お出かけのご予約は、こちらから!

12年01月04日

【JR東日本】山手線に新駅設置へ、品川〜田町間

山手線、40年ぶりに新駅…品川―田町間
(2012/1/4 読売新聞)

 JR東日本が山手線の品川―田町駅間(東京都港区)で、約40年ぶりに新駅を建設することがわかった。2013年度に新駅を含む周辺の再開発工事の着工を目指す。
 山手線の新駅は1971年に完成した西日暮里駅(荒川区)以来で、30駅目。再開発エリアは11年末、外資系企業の誘致を図る国の「国際戦略総合特区」に指定され、新駅は同エリアの利便性を高める要となる。

 新駅が予定されているのは、両駅間の港区港南、芝浦付近で、品川駅の北側約1キロの地点。両駅間は2・2キロと山手線の駅間で最も長い。新駅には並走する京浜東北線も停車する計画だ。
 品川駅は東海道新幹線が停車し、羽田空港までは京浜急行線で約15分で結ばれている。27年にはリニア中央新幹線で名古屋まで40分で行ける東京の新たな玄関口となるが、新駅は品川駅から所要約2分で、最も近いJR駅となる。
 再開発が計画されているのは、品川―田町駅間にある車両基地「田町車両センター」(20ヘクタール)の跡地約15ヘクタール。大規模なオフィス街や商業施設の建設が予定されている。国際便が拡大している羽田空港にも近いことから、今回の再開発エリアは、11年12月に国の「国際戦略総合特区」に指定された。国は特区で働く外国人の入国審査などに関する規制を緩和、都は特区内の企業の法人事業税の減免などで、外資系企業の誘致を図っていく。
 JR東では、北関東から上野駅が終着駅となっている宇都宮、常磐、高崎の3路線を東京駅まで延伸し、東海道線と直通運転する東北縦貫線を13年度中に完成させる予定で、その後は東海道線などの車両を止める車両基地が大幅に縮小される。再開発はこの空きスペースを活用する。
posted by train news at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

11年08月09日

【JR西日本】琵琶湖線、草津市内へ新駅設置へ

草津市内に新駅を検討 JR西日本琵琶湖線
(2011/8/9 中日新聞)

 JR西日本は8日、草津市内に琵琶湖線の新駅を設置する方向で市と事前協議を始めたことを明らかにした。南草津(草津市)−瀬田(大津市)の両駅間に設ける意向。3日にJR西日本から意向を伝えられた草津市の橋川渉市長も「市民の利便性向上に寄与するなら良い提案。地元の理解を得ながら検討を進めたい」と意欲を示した。
 JR西日本は、人口増が続く草津市内で今後も鉄道利用者が増える可能性があるとして新駅設置を前向きに検討。設置場所や費用分担、開業の時期を今後、市と協議する。
 1日当たりの利用者は南草津駅は4万5514人で、瀬田駅が3万3940人。両駅間は2・7キロだが、草津市内の1キロ内で新駅を設ける方向。周辺は田んぼが広がっている地域が多いという。市は、12万4185人の現人口が、2020年には13万5400人と増えると予想している。今年3月には、南草津駅に新快速が停車するようになった。
 JR西日本は、鉄道利用の促進と地域の活性化を目指して、新駅設置を積極的に進めている。07年3月に神戸線の西宮−芦屋駅間にさくら夙川駅(西宮市)、08年10月に京都線の西大路−向日町駅に桂川駅(京都市)を開設。16年には神戸線の六甲道−灘の間の神戸市内に、18年にはJR京都線摂津富田−茨木駅間の大阪府茨木市内に新駅を予定している。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:03 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

10年12月28日

【東武鉄道】業平橋駅を「とうきょうスカイツリー」駅へ改称へ

え?なぜ、ひらがな??


東武鉄道:業平橋駅を「とうきょうスカイツリー駅」に改称
(2010年12月27日 毎日新聞)

 東武鉄道は27日、東京スカイツリーが開業する12年春に、最寄り駅の伊勢崎線・業平橋駅(東京都墨田区)をとうきょうスカイツリー駅に改称すると発表した。同社は「日本の新しいランドマークの玄関駅にふさわしく、分かりやすい駅名にしたい」と話している。
 業平橋駅は伊勢崎線終着駅の吾妻橋駅として1902年に開業。10年に浅草駅に変わり、31年に現在の浅草駅が新たにでき、業平橋駅に改称された。
 業平橋駅の名称が約80年にわたり親しまれていることから、改称後もホームの駅名表示板に「旧業平橋」などと併記する予定。
 同社はスカイツリーの事業主体。改称を前に同駅の改修工事も行う。年明けから12年春にかけ、改札口や階段の増設、エレベーターの移設拡大などを進める。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

10年10月07日

【JR西日本】東海道線六甲道〜灘駅間に新駅!

