お出かけのご予約は、こちらから!

07年08月09日

【近鉄】阿倍野橋に日本一の超高層ビル建設!

近鉄が大阪・阿部野橋で大規模再開発、百貨店を広さ日本一に
(2007年 8月 8日 ロイター)

 [東京 8日 ロイター] 近畿日本鉄道は8日、大阪・阿部野橋で大規模な再開発事業に乗り出すと発表した。高さ日本一の超高層ビルを建設し、広さが国内最大の百貨店に加え、オフィス、ホテルなどを備えた複合施設とする。事業規模は現時点で700億―900億円程度を想定している。
 同事業では、近鉄の大阪阿部野橋駅と、傘下の近鉄百貨店の阿倍野本店が利用する「阿部野橋ターミナルビル」の旧館部分を撤去。新しい超高層ビルは地下5階・地上59階、高さ約300メートルで、横浜市にある「ランドマークタワー」(296メートル)を抜いて日本一となる。
 新しいビルの低層階には近鉄百貨店阿倍野本店が入居する。同店の営業面積は現在7万6600平方メートル(専門店ゾーン含む)だが、増床後は、既存部分(約4万6600平方メートル)と合わせ、約10万平方メートルに拡大する。広さでは百貨店業界最大の松坂屋名古屋店(約8万7000平方メートル)を抜く。阿倍野本店は、工事期間中も営業を続ける。
 ビルの中層階は、延床面積6万3000平方メートルのオフィススペースとする。高層階には、客室数約400室のホテルが入居。近鉄は「国際級ホテルの導入を検討する」としており、外資系との提携も視野に入れている。



鉄道ブログランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:11 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

07年08月07日

【JR西日本】【山陽線】新駅「和木駅」の建設進む

JR山陽線新駅、「和木駅」の建設進む…岩国〜大竹間
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/035/035_07080701.htm
(2007/8/7 読売新聞)

 和木町で来春の開業を目指すJR山陽線の新駅「和木駅」(仮称)の建設工事が進んでいる。
 6月中旬に着工し、早ければ16日以降、地盤をコンクリートで固めるなどの基礎工事が始まる。終わり次第、駅舎の建設に取りかかり、JR西日本の来春のダイヤ改正に合わせて開業する見通しだ。
 新駅の設置場所は同町和木4の「あけぼの公園」横で、岩国駅から広島方面に3・7キロ、大竹駅(広島県大竹市)から岩国方面に1・6キロの地点。駅舎は鉄骨2階建てで、延べ床面積約550平方メートル。レンガづくりの町庁舎と町美術館のデザインに合わせ、外壁はレンガ調になる。2階には、町章をイメージした、丸いガラス窓を設置する。
 ホームは上下線ともに全長165メートルで、中央付近の約40メートルには屋根がある。駅の東西を結ぶ高架通路も設ける。1日当たり上下線141本が停車予定で、利用客は同2500人を見込んでいる。
 新駅の設置事業費は約7億8000万円で、同町と岩国市の共同事業となる。現在、双方で事業費の負担割合を協議している。



鉄道ブログランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

posted by train news at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

07年07月31日

【箱根登山鉄道】箱根湯本駅の建て替え工事に着手

箱根登山鉄道、19億円投じ箱根湯本駅の建て替え工事に着手
(2007年7月30日 日刊工業新聞)

 小田急電鉄グループの箱根登山鉄道は、箱根登山線箱根湯本駅(神奈川県箱根町)の建て替え工事に着手した。約19億円を投じてエレベーターや多目的トイレを整備したバリアフリー仕様の高架駅舎とする。09年春の新規開業予定。また、その後の工事で、神奈川県が整備を進めるペデストリアンデッキと改札口を接続する。
 箱根湯本駅周辺は駅舎を箱根登山鉄道、ペデストリアンデッキなど立体横断施設を神奈川県、駅南側広場を箱根町がそれぞれ整備する計画。すべての事業が完了するのは2011年春の予定で、総事業費は約31億円。



鉄道ブログランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:43 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

07年07月12日

【樽見鉄道】NPO「守る会」が2駅をバリアフリー化

『守る会』が樽見鉄道改善 東大垣と北方真桑 2駅バリアフリー化 今月下旬 住民参加、支援募る
(2007年7月10日:中日新聞)

