お出かけのご予約は、こちらから!

00年01月01日

【makiのJR全線乗りつぶし日記】

 JR東日本「大人の休日倶楽部」の会員特典を駆使して、暇を見つけては鉄道を乗り歩くmaki。全線制覇を目指した日々の乗りつぶし日記をご紹介していきます!

<現在の記事(新着順)> 【】内は、制覇日。
2011/8/18 更新:草津線制覇の旅!【H23.7.31.】
2011/8/16 更新:飯田線制覇の旅!【H23.6.25.】
2011/8/16 更新:紀伊半島1周 阪和線・紀勢本線制覇の旅!【H23.2.12.〜2.13.】
2011/01/10 更新:弥彦線制覇の旅!【H22.11.16.】
2010/01/03 更新:JR四国全線制覇の旅!【H21.10.2-4.】
2009/10/03 更新:SLやまぐち号撮り鉄!【H21.9.5.】
2009/10/03 更新:小野田線制覇の旅!【H21.9.5.】
2009/10/03 更新:宇部線制覇の旅!【H21.9.5.】
2009/10/03 更新:岩徳線制覇の旅!【H21.9.5.】
2009/08/02 更新:岩泉線制覇の旅!【H21.6.28.】
2009/08/01 更新:城端線制覇の旅!【H21.6.27.】
2009/05/16 更新:番外編:カシオペア乗車記!【H21.3.11-12】
2009/05/16 更新:番外編:トワイライトエクスプレス乗車記!【H21.3.9-10】
2009/02/11 更新:大阪5路線制覇の旅!【H21.1.11.】
2008/11/28 更新:番外編:釧路湿原ノロッコ号乗車の旅!【H20.9.28.】
2008/10/27 更新:番外編:上越線 上りループ体験!【H20.9.6.】
2008/09/29 更新:番外編:大湊線再乗車!【H20.9.1.】
2008/09/29 更新:大湊線【H18.3.4.】
2008/09/29 更新:中央東線【H20.8.23.】
2008/08/31 更新:番外編:利尻・礼文航路編【H20.6.6.】
2008/08/05 更新:番外編:叡山電鉄鞍馬線編【H20.5.10.】
2008/06/01 更新:番外編:日暮里・舎人ライナー編【H20.5.3.】
2008/04/26 更新:成田線【H20.3.22.】
2008/04/26 更新:総武本線【H20.3.22.】
2008/04/26 更新:男鹿線【H20.3.9.】
2008/03/09 更新:番外編:豪華ハイグレード列車「なごみ(和)」乗車の旅【H20.2.25.】
2008/03/02 更新:湖西線&琵琶湖1周の旅【H20.2.17.】
2008/03/02 更新:番外編:SL北びわこ号乗車の旅!【H20.2.17.】
2007/12/23 更新:氷見線【H19.12.2.】
2007/12/23 更新:番外編:上田電鉄別所線の番外編!「あんず加工品&湯桶セット」当たりました!!
2007/11/07 更新:番外編:上田電鉄別所線【H19.10.7.】
2007/10/19 更新:陸羽東線【H19.9.9.】
2007/09/24 更新:山田線・釜石線【H18.3.5.】
2007/09/14 更新:番外編:「SL陸羽東線全線開通90周年号」!【H19.9.9.】
2007/09/14 更新:八戸線 【H19.9.8.】
2007/09/14 更新:番外編:「風っこシーガル」乗車の旅!【H19.9.8.】
2007/09/12 更新:番外編:「風っこイーハトーブ」乗車の旅!【H19.9.2.】
2007/09/12 更新:番外編:「さんりくトレイン北山崎号」乗車の旅! 【H19.9.1.】
2007/08/09 更新:留萌線・富良野線【H18.8.5-6.】
2007/07/28 更新:奥羽本線【H19.6.24.】
2007/07/10 更新:越後線 【H19.6.23.】
2007/07/04 更新:大糸線 【H19.6.23.】
2007/07/04 更新:篠ノ井線【H19.6.23.】

<今後の制覇予定!!>
鋭意企画中です!!