六甲道−灘駅間に新駅「まや」…JR西、16年春開業
(2010年10月7日 読売新聞)

 JR西日本が、神戸市灘区の東海道線六甲道―灘駅間に新駅「まや」(仮称)を設置する方針を固めた。2016年春の開業を予定している。周辺には阪神本線西灘駅と阪急神戸線王子公園駅が近接しており、各社の競争激化が予想される。
 JR西によると、予定地は灘駅の東0・9キロにある東灘信号場。周辺に住宅が密集しており、新たな乗客を獲得できると判断したJR西が設置を決めた。新駅はホームの上に駅舎のある橋上駅となる予定。周辺では、大規模マンションの建設計画も進んでいる。
 地元自治体が積極的に誘致し、設置費用の一部を負担する請願駅ではないため、建設費約40億円のほぼ全額をJR西が負担する見込み。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

posted by train news at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(1) |
ブックマークに追加する

10年06月26日

【JR東日本】山手線恵比寿駅でホームドアが稼動

ホームドア 恵比寿駅で使用始まる JR東の在来線では初
(2010年6月26日 毎日新聞)

 JR山手線恵比寿駅(東京都渋谷区)で26日、転落防止対策としてホームドアの使用を始めた。JR東日本管内の在来線の駅では初めて。8月には同線目黒駅でも稼働し、同社は17年度をめどに山手線全駅に設置するとしている。

 ホームドアは高さ1.3メートル、全長220メートル。2歳と7カ月の子ども2人を連れて電車から降りてきた東京都杉並区、主婦、佐藤真理さん(28)は「子どもがつないでいた手を急に離して走り出そうとすることもあるので、ホームドアがあれば安心。早く全駅に設置してほしい」と話した。

 同社によると、山手線ではホームからの転落や列車への接触事故が09年度は16件(自殺を除く)と、他の路線に比べて多いことなどから優先的に設置することにした。恵比寿、目黒両駅で運行への影響などを調査し、同線の残り27駅への設置を進めていくという。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:29 | Comment(2) | TrackBack(1) |
ブックマークに追加する

09年11月18日

【成田新高速鉄道】京成空港第2ビル駅に新ホームが完成!

房総経済- 京成、上り線ホームが完成 成田・空港第2ビル駅に−−きょうから /千葉
(2009年11月14日 毎日新聞)

 成田新高速鉄道(来年7月開業予定)の成田国際空港側の玄関口となる京成電鉄空港第2ビル駅に新ホームが完成し、14日から供用を始める。これまでは一つのホームしかなく上下線で交互に通行していたが、拡張工事で反対側に上り線(京成上野方面行き)専用ホームを新設。従来のホームは下り線(成田空港駅行き)用として使用する。

 成田新高速鉄道の建設を担当する第三セクター「成田高速鉄道アクセス」によると、新ホームは延長266メートル、幅3・6メートル。既に国土交通省の完成検査に合格し、13日夜の終電発車後に線路や信号を切り替え、14日始発から使用する。外国人旅客に配慮し、案内表示に中国語と韓国語も取り入れた。

 成田新高速鉄道の開業後は、新型スカイライナー3本▽在来型特急3本▽従来の京成本線特急3本の1時間当たり計9本の電車が停車。新型スカイライナーは最高時速160キロ。日暮里(東京都荒川区)―空港第2ビル間の約60キロを最短36分で結び、「遠い」と不評だった都心と成田空港間のアクセスが大幅に改善される。終点の成田空港駅でも新ホーム1面の建設が進んでおり、開業時に供用する予定。新ホームでは13日、京成電鉄や空港会社(NAA)の関係者も加わり、テープカットで完成を祝った。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(1) |
ブックマークに追加する

09年08月31日

【JR東日本】横須賀線武蔵小杉駅、2010年春開業へ

JR東日本/横須賀線武蔵小杉駅設置工事現場を公開/10年春に仮開業
(2009年8月31日 日刊建設工業新聞)

 JR東日本は28日、川崎市中原区で建設を進めている「JR横須賀線武蔵小杉駅設置工事」の現場を報道陣に公開した。再開発地域として整備が進む周辺地域の交通アクセス向上を目的に、川崎市との協定に基づき新駅の建設を進めているもので、敷設中の新下り線のほか、建設中のホームや南武線との交差部分に架設する新下り線用の橋桁が公開された。

