お出かけのご予約は、こちらから!

08年06月30日

【北条鉄道】全国初、100%バイオディーゼル燃料で走る車両の走行試験を実施!

北条鉄道、日本初の100%BDFによる車両走行試験を実施
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080629/biz0806292001009-n1.htm
(2008/6/29 MSN産経ニュース)

 兵庫県の加西、小野両市を結ぶ第三セクター鉄道「北条鉄道」で、廃食用油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)だけを使った車両の走行試験が29日、行われた。BDF100%で鉄道車両を走らせたのは全国初という。
 試験は、28日夜の運行終了後からこの日朝の始発までの間に、実際の軌道上で実施。北条町駅(加西市)から粟生駅(小野市)まで片道約14キロの行程を、通常の軽油とBDFのそれぞれの燃料を使って同じ車両を各1往復させ、加速性能や排ガス成分などを調べた。
 この結果、いずれの値もBDFは軽油と大差なく、排ガスはよりクリーンだった。同鉄道社長を務める中川暢三・加西市長は「環境にやさしいまちづくりを進めるために、年内をめどに、1両分の燃料をBDFに切り替えたい」と話した。
 同社は「今後、営業運転に100%のBDFを導入するには、継続的な使用に対する安全性の実証や、廃食用油の安定的な確保、軽油との価格差などクリアすべきハードルは少なくない」と話している。
 市や、BDF精製を手がける事業者は今後、家庭や事業所などからの廃食用油の回収量を増やし、燃料を確保していく考え。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年06月16日

【一畑電車】「酔電」デニハ50形、来春引退へ

「酔電」ことしで最後 一畑電車の「デハニ50形」
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061601000145.html
(2008/06/16 共同通信)

 レトロ電車で飲み放題−。島根県出雲市の一畑電車は、日本最古の現役車両「デハニ50形」を使った「ビール電車・酔電」を20日から8月末の毎週金曜日に運行する。
 1929年から走り続けてきた「デハニ50形」は、保安規格が合わず、来春の引退が決まっている。宍道湖を眺めながらジョッキを傾ける夏恒例のお座敷電車の旅はことしで最後になるといい、一畑電車は「廃車を惜しむ声もあり残念だが、この機会にぜひ乗ってほしい。ただし飲み過ぎにはご注意を」と話している。
 木造で畳が敷かれた1両の電車は、午後7時前に松江しんじ湖温泉を出発。雲州平田までの23キロを往復する約2時間。宍道湖から吹く風とともに、飲み放題でビールや酎ハイを味わおうという趣向だ。初日の20日は、乗客にビールの注ぎ方を教える「ビールの学校」も開催する。

deniha50.jpg
来春に引退予定の「ビール電車・酔電」に使われる「デハニ50形」車両(記事より)


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年06月09日

【神戸電鉄】14年ぶりの新型車両6000系が運転開始!

神鉄「6000系」デビュー 14年ぶり新型車両 快適性向上=兵庫
(2008年6月5日 読売新聞地域版)

 神戸電鉄が14年ぶりに導入した新型車両「6000系」が4日、デビューした。銀色のまばゆい車体の1番列車が鈴蘭台駅に到着し、出発式が行われた。
 ステンレス製の車体に赤、黒、金色のラインが入ったデザイン。車内は木目調で統一、現行より床の高さを4センチ下げてホームとの段差を縮めたり、座席(8人掛け)の幅を1人当たり8センチ広げたりして快適性を高めた。1両約2億円。公園都市線を除く全線を走る。
 式では、原田兼治社長らがテープカット。午前11時33分、鉄道ファンら約50人が一斉にシャッターを切る中、4両の普通電車が新開地に向けて発車した。同市東灘区の会社員難波洋一さん(27)は「今までにない斬新な車両で、乗車が楽しくなる」と興奮していた。

神戸電鉄「新型車両6000系 6月4日から営業運転開始!」
http://www.shintetsu.co.jp/release/2008/080530.pdf


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年06月08日

【つくばエクスプレス】深夜陸送されるTX新車両!

つくばエクスプレス、夜の市街地にこつぜんと
(2008年06月07日 asahi.com)