<これまでに制覇した路線>
○JR北海道
 海峡線、千歳線、留萌本線、富良野線
詳細は、こちら「制覇路線:JR北海道編」

○JR東日本
 山手線、鶴見線、武蔵野線、横浜線、南武線、京浜東北線、根岸線、横須賀線、相模線、御殿場線、伊東線、身延線、総武本線、外房線、内房線、京葉線、成田線、鹿島線、久留里線、東金線、飯山線、越後線、東北本線、常磐線、水郡線、埼京線・川越線、高崎線、吾妻線、両毛線、日光線、烏山線、仙山線、仙石線、石巻線、気仙沼線、北上線、田沢湖線、釜石線、山田線、岩泉線、花輪線、八戸線、大湊線、磐越東線、磐越西線、只見線、奥羽本線、米坂線、左沢線、男鹿線、五能線、津軽線、羽越本線、白新線、陸羽西線、陸羽東線、青梅線、五日市線、八高線、小海線、篠ノ井線
詳細は、こちら「制覇路線:JR東日本編」

○JR西日本
 大糸線、氷見線、城端線、奈良線、湖西線、桜島線
詳細は、こちら「制覇路線:JR西日本編」
posted by train news at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

制覇路線:JR北海道編

JR北海道管内の制覇路線一覧!
路線 区間 キロ数 制覇日 備考
海峡線 中小国 木古内 87.8 2002/7/19 カシオペア、
北斗星
千歳線 苗穂 沼ノ端 60.2 2002/7/19 カシオペア、
北斗星
  南千歳 新千歳空港 2.6 2005/12/18  
留萌本線 深川 増毛 66.8 2006/8/5  
富良野線 富良野 旭川 54.8 2005/12/18  
posted by train news at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

制覇路線:JR東日本編!

JR東日本管内の制覇路線一覧!
路線区間キロ数制覇日備考
山手線 品川 田端 20.6 不明
鶴見線 鶴見 扇町 7 2005/6/25
  浅野 海芝浦 1.7 2005/6/25
  武蔵白石 大川 1 2005/6/25
武蔵野線 府中本町 西船橋 71.8 2005/7/25
横浜線 東神奈川 八王子 42.6 2005/11/20
南武線 川崎 立川 35.5 2005/7/9
  尻手 浜川崎 4.1 2005/6/25
京浜東北線 大宮 横浜 59.1 2005/7/9
根岸線 横浜 大船 22.1 2005/6/25
横須賀線 大船 久里浜 23.9 2005/6/25
相模線 茅ヶ崎 橋本 33.9 2005/11/20
御殿場線 国府津 沼津 60.2 2006/4/8
伊東線 熱海 伊東 16.9 2008/2/25 なごみ
身延線 富士 甲府 88.4 2006/4/1
総武本線 東京 銚子 120.5 2008/3/22
  錦糸町 御茶ノ水 4.3 不明
外房線 千葉 安房鴨川 93.3 2007/1/28
内房線 蘇我 安房鴨川 119.4 2007/1/28
京葉線 東京 蘇我 43 2005/7/9
  市川塩浜 西船橋 5.9 2005/7/9
  西船橋 南船橋 5.4 2005/7/9
成田線 佐倉 松岸 75.4 2008/3/22
  成田 我孫子 32.8 2007/4/21
  成田 成田空港 10.8 2001/8/? 成田エクスプレス
鹿島線 香取 鹿島サッカー
スタジアム
17.4 1996/7/?
久留里線 木更津 上総亀山 32.2 2007/1/28
東金線 大網 成東 13.8 2005/7/9
飯山線 豊野 越後川口 96.7 2006/7/9
越後線 柏崎 新潟 83.8 2007/6/23
東北本線 東京 青森 739.2 2002/7/19 カシオペア、
北斗星
  日暮里 赤羽 7.6 不明
  岩切 利府 4.2 2006/2/4
常磐線 日暮里 岩沼 343.1 1974/?
水郡線 水戸 安積永盛 137.5 2004/7/20
  上菅谷 常陸太田 9.5 2006/2/5
埼京線・
川越線
池袋 大宮 23.5 不明
  大宮 高麗川 30.6 2004/8/21
高崎線 大宮 高崎 74.7 2006/9/9
吾妻線 渋川 大前 55.6 2006/9/9
両毛線 小山 新前橋 84.8 2005/8/20
日光線 宇都宮 日光 40.5 2005/7/23
烏山線 宝積寺 烏山 20.4 2005/7/23
仙山線 仙台 羽前千歳 58 2007/3/3
仙石線 仙台 石巻 50.3 2006/2/4
石巻線 小牛田 女川 44.9 2006/2/4
気仙沼線 前谷地 気仙沼 72.8 2006/7/2
北上線 北上 横手 61.1 2005/11/26
田沢湖線 盛岡 大曲 75.6 1997/8/?
釜石線 花巻 釜石 90.2 2006/8/5
山田線 盛岡 釜石 157.5 2006/8/5
花輪線 好摩 大館 106.9 2005/11/24
八戸線 八戸 久慈 64.9 2007/9/8 風っこシーガル
大湊線 野辺地 大湊 58.4 2006/3/4 きらきらみちのく
磐越東線 いわき 郡山 85.6 2004/7/20  
磐越西線 郡山 新津 176.3 2006/1/22
只見線 会津若松 小出 135.2 2006/12/10
奥羽本線 福島 青森 484.5 2007/6/24
米坂線 米沢 坂町 90.7 2006/12/9
左沢線 山形 左沢 26.2 2007/5/20
男鹿線 追分 男鹿 26.6 2008/3/9
五能線 東能代 川部 147.2 1997/8/?
津軽線 青森 三厩 55.8 2006/7/8
羽越本線 新津 秋田 271.7 2004/2/27 あけぼの、
きらきらうえつ
白新線 新発田 新潟 27.3 2006/12/10
陸羽西線 新庄 余目 43 2007/5/19
陸羽東線 小牛田 新庄 94.1 2007/9/9
青梅線 立川 奥多摩 37.2 2004/8/21 レンゲショウマ
五日市線 拝島 武蔵五日市 11.1 2004/8/21
八高線 八王子 倉賀野 92 2006/9/9
小海線 小淵沢 小諸 78.9 2007/1/27
篠ノ井線 塩尻 篠ノ井 66.7 2007/6/23 
posted by train news at 20:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

