お出かけのご予約は、こちらから!

08年12月04日

【くま川鉄道】駅名ネーミングライツを売却へ「おかどめ幸福駅」

命名権:広がる売却 くまがわ鉄道「おかどめ幸福駅」 /熊本
(2008年12月4日 毎日新聞地方版)

 第三セクター「くま川鉄道」(厚地洋一社長)は「おかどめ幸福駅」(あさぎり町)の駅名の命名権(ネーミングライツ)を、厚地社長が経営する人吉市の衣料品販売店「クローバー」に売却した。人吉駅(くま川鉄道部分)の命名権も錦町の不動産開発会社と交渉中で、近く契約がまとまる見込み。同鉄道は他の12駅の命名権も売却する。駅名の命名権販売は九州では平成筑豊鉄道(福岡県)に次いで2社目という。
 くま川鉄道は、球磨焼酎酒造組合(人吉市)に全駅名の一括購入を打診したが、交渉が不調に終わった。このため、厚地社長が自ら第1号の購入に名乗りを挙げた。新駅名は「ファッションハウスクローバーおかどめ幸福駅」で、駅のホームに新駅名の表示板を設置した。
 契約は09年4月から3年。スポンサーが払う広告費はおかどめ幸福駅が月2万円。人吉駅は月7万円で、他駅は乗降客数に合わせて月1万〜5万円で販売する。
 列車の自動放送も企業名などを冠した駅名に切り替えるが、全国で販売される時刻表は多額の費用がかかるため、変更しない。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年11月25日

【近畿日本鉄道】2009年3月から、富洲原駅を川越富洲原駅に改称!

近鉄名古屋線・富洲原駅- 川越富洲原駅に改称−−来年3月20日から /三重
(2008年11月22日 毎日新聞)

 ◇1929年開業、戦後すぐ移転「歴代町長の思いかなう」−−川越

 近畿日本鉄道は21日、名古屋線「富洲原(とみすはら)駅」を来年3月20日から「川越富洲原駅」に改称すると発表した。近鉄によると、富洲原駅は1929年、四日市市の富洲原地区に開業。戦後間もなく約300メートル北に離れた川越町豊田に移転したが駅名はそのままだった。
 川越町によると、町名を冠した駅を望む声は1950年代からあり、05年度から駅舎の改築や駅東西口の整備など駅周辺地区整備事業を始めた際、近鉄に駅名変更を申し入れていた。これを受け、近鉄が来年3月の阪神なんば線開業に合わせて他の駅名を変更するのに伴い、「川越」を冠した駅名への変更を決めた。
 山田信博町長は「歴代町長の思いがかない大変喜んでいる」とコメントした。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年11月18日

【京浜急行】17駅の駅メロをご当地ソングに!

ゆず、山口百恵らのご当地曲 京急の駅メロ、17駅で変更
(2008年11月18日 フジサンケイビジネスアイ)

 ゆずに山口百恵、いしだあゆみ、坂本九、さらにゴジラも登場−。

 京浜急行は羽田空港駅が開業10周年を迎える18日から、電車の接近を知らせる「駅メロディ」を、各駅にちなんだ楽曲にリニューアルする。
 これまで「駅メロディ」は、全駅で同じ曲を流していたが、地元の人たちに駅への親しみを持ってほしいとの狙いで、各駅に縁のある曲を募集していた。
 リニューアルされるのは羽田空港駅など主要17駅で、川崎駅は故坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」、上大岡駅(横浜市)では人気男性デュオ、ゆずのデビュー曲「夏色」など、地元出身の歌手の楽曲を採用。
 このほか、三崎口駅(神奈川県三浦市)は、三浦半島を舞台にした「岬めぐり」(山本コウタロー&ウィークエンド)、横浜駅は「ブルーライトヨコハマ」(いしだあゆみ)、横須賀中央駅は「横須賀ストーリー」(山口百恵)など、おなじみの楽曲が登場する。
 また浦賀駅(同横須賀市)では、同駅近くの観音崎が、ゴジラが上陸した「たたら浜」のモチーフになったとされることから、「ゴジラのテーマ」に決まった。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年11月17日

【明知鉄道】東野駅に直結の高齢者施設!新駅「極楽駅」も開業へ。

無人駅に高齢者施設“連結” 明知鉄道、赤字でアイデア勝負
(2008年11月17日 中日新聞)