 【岐阜県】第三セクター樽見鉄道を支援している民間非営利団体(NPO)法人・樽見鉄道を守る会(高橋順子理事長)は、東大垣駅(大垣市)と北方真桑駅(本巣市)のバリアフリー化工事を、今月下旬に行う。市民団体が駅舎に大がかりな工事を独自に施すのは珍しいという。
 計画では、東大垣駅は二十三日に工事を行い、駅舎に約十五センチの階段二段分をバイパスするスロープを造る。これまで、車いすでは駅舎裏を回って狭い通路を通らなければならず、無人駅ということもあって地域の障害者から設置の要望が上がっていた。高齢者の手押し車、ベビーカーなどでも格段に利用しやすくなる。北方真桑駅では二十二日に、改札通路の中ほどにある乗降客の列を分ける柱を撤去する。
 工事費はコンクリートなどの材料費のみで二カ所で約十五万円。作業は会員や地域住民のボランティアで行うといい、高橋理事長は「スロープの設計もボランティアで請け負ってくれた会社があり、工事に使う重機も特別に無料で貸してくれるところにお願いできました」と準備は順調だ。
 同会と工事方法を検討してきた樽見鉄道は「本来は会社でやるべきことだが、経営状況からみれば難しいところで、大変ありがたい」と力強い支援を喜ぶ。高橋理事長は「弱者のための公共交通として、皆が気軽に乗れることが大切。市民一人一人が応援団になって自分たちの鉄道をよりよくしていく活動をしていきたい」と話している。同会では、工事費の支援や工事のボランティアを募っている。問い合わせは、守る会事務局=電0581(38)3095=へ。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:12 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

07年06月19日

【京阪電鉄】17駅の発車メロディーをつなぐと、1曲に!

発車メロディーつながりで、もう1つ見つけました。

<<過去の記事>>
【JR東日本】【埼京線】戸田市内3駅で、発車メロディーが「戸田市歌」に
http://trainnews.seesaa.net/article/45035468.html


17駅つなぐ発車メロディー あすから京阪電鉄
(2007年6月16日:読売新聞・地域版)

 京阪電鉄は17日から三条や淀屋橋など主な17駅で、電車出発時にホームで鳴るブザー音などをオリジナルのメロディーに替える。駅ごとに異なるメロディーをすべてつなぐと一曲になるという趣向で全国でも珍しい。
 三条など3駅では12年前から「牛若丸」の曲を流していたが、他駅のブザー音は乗車をせき立てるような印象があるため、3駅も含めて一新。シンセサイザー演奏で、京都方面行きホームでは琴や鼓の音を織り交ぜた古都をイメージさせる音楽、大阪方面行きホームではワルツ調の軽快で都会的なメロディーに。
 作曲は、フュージョンバンド「カシオペア」のメンバーで、鉄道ファンでもある向谷(むかいや)実さん(50)(名古屋芸大教授)。京阪電鉄が登場するゲームソフトの制作も手がけた向谷さんは「かなりの思い入れを込めて作品を仕上げた」と話し、同電鉄は「好評ならCDの発売も検討したい」としている。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 02:00 | Comment(2) | TrackBack(1) |
ブックマークに追加する

【JR東日本】【埼京線】戸田市内3駅で、発車メロディーが「戸田市歌」に

JR東日本- 発車時に戸田市歌 埼京線3駅で /埼玉
(2007年6月15日:毎日新聞-地域版)

 JR東日本は埼京線の戸田公園、戸田、北戸田の戸田市内3駅で10月1日から、電車発車時に戸田市歌「ああ わが戸田市」のメロディーを流す。「市民の郷土を愛する心をはぐくみたい」という同市の強い要望に応えた。
 市は6月補正予算に編曲、電子音ロム作成、スピーカー取り付けなどの製作費35万円を盛り込んだ。
 発車時のメロディーはベルに代わるもので、ドアが閉まる直前に7秒間流れる。どちらに向かう電車かすぐ分かるように上り線だけ流し、下り線は従来通り。
 北戸田駅午前5時5分発の始発から戸田公園駅0時02分発の終電まで、146本の全電車で流す。
 県内では、さいたま市が政令市誕生を記念して市歌「希望(ゆめ)の街」を浦和、大宮、さいたま新都心3駅で流している。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 01:00 | Comment(4) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。