制覇路線:JR西日本編!

JR西日本管内の制覇路線一覧!
路線区間キロ数制覇日備考
大糸線 松本 糸魚川 105.4 2007/6/23  
氷見線 高岡 氷見 16.5 2007/12/2  
奈良線 木津 京都 34.7 2000/02/?  
湖西線 山科 近江塩津 74.1 2008/2/16  
桜島線 西九条 桜島 4.0 2006/3/18  
posted by train news at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

23年07月31日

平成23年7月31日:草津線制覇の旅!

平成23年7月31日:草津線制覇の旅!

京都ー木津ー加茂ー関ー亀山ー柘植ー草津ー京都
と、関西本線の一部と草津線鉄子の旅だ。
 
京都8:49発、奈良線みやこ路快速の車掌さんは、女性と思われる声の持ち主だった。
P1310894.jpg

木津で関西本線やまと路快速に乗り換え、ひと駅の加茂へ向かう。
P1310909.jpg

亀山行きに連絡しますのアナウンスがあった。
加茂ー亀山間は、1時間に1本程度の本数で、この区間のみの運転である。
紫色の車両は、はじめてみたが、新鮮であった。
P1310910.jpgP1310911.jpg

2両編成のワンマン運転であるが、乗車した列車は大混雑。
伊賀上野以外はカードが使えないとのアナウンスで、下車駅の証明をもらう必要がある。
木津川にそって、山間へはいると笠置。
ここで、ほとんどの乗客は下車。
ハイキングに向かうようだ。
運転手のほかに1名乗車していたが、列車内の通路には下車客の行列ができ、下車証明発行に時間がかかる。

