最新!鉄道ニュース!! 管理人:shin



「タモリ倶楽部」出演のカリスマも犠牲に
(2008年6月16日 日刊スポーツ)

 土砂崩れで倒壊した宮城県栗原市の旅館「駒の湯温泉」の建物の下敷きとなって死亡した岸由一郎さん(35)は、鉄道ファンの間で広く知られるカリスマ的存在だった。開館以来にぎわい続けている鉄道博物館(さいたま市大宮区)の学芸員として勤務するかたわら、個人として全国各地の廃線となった鉄道の車両や駅舎の保存運動に奔走。トロッコ列車にかんする著書もあり、鉄道関係者から「トロッコのあるところに岸あり」とも言われていた。熱心な取り組みは広く知られ、テレビ朝日系「タモリ倶楽部」の鉄道特集に解説役で出演したこともあった。
 鉄道博物館関係者によると、岸さんは13日、廃線となった宮城県北部の「くりはら田園鉄道」の保存活用策の検討委員会メンバーとして会議に出席。日帰りの予定だったが、同県栗原市にあるこの旅館に泊まっていた。同委員会メンバーで一緒に行動していた観光コンサルタント麦屋弥生さん(48)と地震に遭遇した。
 鉄道博物館の沢登正行副館長(38)は「現地に残っているとは思わなかった。一生懸命仕事をする人だった。信じられない」。荒木文宏館長代理(66)は「面倒見が良くみんなから慕われていた。とにかく行動力のある人だった」と声を落とした。鉄道ファンによるインターネットのサイトにも悲報に驚く書き込みが相次いだ。
 岸さんは福井県出身。東京学芸大で博物館学を専攻し、学生時代から地方の中小私鉄の車両保存運動を始めた。同大卒業後は交通博物館に勤務し、その後、鉄道博物館に移籍した。出身地にある京福電気鉄道の車両研究を進め、京都府の加悦鉄道や新潟交通電車線など多くの保存活動にかかわってきた。岸さんが設立メンバーの加悦鉄道保存会の森本寿会長(44)は「車両を産業遺産として残そうと情熱的に行政に働き掛けていた。もっと活躍してもらわないといけない人だったのに」と話した。
 岸さんと同じように建物の下敷きとなった麦屋さんは津田塾大卒業後、日本交通公社で草津など温泉観光地などの再生や振興計画を研究。04年にフリーとなり、06年から「田園観光都市」を目指す栗原市の依頼を受け観光産業づくりのプロデュースを手掛けていた。



東北新幹線、仙台〜八戸は終日運休=11万人に影響、千人が9時間缶詰め
(2008/6/14 時事通信)

 JR東日本は14日、岩手・宮城内陸地震の影響で東北・山形・秋田新幹線が計145本運休し、上越、長野新幹線を合わせた計101本が最大6時間20分遅れたと発表した。線路沿いの通信用ケーブルが切れるなどしており復旧に時間を要するため、東北新幹線仙台〜八戸間と秋田新幹線は終日運転を見合わせ、15日始発から通常通りの運転を再開する予定。乗客約11万7000人に影響が出た。
 同社によると地震発生直後、東北新幹線3本が緊急停止し、乗客計約2050人が車内に閉じ込められた。このうち仙台〜古川間で停止した下りはやて・こまち1号の乗客約1000人は、線路などの安全を確認した上で仙台駅に戻るまでの間、約9時間半缶詰め状態に。3人が気分の悪さを訴え、乗り合わせた医師らの手当てを受けた。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する

08年06月12日

【環日本海シーアンドレール構想】秋田臨海鉄道の延伸へ調査

秋田県、秋田港の鉄道延伸検討 6月補正予算案に調査費
(2008/6/12 Nikkei Net)

 秋田県は11日、6月補正予算案を議会各派に提示した。鉄道と船を使ってコンテナをロシアなどに運ぶ「環日本海シーアンドレール構想」を支援するため、秋田港内の秋田臨海鉄道(秋田市)の北線(2.5キロ)を、コンテナヤードを拡充する計画の外港地区まで延伸する調査費532万円を盛り込んだ。
 県は外港地区の1.2ヘクタールのコンテナヤードを14ヘクタールに拡大するため、2008年度当初予算に事業計画の策定費を計上している。国土交通省は2月の同構想の実証実験で、臨海鉄道の駅に隣接する大浜地区のコンテナヤード(4.6ヘクタール)を使ったが、貨物の積み替えが不便で外港地区までの鉄道延伸(約2.8キロ)などを提案していた。
 調査するのは費用やルート、事業主体など。セントラル自動車(神奈川県相模原市)が宮城県で工場を稼働する2010年までに、コンテナ輸送の優位性を売り込めるようにする考え。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。