 岐阜県恵那市の第3セクター・明知鉄道の東野(ひがしの)駅で、高齢者福祉施設の建設が進んでいる。施設内には駅待合室も設けられ、同鉄道は「高齢者施設と駅とのドッキングは全国初では」。利用客増を狙い、12月25日には11番目の新駅も開設。全国の多くの3セク鉄道が赤字に苦しむ中、同鉄道もあの手この手で収入アップ策に取り組んでいる。
 高齢者福祉施設は、無人駅である東野駅の駐車場用地を転用して建設。恵那市内の医療法人恵雄会と契約を結び、同鉄道には賃貸料が入る。
 施設は鉄骨造り3階建て、延べ1300平方メートル余。1階に駅待合室のほか通所や宿泊用の「小規模多機能居宅介護施設」を設置。2、3階は高齢者専用賃貸住宅(全25室)が設けられる。
 同鉄道は現在、恵那駅と阿木駅の施設を歯科医院に、山岡駅事務室を地元のそろばん塾に貸している。寒天やキノコなど沿線の味を味わう「グルメ列車」も人気を集めており、今井祥一朗専務は「地域に密着しながら収入を増やす方策を探りたい」と話す。
 年末に飯羽間−岩村駅間に設ける新駅は簡易な仕様とし、建設費は2000万円余に抑制。「極楽駅」との名称は近くにあった寺などにちなんで名付けられた。記念切符を発売するが、「『極楽』との駅名は他にないだけに、鉄道ファンの人気を集めるかも」(同鉄道)と期待。恵那−東野駅間でも新駅の開設を計画中だ。

◆黒字わずか5社、乗客減など深刻 全国36社

 全国36社の3セク鉄道が加盟する「第3セクター鉄道等協議会」(東京)がまとめた2007年度の経営状況によると、赤字は31社で、黒字は5社。乗降客の減少に加え、軽油など燃料費の高騰が各社の経営を圧迫している。
 中部地方では明知鉄道をはじめ樽見鉄道(岐阜県)、長良川鉄道(同)、信楽高原鉄道(滋賀県)、天竜浜名湖鉄道(静岡県)が赤字。黒字は愛知環状鉄道(愛知県)と伊勢鉄道(三重県)。
 明知鉄道は「乗って残そう」を合言葉に乗降客数のアップに取り組んでいる。
 07年度は輸送人員、旅客収入とも前年度を上回り、同社は「若干の明るさが見えてきた状況」としている。
 日本総研地域経営戦略グループの小長井主任研究員によると、黒字はJRと接続して利益が上がる路線などで、大部分はもともと旧国鉄の赤字路線を引き継いでいる。「商店街に直結する形で新駅を造った鉄道もあるが、高齢者施設は初めて聞いた」とした上で「利用客増加には3セクの会社だけではなく、地域の観光資源や自治体と連携して面的に広がる取り組みが必要」と話している。

 【明知鉄道】 旧国鉄の明知線を引き継ぎ、1985年に開業した第3セクター会社が運営する。社長は恵那市長。路線延長は恵那−明智間の25・1キロ。3セクに移行後に飯沼駅と野志駅を開業し、恵那市に8駅、中津川市に2駅がある。恵那、明智、岩村駅以外は無人駅。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:36 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年11月13日

【福井鉄道】福武線に4駅新設へ!

福鉄福武線、来年度以降4駅新設へ 利用2割増目指す 活性化連携協方針=福井
(2008年11月12日 読売新聞)

 福井鉄道の利用促進策について話し合う福鉄福武線活性化連携協議会(連携協、座長=浅沼美忠・県立大准教授)は11日、福井市内のホテルで会合を開き、来年度以降に4駅を新設する方針を、地域公共交通総合連携計画に盛り込むことを決めた。2018年度の年間利用客数は、現在の2割増の200万人台を目指す。
 連携協は、沿線3市(福井、鯖江、越前)と県、利用促進団体、福鉄などで構成。地域公共交通活性化法に基づいて設置されている。
 新駅は▽西武生―家久間(越前市)▽家久―上鯖江間(同)▽三十八社―浅水間(福井市)▽ハーモニーホール―江端間(同)の4か所に設置を計画。住民アンケートなどで要望が強く、駅と駅の間隔が比較的長い区間を選んだ。
 このうち西武生―家久間に新設される駅は、建設中の県道高架下に設け、駐車場も整備する予定。4駅の整備時期について、福鉄の次期社長に就任予定の村田治夫顧問は「予算や用地が確保でき次第、取り組みたい」とした。連携計画にはこのほか、13駅舎の改築や新型車両の導入、朝夕のラッシュ時のダイヤ見直しなども盛り込まれた。連携計画は国に提出され、承認が得られれば駅舎整備などの設備更新費用として10億円の補助が受けられる。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年11月06日

ショッピングセンター「プリエ姫路」JR姫路駅高架下に12月オープン!