木津川の渓流が見える。
大河原では行き違いがあり、梅で有名な月ヶ瀬口を過ぎる。
P1310916.jpg

鶴の絵が描かれた、島が原を過ぎると、伊賀上野だ。
P1310919.jpg

伊賀上野では10数分停車、スタンプを押す。

近鉄伊賀線の車両は残念ながら茶色一色であった。
佐那具、新堂と田んぼの中を抜け柘植につく。
柘植では6分停車で、行き違い、草津線もきた。

SL時代の撮影の名所加太越えを抜けると加太。
左へ中在家信号場へと思われる線路があった。
加太川を下り関へ到着し、関宿散策へ向かった。
P1310935.jpgP1310951.jpg
P1310953.jpgP1310964.jpg
P1310984.jpgP1320008.jpg

12:30関発で東名阪道をくぐり、亀山まで行き折り返し柘植へ戻る。
P1320014.jpgP1320016.jpg

13:31柘植発の草津線に乗車。
P1320017.jpgP1320019.jpg

柘植は伊賀山中の駅で、これから甲賀へ抜けるたびのスタートだ♪
4両編成の電車は関西本線よりスピードがある。
加茂ー亀山間は10駅で1時間半。
柘植ー草津間は10駅で45分である。

油日、甲賀に向かうにつれ、雲行きが怪しくなる。
P1320022.jpg

甲賀には大正薬品があった。
寺庄、忍者の里の看板のある甲南を過ぎると、近江鉄道、信楽高原鉄道の貴生川だ。
P1320026.jpgP1320027.jpg

抹茶色の草津線の車両と行き違い。
三雲へ下り、TOTOがみえる。
甲西は、市街地で、立ち客も出始める。
日清食品、丸大ハムが見えた手原を過ぎると、草津だ。
P1320038.jpg


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

23年06月25日

平成23年6月25日:飯田線全線乗り通しの旅!

平成23年6月25日(日)
飯田線全線乗り通しの旅♪

乗車券は東京都内から東京都内という珍しい切符だ。
P1310426.JPG

新宿7時発のスーパーあずさ1号で上諏訪へ。
P1310424.JPG

上諏訪は単線なので、Sあずさとあずさの行き違いがあった。
上諏訪からは飯田線全線制覇の7時間弱の旅が始まる。
P1310428.JPGP1310430.JPG
P1310431.JPG

9時19分上諏訪を3両編成の列車は出発した♪
下諏訪では長野色の中央本線と行き違い。
辰野まではJR東日本の管轄で2名の車掌が乗車。
P1310434.JPGP1310435.JPG

辰野でJR東海の車掌1名と交代。
伊那松島まで自動ではドアは開かないとのアナウンス。
次の駅の宮木からは駅名ラインがオレンジになる。
天竜川沿いに伊那新町、羽場、沢、伊那松島と走る。
それぞれの駅で切符回収に車掌さんは走る。
P1310450.JPG

若い車掌さんでないと大変だな〜と感心する。
伊那松島には、セイユーやマツキヨがあり、立ち客がでた。
P1310442.JPG

また、荷物室が設置され、担当者が2名乗車してきた。
P1310487.JPG

北殿で2両編成と行き違い。
伊那北、伊那市は町で、乗降客は多かった。
下島、沢渡と、徹平ちゃん似の車掌さんはきぷ回収に大忙しだ。
大田切では、ホームが離れているので、真ん中のドアをご利用くださいのアナウンス。
両側は山で伊那谷という感じ! ホームはカーブしていた
右手奥には駒ケ岳に続く木曽山脈。
駒ヶ根では5分停車で行き違い。
P1310455.JPGP1310456.JPG
P1310457.JPG

トイレは洋式で、かなり広い。
小町屋、伊那福岡、田切とゆっくり川ぞいを登る。
谷を渡る前後では、築堤の上を大きくカーブして走る。
P1310471.JPG

飯島では車掌が切符回収のアナウンスがあり、駅員は荷物を取りに来る。
山がとてもきれいだ。
正面に南駒ケ岳語見える伊那本郷、七久保では、左に南アルプス、右に中央アルプスが見える。
切符のない方は申し出てくださいと車両ごとに挨拶をする車掌さんだった。
伊那田島へは山間部を上る。
とまと村が見え農村部のようだ。

