お出かけのご予約は、こちらから!

07年07月28日

【JR東海】【東海道新幹線】お盆の混雑状況発表

お盆- 東海道新幹線下りピークは11日−−JR東海
(2007年7月28日 毎日新聞)

 JR東海は27日、お盆期間(8月9〜19日)の指定席予約状況(26日現在)を発表した。東海道・山陽新幹線が前年比14%増の115万席。下りのピークは11日で、11〜12日の午前中は「のぞみ」「ひかり」とも新大阪行き以外はほぼ満席となっている。Uターンは分散するとみられ、最も混雑する15日午後でも、余裕ある状態という。
 名古屋駅発着の在来線特急は前年比3%増の8万席。九州方面への夜行寝台列車が9〜13日ほぼ満席だが、高山、長野、富山、紀伊勝浦方面への列車はいずれの日も余裕がある。



鉄道ブログランキングへの応援クリックはこちらからお願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース
ブックマークに追加する

07年07月12日

【JR西日本】【木次線】【三江線】【山陰線】風速計を増設、更新

JR木次、三江線 風速計5基を新設 山陰線も更新、増設=島根
(2007年7月11日:読売新聞)

  JR西日本米子支社の川上優・支社長は10日、安全性向上計画に基づき実施していた管内の風速計13基の交換、11基の新設作業が終わり、今月下旬から運用する方針を明らかにした。
 山陰線の鉄橋を中心に更新したほか、同線に3基を増設。県内では、木次線に2基、三江線で3基を鉄橋や踏切に新設した。鳥取県内では、因美、伯備、境各線の駅などに1基ずつ新設した。総費用は約1億2000万円。新しい風速計は、羽根が回る時に発生する周波数で風の強さを計測するため、より正確に測れるという。いずれも運輸指令に直結していて、木次、三江両線は風速20メートル、その他の線は25メートル以上で警報が鳴り、列車を止めることになる。
 風速計の増設は、2005年12月に山形県内のJR羽越線で起きた強風による列車脱線事故を受け、計画に盛り込まれていた。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースリリース
ブックマークに追加する

07年06月20日

【小田急電鉄】【小田急線】海老名〜厚木間下り線、7月から高架化

神奈川県ら/小田急線海老名〜厚木駅間1・4キロ、下り線は7月から高架に
(2007年 6月 19日:日刊建設工業新聞)

 神奈川県、海老名市、小田急電鉄は、連続立体交差事業を進めている小田急小田原線海老名〜厚木駅間(約1・4キロ)について、7月1日から下り線を高架橋に切り替える。
 これにより、踏切遮断時間が約4割短縮できるとしている。
 今後は上り線の工事を進め、08年3月に高架橋に切り替える予定。
 都市計画道路下今泉門沢橋線と都市計画道路河原口勝瀬線の4車線整備に伴い、神奈川県、海老名市、小田急電鉄は02年から小田急小田原線海老名〜厚木駅間で、踏切による渋滞や街の分断解消を目的に連続立体交差事業を進めている。




鉄道ブログランキングへの応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。