お出かけのご予約は、こちらから!

07年06月13日

【JR東日本】小海線、世界初の営業用ハイブリッド車、愛称募集

JR東日本 今夏お目見えハイブリッド車両 愛称を募集 営業用では世界初 騒音カットし燃費向上
(2007年6月10日:中日新聞)

 【長野県】JR東日本は十一日から、小海線(小諸市−山梨県北杜市)で今夏デビューする世界初の営業用ハイブリッド車両「キハE200」の愛称を募集する。
 同車両は、ディーゼルエンジンで発電機を動かし、生まれた電力で走行する仕組み。ブレーキ時には車輪に取り付けたモーターで発電し、屋根上のリチウム蓄電池にためる。
 起動は蓄電池の電力で行うため、騒音は従来型よりも大幅に減り、有害排出物質も六割カットされるという。燃費も一割程度向上することが期待されている。
 応募は官製はがきに、ハイブリッド車両の愛称と名付けた理由、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記し、〒380 0927 長野市栗田源田窪九九二の六、JRビル四階、 ジェイアール東日本企画長野支店「ハイブリッド愛称名募集」係へ。
 採用者には三万円分の旅行券などが贈られる。同名案が複数の場合は抽選。締め切りは二十五日で当日消印有効。
posted by train news at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。