新宿で購入しておいた、牛肉弁当で昼食タイム。
P1310475.JPGP1310477.JPG

伊那大島は2分停車で、荷物を下ろす乗務員と、別の乗務員が駅員と封筒交換をしていた。
P1310480.JPG

下り始め、山吹、下平、市田、下市田は駅間も短い。
元善光寺駅を過ぎると、赤い屋根の元善光寺が見えた。
伊那上郷では、ホームが離れているので、前後のドアをご利用くださいのアナウンス。

飯田では15分停車で車掌交代。
P1310485.JPG

難読駅名の鼎(かなえ)は町であった。
伊那八幡で、特急伊那路と行き違い。
P1310493.JPG

新しく見えた川路は水害により移設された駅で、天竜川総合学習館かわらんべがみえた。
天竜川の防災拠点で、かわたんべとは河童のような子供という意味だそうだ。
天竜峡では荷物室が撤去され、車掌交代。
千代、金野、唐笠、門島、田本、温田、為栗、平岡、鶯巣、伊那小沢、中井侍、長野県境の小和田と断崖絶壁の渓谷を走る。
伊那小沢では、青色の車両と行き違い。
P1310509.JPGP1310510.JPG 
P1310514.JPGP1310517.JPG
P1310520.JPG

この青い列車はなかなか出会えない「幸せの青い鳥号」とも呼ばれている、珍しい車両だそうだ。
ラッキーであった\(^o^)/
25年ほど前の国鉄時代に「青は天竜川と空、白いラインはアルプスの雪と空を流れる白い雲をイメージ」して導入。
JRに移行で徐々に今の白系の電車(同じ119系)に取って変わったとのことだ。
大嵐、水窪まで天竜川の崖にへばりついて走る。
水窪は山を抜けた町であった。
向市場から城西にかけては対岸には渡らないS字の鉄橋 落石を避けるために水窪川の上に線路を敷いたそうだ。
P1310529.JPG

相月には花が植えられホットなごんだ。
P1310531.JPG

佐久間レールパークがあった中部天竜に到着。
P1310540.JPGP1310541.JPG

乗務員交代があった。
渓谷とトンネルの連続で、湯谷温泉まで続く。
長篠城では、長篠城本丸あとがみえた。
しばらく田園風景が続き、豊川に到着。
P1310547.JPG

豊川から、名鉄本線と共用で複線になり、終点豊橋15時54分に到着した
P1310551.JPGP1310552.JPG
豊橋からは300系ひかりで、新横浜品川であった。
P1310559.JPG

同じ車両に7時間弱も乗車したことは始めてであったが、素敵な山並み、渓谷と景色が変わり、車掌さんも変わり、
楽しんで乗車できた。
湯谷温泉付近の20分ほどはねてしまったm(__)m
しかし豊橋ー天竜峡は前回佐久間レールパークへ以前に往復しているので、
許してね(^_-)


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ


posted by train news at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

23年02月11日

平成23年2月11日−13日:紀伊半島1周

京都から白浜を回り、紀伊半島を1周する旅に出た。
東京ー京都ー白浜ー紀伊勝浦ー名古屋とぐるっと回る切符であった。
P1290135.JPG

◆2月11日
伏見稲荷に商売繁盛の御参りをし、石峰寺、六波羅蜜寺、六道皇王寺を回った。
P1290150.JPGP1290166.JPG

平安神宮、神苑を散策後、吉田神社へ回り、夕食場所の吉田山荘へ向かう。
P1290261.JPG

普段では、手の届かない値段であるが、京都ウィンタースペシャルに参加店舗であったので、思い切って予約しておいたのであった。
優雅な日本間で、料理を堪能した\(^o^)/


◆2月12日
京都発9:32のスーパーくろしお7号に乗車し白浜へ向かう。
スーパーくろしおには、パンダシートが連結されていた。
P1290303.JPGP1290305.JPG
P1290311.JPGP1290733.JPG

新大阪を過ぎると貨物線に入り、野田付近で環状線に合流。
西九条でオレンジ色の環状線を追い抜く。


●阪和線全線(天王寺ー和歌山)