 新駅が設置されるのは川崎市中原区新丸子東3の1111。JR横須賀線の西大井〜新川崎間に位置し周辺は再開発地域として高層マンションなどの整備が進んでいる。新駅は1日約7万人の乗降客数を見込む。

 07年3月に着工、工期途中の10年春に仮開業する予定で、その後連絡通路などの工事を進め、早ければ10年度中にすべての工事を完了させる。設計はJR東日本、施工は鹿島・大林組JVが担当している。総事業費は225億円。工事は、現在使用している下り方面の線路678メートルを撤去。その上に新駅ホーム(長さ310メートル)を設置し、新下り線路をホーム東側に敷設する。さらに新駅をJR南武線武蔵小杉駅と連絡通路でつなぎ、乗り換えの利便性向上を図る。新下り線路と本線とをつなぐために、JR南武線との交差部分の橋桁(長さ3・4メートル)の架け替えなどを含む大規模な線路切り替え工事を9月5〜6日と9月12〜13日の2回に分けて行う予定だ。
 JR東日本の井料青海東京工事事務所横浜ターミナル課長は「電車の運行が終わった夜間に工事を行うため、周辺住民の理解が不可欠だ。工事は現在のところ順調に進んでおり、今後も安全や騒音などに配慮し、無事に工事を終えられるように取り組みたい」と話した。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:13 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

09年08月21日

【北陸新幹線】白山車両基地駅構想で調査委員会発足

24日に調査委発足 北陸新幹線 白山車両基地駅構想で
(2009年8月20日 富山新聞)

 石川県と白山市などは24日、北陸新幹線白山総合車両基地に駅を設置する構想の実現に向け、「南加賀地域の公共交通ネットワークのあり方に関する調査委員会」を発足させる。同日、白山市で初会合を開き、駅の整備概要の検討に着手する。
 調査委には能美、小松、加賀3市、野々市、川北2町と国土交通省、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、JR西日本が加わる。山陽新幹線博多総合車両所の博多南駅を参考に新駅設置計画を練る。
 白山総合車両基地は、JR松任駅付近から小松方向に伸びる引き込み線と新幹線車両の停泊所などで構成される。新駅の位置は引き込み線沿線か停泊所付近となる見通しで、南加賀全域からの利用に配慮した駐車場整備も課題となる。
 駅設置構想は6月20日の北陸新幹線建設促進県民会議総会で提起された。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

09年08月20日

【JR東日本】武蔵野線吉川〜新三郷間に新駅建設へ

JR東、武蔵野線に新駅開設
(2009年8月20日 日刊工業新聞)

 JR東日本は、武蔵野線吉川駅と新三郷駅間に新駅(埼玉県吉川市)を開設する。全体事業費は78億円で吉川市が約51億円を負担する。2009年度内に着工、工事完成までに約2年半かかる予定。駅名および開業予定日については決まり次第、公表する。新駅は吉川駅より東方へ約1・7キロメートルで、三郷駅とのほぼ中間地点にできる。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する

09年07月29日

【東北新幹線】新駅名「七戸十和田」に決定!

新駅名は「七戸十和田」 東北新幹線八戸―新青森間
(2009年07月29日 河北新報)

 JR東日本は29日、2010年12月開業予定の東北新幹線八戸―新青森間で、青森県七戸町に建設中の新駅名を「七戸十和田」に決定したと発表した。同町などは1月、「七戸」と「七戸十和田」の両論併記で新駅名をJR側に要望していた。
 青森市のJR青森支店で記者会見した福田泰司盛岡支社長は「『七戸』は地元で長年親しまれている名前であり、新駅は十和田湖を中心とした観光地の玄関口に当たる。地元の意向も参考にしながら、総合的に判断した」と説明した。
 福田支社長は、新駅と十和田湖を結ぶ2次交通などについて「地元自治体などと連携しながら、バスやレンタカーなどの交通機関、観光ルートの整備を検討する」と話した。
 同日、三村申吾青森県知事は「駅名決定で開業機運がさらに盛り上がる」、小又勉七戸町長は「今後は開業に向けたイベントなどに全力を注ぐ」と、それぞれコメントを出した。
 新駅は八戸―新青森間のほぼ中間に位置する。駅名をめぐっては七戸町を含む8市町村でつくる県上十三地域広域市町村圏協議会が「七戸十和田」で合意したが、七戸町議会は「七戸」を希望する決議案を可決、同町と同町議会が両論併記で要望していた。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(1) |
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。