プリエ姫路:JR駅高架下に55店舗、来月開業 25歳前後の女性客に照準 /兵庫
(2008/11/5 毎日新聞〔播磨・姫路版〕)

 JR姫路駅(姫路市)が完全高架化する12月、高架下にショッピングセンター「プリエ姫路」が開業する。25歳前後の女性客に狙いを絞り、衣料品や雑貨など55店舗が開店する。40店が姫路初出店で関西で初めての店もある。ショップを厳選し、これまで神戸や大阪に足を伸ばしていた女性客の取り込みを図り、年間60億円の売り上げを目指す。
 工事がほぼ終わる12月4日に大部分の店が営業を開始し、22日にグランドオープンする予定。
 JR西日本の子会社、神戸SC開発(本社・神戸市)が中央改札口(現在の南中央改札口)正面で開店準備を進めている。同社が姫路市内の女性の購買行動を調べたところ、百貨店には既婚者、駅周辺には20歳前後向けの店が多く、25歳前後の女性は神戸まで足を運んで洋服や雑貨を買う傾向にあることが分かったため、出店方針を決めた。
 また、姫路駅周辺はJR、山陽電鉄、バスを合わせて1日に延べ約15万人の利用客がおり、アパレル業界も進出機会をうかがっていた。
 売り場面積は延べ約5900平方メートル。55店のうち業種別では衣料品店が26店、ファッション雑貨店11店、洋菓子店8店で、飲食店や化粧品店も入る。2階部分の約1400平方メートルは「ジュンク堂書店」が営業する。大阪や京都で展開するセレクトショップ「ドリー」や関東の洋菓子店「横濱フランセ」など13店が県内初出店で、雑貨店「アフタヌーンティー・リビング」など姫路市初出店も多い。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:25 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年10月29日

【阪急電鉄】京都線正雀−南茨木間の新駅「摂津市」駅は、カーボンニュートラルステーションに!

新駅はCO2排出ゼロ=2010年開業の摂津市駅―阪急電鉄
(2008年10月28日 時事通信)

 阪急電鉄は28日、京都線の正雀―南茨木駅間(大阪府摂津市)に設ける新駅の名称を「摂津市駅」とし、二酸化炭素(CO2)の排出量が実質ゼロの「カーボン・ニュートラル・ステーション」にすると発表した。摂津市駅は2010年春開業予定。 
 阪急によると、既存駅と同等の方式で整備した場合の年間CO2排出量を約65トンと試算。これをホームの屋根に設置した太陽光発電パネルで必要電力を賄ったり、照明の発光ダイオード(LED)化などで約35トン削減。残りの約30トンについては排出権やグリーン電力の購入で相殺し、実質的な排出量をゼロにする。
 新駅への投資額は約18億円で、既存駅より1割程度割高になる。阪急は効果を分析し、今後の新駅への採用や既存駅の施設改良を検討するとしている。
 1日1万2000人の乗降を見込んでいる。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年10月20日

【JR西日本】東海道線、西大路〜向日町間に桂川駅が開業!

JR桂川駅- 開業 「地域拠点に」期待熱く 「交通の便向上」11年越し念願 /京都
(2008年10月18日 毎日新聞地域版)

 ◇開発は途上、駅前閑散

 JR東海道線西大路―向日町間に18日、新駅「桂川駅」(南区久世高田町)が開業する。98年に当時の桝本頼兼市長が市議会で設置の意向を示してから11年越しの完成となった。地元民には市中心部や大阪へのアクセスは格段に向上するが、駅前はまだ開発途上。今後の行方が注目される。
 薄いブルーの全面ガラス張りの階段が、ゆるやかなカーブを描きながら改札のある2階へと導く。近くにある桂川の流れをイメージしたという新駅。JR西日本京都支社管内で100番目の駅となった。西大路から約2・8キロ、向日町から約1・1キロの地点にあり、最大12両の列車が停車できる約245メートルのホームを備える。平日は1日279本が停車。京都まで6分、大阪まで35分で結ぶ。
 99年に操業停止したキリンビール京都工場跡地(22ヘクタール)の再開発事業の一環で建設された。総事業費約36億円で、JR側が負担した駅部分に約10億円、駅前整備に約26億円を費やし、市は約25億1300万円を負担した。
 17日の完成式典で門川大作市長は「地域を変え活力を与える」と期待。JR西日本の山崎正夫社長も「地域の拠点となるよう、皆さまも支援してほしい」とあいさつした。
 とはいえ、駅前にあるのは広大な空き地。区画整理事業の手続きや線路工事の遅れなどで、駅の完成そのものが1年半遅れた。キリン側は商業施設の建設、マンションや教育施設などの誘致を計画し、来年3月までに上下水道や電気などインフラ整備の完了を目指す。だが、実際にデパートやホテルが姿を現す時期は未定という。
 JR側が試算した予想利用者数も控えめだ。西大路駅の07年度の一日あたりの乗車人数は約1万5000人、向日町駅が同約1万1000人に対し、桂川駅が見込むのは1日当たり約4200人。西約600メートルにある阪急京都線の洛西口駅は同約3600人だ。
 地元の久世自治連合会の北川龍彦会長(73)は「交通の便が格段と良くなる。念願だった」と喜ぶ一方、「今のままでは無人島のようで、せっかくの駅が台無し。街の開発が遅れていることが心配」と話した。