天王寺で阪和線きのくに線にはいるので車掌交代。
屋根に雪が残る。
駅名表示が環状線のオレンジから、阪和線の青に変わる。

東佐野あたりからは田園風景になり、日根野は関空への乗り換え駅。
和歌山県境は山間部であった。
やがて開けてきて平野になり、田園風景が広がり、紀ノ川を渡ると和歌山だ。

●紀勢本線(きのくに線)
和歌山、海南駅は高架駅であった。
コンビナート、海が見え、トンネルを抜けると、観覧車が見えた。
海がとてもきれいで、ミカンの山もみえる。
ゼネラル石油のコンビナートが見えると簑島だ。

藤並では行き違いがあった。
御坊を過ぎ山間部にはいり、南部につく。
南部の梅は2−3分咲きで、観梅バスがいた。

切目付近は海に近く、海岸の美しさのアナウンスがあった。
白浜着12:24
P1290346.JPGP1290707.JPG
P1290709.JPG

パンダの双子の赤ちゃんがいるアドベンチャーワールドに行った。
アシカやイスカのショーを楽しみ、双子の赤ちゃんにご対面\(^o^)/
P1290421.JPG

屋外ではパンダがえさを食べたり、歩く姿も見ることができた。
白い砂浜を、夕陽を未に散歩した。
P1290624.JPG

夕食はクエづくし!
P1290649.JPG

にぎり、うす造り、ほう葉みそ焼き、鍋、から揚げ、煮物と、食感の違うくえを堪能した\(^o^)/

◆2月13日
白浜発10:13のくろしお1号で紀伊勝浦へ。
白浜のホームの乗車案内はとても可愛かった。
P1290713.JPGP1290714.JPG

後に連結されるであろう車両も止まっていた。
車内販売のカートを下ろすために板が渡され、カートが下車した。
P1290721.JPG

トンネルの合間から海が見える。リアス式海岸の入り江が多い。
椿、紀伊日置をすぎ日置川を渡る。
周参見からも、海、トンネルの繰り返しだ。
見老津、和深はとても海がきれいだった。
串本には駅員がおり、下車客が多い。
串本からは、二人で貸切であった。
P1290773.JPG

すぐに、橋杭岩が見える。
P1290771.JPG

古座で行き違いは、スーパーくろしおであった。
古座川を渡り、荒船海岸にでる。
P1290791.JPG

ここでも、素晴らしい海岸線にアナウンスがあり、徐行運転をしてくれた。
鯨の町、太地を過ぎると紀伊勝浦だ。
P1290820.JPGP1290823.JPG
P1290830.JPG

くろしおは新宮まで向かうが、すでに乗客がいなかったので、折り返し運転に備えて、座席の向きを変更する作業が行われていた。
紀伊勝浦での乗り換え時間は40分で、御土産の海産物と、駅弁を購入した。
P1290861.JPGP1290862.JPG

鮪素停育という弁当で、マグロステーキと読ませるようだ。
竜田揚げ風に味付けをされたマグロはおいしかった。

紀伊勝浦発12:22のワイドビュー南紀6号に乗車。
JR東海の車両である。先頭車と中間車が連結された編成であった。
P1290837.JPGP1290849.JPG
P1290856.JPG

新宮までがJR西日本の管轄で、すぎるとJR東海になる。
駅名表示も西日本のブルーから、東海のオレンジに変わった。
P1290869.JPG

熊野市を過ぎ、大曽根浦では雪山が見えた。
尾鷲はタクシーが待つ駅で、山が多く、川沿いを走り、山間に入る
紀伊長島では、古里海岸の看板も見えた。
三瀬谷、多気と山間を走る。
多気からは、参宮線が出ている。
松坂には名松線の1両の列車が止まっていた。
P1290895.JPG

近鉄線も走っている。六軒で行き違い。
列車は伊勢鉄道(津ー河原田)を走る。
P1290902.JPG

高架になっており、田園地帯を抜ける。
複線になっていて、JR列車とすれ違った。
鈴鹿では近鉄の単線と交差する。
やがて、たくさんの煙突が見えると、四日市だ。
コンビナートの中を単線で進み、2か所でJR貨物との合流があった。
やがて、三岐鉄道、JR、近鉄の線路幅の違う踏切のある、桑名につく。
名古屋には16:06着