 夜の道路になぜ電車?――。つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(本社・東京都台東区)は、秋に導入する予定の新車両を、茨城県のJR土浦駅からつくばみらい市のTX総合基地まで、トレーラーに積んで一般道を使って運んでいる。導入後は現状で1時間最大17本の運行が20本まで可能になる予定で、朝夕のラッシュ時の混雑もちょっぴり緩和される見通しだ。
 新車両は日立製作所笠戸工場(山口県下松市)でつくられ、土浦駅までJR線を使って鉄道輸送されて来た。そこからTXの線路に載せ替えるまでは、1両ずつトレーラーで運ばれる。
 新車両はいずれも、現在、つくば〜秋葉原で運行しているのと同じ交直流車のTX2000系。守谷以南のみ運行が可能な直流車の同1000系とは違って、全区間に対応できる。新たに側面中央部分と先頭車両の前面にV字の赤い線が入った。
 また、ドアにかばんなどが巻き込まれにくくなるようゴムの材質を硬くし、内装も座席シートが柔らかくなったり、つり革が増えたりなど改良された。すでに2000系で実施している車内での無線LANにも対応している。
 秋のダイヤ改定までに4編成24両を導入する予定。導入後、同社の保有車両は両系合わせて34編成となり、ラッシュ時の本数の増加や現在30分間隔で運行している快速の間隔短縮などが検討されている。
 また、2000系を増やすことで、現在は守谷駅始発が多い朝の通勤時間帯に、つくば駅発の本数を増やすことができ、大型マンションの建設で乗客増が見込める研究学園駅や万博記念公園駅の乗客の輸送にも対応できる。
 6、7月に12両ずつ運ばれる。6月の陸送は4日から7日までで、毎日未明に土浦駅を出発し国道354、294号などを通り、約2時間かけて約32キロ先の車両基地に到着する。輸送途中の道路では、鉄道愛好家やすれ違う人たちから、注目されている。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年06月04日

【京浜急行】歌う電車、今後10年以内に交代へ

「歌う電車」消えゆく運命 京急の136両、交代へ
(2008年06月04日 asahi.com)

 「歌う電車」。動き出す時の音が音階のように聞こえるため、そう呼ばれて親しまれている車両が京急電鉄にある。モーターのノイズを、「消せないなら、いっそ音階に」という遊び心から生まれたが、新車両の導入に伴い、今後5〜10年で姿を消すことになりそうだ。当初は「耳障りだ」という声もあったというが、新旧交代で耳にする機会が少なくなるにつれ、名残惜しい「調べ」に感じるかもしれない。
 歌う電車は、98年2月から登場した「2100形」と、02年2月から順次導入された「新1000形」の1、2次車の計136両。
 「美声を発するノド」の役割を担っているのがシーメンス(ドイツ)製のモーターだ。電子楽器のような音色を奏で、誰が名付けたのか、「ドレミファインバーター」と呼ばれる。
 発車する際、速度を上げ、モーターへ流れる電流の周波数を段階的に引き上げると、音もつられて上がっていく。これが「歌う」メカニズムだ。「耳障りな音を音階にしてしまえという、シーメンスの遊び心からの発想」(京急広報宣伝担当)らしい。
 「耳障りだ」という苦情もあったが、「何の音なのか」「どこから聞こえてくるのか」などという問い合わせも多く寄せられたという。
 だれかが音階を調べ、「ファ・ソ・ラ・♭シ・ド・レ・♭ミ・ファ・ソ〜」に近いことも判明。京急の依頼で、この音階を取り込んだ曲をロックバンド「くるり」がつくった。この曲が05年7月から1年ほど同社のテレビCMで流されたことで歌う電車はさらに知られるようになった。
 しかし、2100形の製造はすでに終了。新1000形も3〜5次車では、同じシーメンス製でも「歌わない」モーターが採用され、さらに「外国製は修理や部品調達に時間がかかる」として最新の6次車では国産のモーターが使われている。
 このため、歌う電車は現在の136両をピークに徐々に姿を消す運命だ。ドレミファインバーターに使われている半導体の耐用年数は10〜15年。だが、そのころには交換部品が手に入らない可能性があるため、京急のすべての電車は5〜10年で「歌わなくなる」見込みだという。
 京急は「車両が愛されるのはうれしい。でも、電子機器は早めの対処が必要。安全面や乗り心地などを優先していきたい」(広報宣伝担当)としている。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年05月27日

【岡山電気軌道】ジーンズ柄の路面電車!

路面電車をラッピング
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20080526-OYT8T00689.htm
(2008年5月27日 読売新聞)

 全国有数のジーンズ産地を改めてPRしようと、倉敷市児島のメーカーが、広告を載せた「ラッピング路面電車」として、岡山電気軌道(岡山市)の車両を藍(あい)色のジーンズ柄で覆った。同車両は26日、運行スタート。来年6月25日まで岡山駅前〜東山電停を1日8往復する。
 倉敷市児島地区に1996年、藍染めの工房として創業したデニム生地製造販売会社「藍布屋(らんぷや)」が、自社の新ブランド「桃太郎ジーンズ」を宣伝しようと企画した。ポケットやベルト穴もある大きなジーンズの写真をフィルムシートに印刷し、「手は、嘘をつかない。」「今どき、骨のある奴。」と、ブランドのキャッチフレーズを白字で添え、車両全体を包んだ。
 岡山駅前電停で出発式があり、同社の真鍋寿男社長(53)は「トレンドに左右されず、いつまでも人々に愛される、こだわりあるジーンズを作っていきたい」とあいさつ。岡山電気軌道の礒野省吾専務(51)らとテープカットをし、珍しそうに車体を眺めた客たちを乗せた車両を見送った。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年05月20日

【京浜急行】実物1000形車両を発売!