にぎわい期待「桂川駅」 JRきょう開業 阪急も駅計画=京都
(2008年10月18日 読売新聞)

 ◆京都と大阪間「新拠点」

 18日にJR東海道線で新駅「桂川」(南区)が開業するのを前に、新駅舎で記念式典が行われた17日、近隣の住民からは「大阪に行くのが便利になる」などと歓迎する声が上がった。新駅の周辺には商業施設や医療機関などを誘致する計画があるほか、約6キロ南にも阪急が将来、新駅を予定し、一帯は京都市中心部と大阪をつなぐ中間の新しいにぎわい拠点としての発展が期待されている。
 駅舎が出来たのは、1999年にキリンビール京都工場が閉鎖した跡地の一角。約24ヘクタールの空き地が広がる同跡地では今後、キリンホールディングス(東京)がマンションや商業施設などの開発を計画。2012年度には洛南高付属小学校も開校する。
 新駅は西大路駅と向日町駅の間に位置し、西約600メートルには5年前に開業した阪急洛西口駅もある。同駅から大阪方面に通勤する客が、高槻駅から新快速に乗り換えられる利便性に着目して利用をJRに切り替える可能性もある。
 式典で、JR西日本の山崎正夫社長は「この地区の開発に、できる限りのことをしていきたい。拠点駅となるよう地域でもご支援を」と期待感をにじませた。
 一方、近くの上久世町自治会長の駒田忠雄さん(88)は「京都市中心部、大阪への交通の便が飛躍的に良くなる。地域の発展が期待でき、一つの拠点になってほしい」と話していた。
 桂川駅は06年2月に着工し、バスやタクシーのターミナル、駅前広場と計1800台を収容できる駐輪場を設けた。総事業費は36億4300万円。そのうち26億4300万円は国庫補助金なども活用して京都市が負担する。
 一方、阪急は12年度末と見込まれている京都第二外環状道路のインターチェンジ完成をにらみ、長岡京市内に新駅の開業を予定する。
 京都総合経済研究所の森秀人調査部長は「JR、阪急ともこれまで京都、大阪の大都市間輸送に力を注いできた。しかし、マイカー利用や人口減などで乗客増が見込みにくくなり、鉄道会社は新駅の増設で新しい需要を掘り起こす戦略をとり始めたともいえる」と分析する。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

【JR東海】東海道本線、幸田〜岡崎間に新駅設置へ

JR東海、東海道本線幸田−岡崎間に新駅を設置
(2008年10月17日 時事通信)

 JR東海は17日、東海道本線幸田(愛知県額田郡幸田町)−岡崎間(同県岡崎市)に新駅を設置すると発表した。駅名は未定。12月中に工事協定を締結し、2009年度中には工事に着手。11年度末の開業を目指す。 
 同社は一日当たり約1000−1500人の乗車を見込む。工事にかかる費用の総額は約46億円で、全額幸田町が負担する。



JR東海道線- 愛知・幸田―岡崎間、新駅を設置へ
(2008年10月18日 毎日新聞)

 JR東海は17日、東海道線の幸田―岡崎間(愛知県幸田町)に、新たな駅を設置すると発表した。12月中に幸田町などと工事協定を締結して09年度に着工し、11年度末までの開業を目指す。
 新駅は、幸田駅から名古屋方面に3・1キロ、岡崎駅から豊橋方面に4・3キロの地点。アクセス道路や駐車場も整備して「パーク・アンド・ライド」方式での利用促進を図る。
 新駅設置は87年に幸田町から要望があった。町と区画整理組合、JR東海の3者で協議した結果、町が建設費約46億円を負担することで合意し、17日に基本協定を締結した。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

08年10月17日

【京阪電鉄】京阪線五条、四条、丸太町の名称を変更。10月19日から。

京阪電鉄:「五条」「四条」「丸太町」の3駅の名称変更−−19日から /京都
(2008年10月16日 毎日新聞地方版)

 京阪電気鉄道は15日、京阪線の「五条」「四条」(ともに東山区)、「丸太町」(左京区)の3駅の名称を19日から「清水五条」「祇園四条」「神宮丸太町」に変更するPRを四条駅で行った。
 PRには同駅に近い祇園甲部の舞妓(まいこ)、豆ちほさんと豆はなさんが協力。コンコースを通る市民や観光客に駅名変更を知らせる紙が入った千代紙1000セットを配布した。
 同社によると、京都市営地下鉄烏丸線に同じ名前の3駅があり、観光客らから「間違えた」と苦情が寄せられることもあった。19日の中之島線(大阪市)開業に合わせて駅名変更が計画され、各駅に近い観光スポットの名前が加えられた。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

posted by train news at 18:45 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。