紀伊半島の鉄道の旅は楽しく終了した。

グルメあり、パンダあり、夕陽あり、海のすばらしい景色あり、いろいろ楽しんだ旅であった\(^o^)/


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

22年11月16日

平成22年11月16日:弥彦線制覇の旅

越後湯沢への出張があったのでちょっと寄り道をした(*^_^*)

弥彦線制覇の旅

弥彦線に紅葉狩りをかねて乗車することにした。
2006年夏に飯山線を制覇したときに東三条ー燕三条間は乗車している。
そのときは信越線から弥彦線に乗り換えるのに1時間待ちであった。
北三条、燕三条への7分間の乗車のために冷房が切られている列車の中でメールをして過ごす。
燕三条までの車窓はお寺の町を通り抜けている印象だ。

燕三条駅で弥彦線に乗り換える。
P1260412.JPG

今回燕三条から乗車した列車は、弥彦線専用の黄色を主体とした塗装の115系電車2両編成のワンマンの弥彦行。
P1260416.JPG
信濃川の分流の中ノ口川をわたり、駅員も路線バスも待つ、洋食器の町、燕に着く。
穀倉地帯を走り、西燕、吉田へ向かう。

吉田は越後線と交差する駅で、接続待ちがあった。
P1260431.JPG

弥彦山に向かって走り、矢作をすぎ、鳥居も見えてくると弥彦駅到着だ。
P1260607.JPGP1260440.JPG
P1260606.JPG

吉田での待ち時間を入れても、30分ほどの旅であった。
弥彦駅は弥彦神社を模して作られていた。
P1260447.JPG P1260601.JPG

折り返しの列車は1時間30分ほどないので、最寄の弥彦公園のもみじ谷の散策に向かう。
真っ赤に染まるもみじ谷をみて感動\(^o^)/
P1260516.JPG P1260488.JPG

P1260464.JPG P1260529.JPG

P1260552.JPG P1260591.JPG

乗り鉄に紅葉狩りを堪能した半日を過ごした(^^♪
翌日は同行の旅行業者の方のご好意で、清津峡魚沼スカイラインへのドライブをすることもできた(*^_^*)
P1260649.JPG P1260678.JPG

P1260699.JPG

この路線を乗車したのでJR東日本管内はすべて制覇することになった\(^o^)/
しかし、まだ他の地区の制覇は遠い。。。
ゆっくりと長い目で見てくださいね(^^♪


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

21年10月02日

平成21年10月2〜4日:JR四国全線制覇3日間の旅 総集編

10月2-4日にJR四国全線制覇の旅に鉄子二人ででかけました(*^_^*)

JR四国のバースデーきっぷを利用。
3日間JR四国全線、土佐くろしお鉄道など乗り放題で、指定席、グリーン車も乗れて10000円。
全線制覇の旅には好都合の切符だ\(^o^)/
四国の路線図を見ながら読んでいただくとどのようなコースをたどったか、お分かりになるとおもう(*^_^*)

平成21年10月2日 予讃線一部と内子線

羽田空港7:40ー高松空港9:15 バスで高松駅に移動
   高松駅でマリンライナー弁当購入
高松駅10:04−観音寺11:13 快速サンポート南風リレー号 2両
P1150379.JPGP1150443.JPG

観音寺11:36−松山13:14 しおかぜ7号グリーン車 8両
   グリーン車は1両をドアで仕切って3席がけで6列分あった   
P1150440.JPGP1150450.JPG

松山13:24−内子13:49 宇和海11号 4両
P1150480.JPG
   1両の中の、前方4−5列がヘッドカバーが青の指定席
   後方が白の自由席になっていた
   内子の町並みを急ぎ足で散策
P1150495.JPGP1150530.JPG