京急が実物車両を発売…輸送費を負担できることが条件
(2008年5月20日 サンケイスポーツ)

 京浜急行電鉄は19日、神奈川県横須賀市の車両工場で25日に開く鉄道部品販売会で、創立110周年を記念して1000形車両の実物2両を出品すると発表した。2両は昭和51年8月製造。今年3月まで運行していた。
 京浜急行によると、車両は長さ約18メートル、幅約2.8メートル、高さ約3.5メートルで重さ約35トン。トレーラーによる輸送費を負担できることが購入の条件。保管場所を確認し値段は相談して決める。輸送費は関東でも500万円前後かかるという。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年05月15日

【JR東日本】米坂線、羽越線に新型気動車を導入!

JR東日本:米坂・羽越線に新型気動車を導入 今年度後半、UDを採用 /山形
(2008年5月15日 毎日新聞地方版)

 JR米坂線と羽越線に今年度後半、紅葉カラーの新型気動車(キハE120形)が走る。外観を飯豊連峰のブナ林の紅葉をイメージしてカラーリングした8両でJR東日本が導入する。
 定員114人でうち座席は39人。自動ドア付き車椅子対応の大型トイレなど車内は人に優しく使いやすいユニバーサルデザイン(UD)を採用。注意喚起のためドアと出入り口の床を黄色にし、床とステップの段差を縮小した。
 ディーゼルエンジンも排気中の窒素酸化物(NOx)黒鉛など粒子状物質を減らし環境に配慮した新型にした。最高速度も時速100キロ出る。窓には紫外線カット・熱線吸収ガラスを使い、車内案内表示器もある。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 21:29 | Comment(1) | TrackBack(1) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年05月08日

【東京都交通局】都電7500形、3年後に全廃へ。

都電7500形、3年後姿消す 昭和37年登場、車体老朽化と新型導入で
(2008年5月8日 産経新聞)

 昭和37年に登場、東京都民の足として親しまれてきた都電の「7500形」電車が3年後に全廃されることが7日、分かった。製造から45年がたち、車体が腐食するなど老朽化が進んだためで、新型電車の導入にあわせて順次、廃車となる。引退後は保存・展示される場合もあるが、引き合いがなければスクラップになる運命という。
       ◇
 7500形は20両が製造され、47年に路線が早稲田−三ノ輪橋間だけとなる以前は渋谷周辺など都内各地を走っていた。近年は冷房装置を後付けした13両を運用していたが、老朽化が目立つようになり、今年に入って2両が廃車となった。
 都は代替の新型電車10両を平成22年度までに導入することを決定。これと入れ替えで、残る11両の7500形を同時期までに廃車することにした。都電は昭和30年にデビューした「7000形」も22両あるが、こちらは状態が良好で、廃車対象にはならず当分の間、運用を続ける。
 都電は線路の幅が特殊なため、廃車となった電車が他都市の路線に移籍する可能性はゼロに近い。公園などでの保存について、都は「展示したいという申し出があれば譲渡を検討する」としている。
 今年に入って廃車されたうちの1両は、都電停留所跡にある池之端児童遊園(台東区)で展示されることになり、今月9日に現地でお披露目の式典が開かれる。一方、もう1両は解体処理を待つばかりという。
 去りゆく7500形について、都交通局内には「貴重な歴史的資料として保存すべきだ」との声もあるが、最後の1両が実際に動かせる状態で保存されるかどうかは決まっていない。都交通局は「廃車予定を積極的に公表するつもりはないが、乗車や撮影は今のうちがお勧め」と、ささやかにPRしている。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する

08年04月21日

【JR西日本】0系車両をデビュー当時の白地に青に塗り替え!

往時の姿でラストラン 今秋引退の初代新幹線、白地に青の帯 JR西日本
(2008年4月18日 信濃毎日新聞)

 JR西日本は17日、今秋引退の初代新幹線「0系」の塗装を、デビュー当時の白地に青色の帯に塗り替えた車両を博多総合車両所(福岡県那珂川町)で報道陣に公開した=写真。18日から11月末まで山陽新幹線の「こだま」で運行する計画で、夢の超特急と呼ばれた往時の姿でラストランを飾ることになる。
 0系は丸みのある先頭車両が特徴で、1964年10月、東海道新幹線の開業と同時に運転を開始した。最高時速210キロは当時世界一で、東京―新大阪間を4時間、その後は3時間10分で結び欧米の鉄道にも影響を与えた。
 これまで3216両が製造されたが、車体の老朽化などから東海道新幹線では既に引退。山陽新幹線では車体をグレー地に緑の帯に塗り替えられ、デビュー時の姿は見られなくなっていた。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。