内子14:54−伊予大洲15:02 しおかぜ9号(アンパンマン) 4両
P1150564.JPG

伊予大洲15:33−松山17:10
P1150575.JPGP1150613.JPG
   小雨できれいな海が見れなかったのが残念な路線

松山泊


10月3日 予讃線・予土線・土讃線・徳島線

松山駅にてマドンナ弁当購入
P1150804.JPG

松山8:07−宇和島9:28 いしづち1号 4両
P1150646.JPGP1150650.JPG

   やはり前列7まで指定席で青のヘッドカバー、後列は白のヘッドカバーで自由席
   予土線はトイレがありませんの放送にあわてて駅でトイレへ
P1150702.JPG

宇和島9:38ー窪川11:47 1両ワンマン
P1150706.JPG

窪川11:57−多度津14:57 南風16号グリーン 3両
P1150800.JPGP1150802.JPG
   18人分のグリーン車を高知ー琴平間2人で貸切り状態だった

多度津14:57−阿波池田16:34 南風15号 3両
P1150887.JPG

阿波池田16:39−徳島17:48 剣山8号(アンパンマン) 3両
P1150946.JPGP1150954.JPG
   遊戯スペースもあり、1両丸ごとアンパンマンであった
P1150904.JPGP1150905.JPG

徳島泊


10月4日 鳴門線牟岐線高徳線

徳島7:32−鳴門8:07 7時からの朝食を急いで食べて駅へ
P1150973.JPG

鳴門8:13−池谷8:41 折り返し
P1160003.JPG

池谷8:41−徳島9:04 高徳線からの列車
P1160016.JPGP1160019.JPG

   徳島駅にて徳島食べくらべ(徳島牛と阿波尾鶏)購入
P1160130.JPG

徳島9:51−牟岐10:59 むろと1号 2両
P1160070.JPG

牟岐11:04−海部11:20 むろと1号が普通列車になり直通
P1160114.JPG

海部11:28−牟岐11:44 折り返し
P1160117.JPG

牟岐11:59−日和佐12:20 1両ワンマン
P1160128.JPG

   薬王寺散策
P1160155.JPGP1160167.JPG

日和佐13:05ー徳島14:01 むろと2号 2両(むろと1号の車両)
P1160178.JPG

徳島14:29ー高松15:34 うずしお18号
P1160191.JPG

高松空港17:20−羽田空港18:35


こうして3日間でJR四国全線を制覇することが出来た。
時間通りの列車に乗車することができ、駅弁も先に大きな駅で購入していたので、昼食も車内で無事とることが出来た。
グリーン車はとても楽で、リッチな気分になった。
3日間乗り続けたが、思ったより、疲れがないのは、全線制覇した達成感からだろうか\(^o^)/




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
タグ:JR四国
posted by train news at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する

21年09月06日

平成21年9月6日:SLやまぐち号撮り鉄

平成21年9月6日
山口方面乗り鉄と撮り鉄にチャレンジの旅\(^o^)/(4)

■9月6日 SLやまぐち号撮り鉄\(^o^)/

 撮り鉄の友人がSLやまぐち号の撮り鉄につれて行ってくれるというので、案内してもらうことにした。
 新山口から山口線で山口まで行き、待ち合わせの時間まで少しあったので30分ほど散策をした。
P1130804.JPGP1130826.JPG
P1130843.JPGP1130851.JPG

 30数年ぶりの山口であったが、歴史を感じさせてくれるお寺があちこちにあった。
 まずは津和野行きを、仁保ー篠目間、長門峡付近、徳佐付近の3箇所で撮影。
P1130876.JPGP1130883.JPG
P1130901.JPGP1130914.JPG


 津和野駅の転車台、津和野太鼓稲成神社で撮影後、津和野の町を少し散策した。
P1130985.JPGP1140020.JPG
P1140042.JPG


こちらも30数年ぶりであったが、鯉が丸々と太り、少し観光地化されていたが、癒される町並みであった。
P1140086.JPGP1140097.JPG
P1140101.JPG

今年の青春18きっぷのポスターにもなった篠目駅の給水塔も見ることができた(*^_^*)P1140119.JPGP1140129.JPG

撮り鉄の経験がないのに、親切に案内をしてくださった友人に感謝である\(^o^)/
山口宇部空港から飛行機に搭乗し、帰宅をした。

2日間岩徳線、宇部線、小野田線の乗り鉄をし、SLやまぐち号の撮り鉄をして、忙しかったが、とても充実した時間をすごした\(^o^)/




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【JR全線乗りつぶし日記】
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。