お出かけのご予約は、こちらから!

07年08月24日

【JR西日本】【小浜線】「ちりとてちん」にちなみ、臨時「ちりとて」を半年間運行


JR西日本:「ちりとて」臨時列車、10月から半年間−−小浜線で土日祝日 /福井

(2007/8/23 毎日新聞)

 JR西日本は10月〜来年3月の半年間、小浜線で土日祝日に1日4本の臨時列車を運行する。沿線の小浜市などを舞台とするNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」の放映により、観光客の増加が見込まれるとする同市の要請に応えた。
 増発されるのは、▽午前10時敦賀発、東舞鶴行き(快速)▽午後0時15分東舞鶴発小浜行き(同)▽午前9時41分小浜発、若狭高浜行き(普通)▽同10時24分若狭高浜発、敦賀行き(同)−−。放映期間に合わせた半年間の時限措置だが、その後のダイヤ編成について同社は「期間中の利用状況を注視して考えたい」と話している。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月16日

【JR北海道】【函館線】【千歳線】猛暑からレールを守れ!国内唯一の散水列車出動!!

暑くても曲げない JR線に散水列車
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/43258.html
(2007/8/14 北海道新聞)

 全道的に猛暑に見舞われた十二、十三の両日、全国でも札幌近郊だけで走るJRの散水列車が、昨年より約一週間遅れで運転された。
 散水列車は最高気温三二度以上の予報が出ると登場する。日に当たって温度五○度を超すレールに水をかけ、熱による膨張、屈曲を防止する。
 水タンク車二両の前後をディーゼル機関車で挟み、函館線厚別−野幌間と千歳線新札幌−北広島間で、気温が最も高くなる昼すぎに作業を行った。噴水のように水を吹きかけ列車が通過すると、雨が降ったかのように線路や敷石はしっとりとぬれた。
 道内のレールは冬季の低温に合わせた鉄を使うため夏の高温には弱い。また、この区間は風が弱く、直射日光も厳しいため、全国のJRで唯一、散水列車が走る路線となっている。



鉄道ブログランキングへの応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月14日

【京阪電鉄】【大津線】車内で落語とビールを楽しむイベント開催

電車で落語&ビア 京阪大津線 9月1日イベント
(2007/8/13 京都新聞)

 大津市民らでつくる「大津の京阪電車を愛する会」(林賢治会長)は9月1日に、京阪大津線の車内で寄席などを楽しむイベント「京阪亭古都湖都(ことこと)おおつ電車DE落語&ビア」を開催する。先着順で、17日までに参加者を募集する。
 イベントは、2両編成の電車の1両を「寄席電車」、もう1両をビールやジュースが飲める「ビア電車」にする。寄席電車では、6代目笑福亭松鶴門下の笑福亭松枝さんが、その場の雰囲気に合わせた演目を披露する。
 京阪浜大津駅集合で、午前10時3分発と、午後零時20分発の2便があり、それぞれ定員は80人。
 会員とその家族は200円、会員以外は700円。申し込み・問い合わせは、同会事務局の市交通・建設監理課 Tel:077(528)2736へ。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月04日

【平成筑豊鉄道】5日100円列車を運行! 沿線ではイベントを開催

平成筑豊鉄道 5日100円列車終日運行 トロッコ列車、市、バンド演奏… 沿線さまざまな催し
(2007/8/4 西日本新聞)

 平成筑豊鉄道は5日、中学生以上の1回の乗車賃を100円とする100円列車を終日運行する。乗車区間は自由で、小学生は50円。始発の行橋駅から終点の直方駅まで通常料金では900円かかるが、同日は100円で乗れる。
 これに合わせて沿線ではさまざまなイベントが用意されている。午前11時から午後8時まで、田川市の田川伊田駅から徒歩5分の田川石炭記念公園野外ステージでは「TAGAWAエントツライブ2007」が開かれ、バンド演奏やフリーマーケットなどがある。入場無料。
 赤村の赤駅前からは「トロッコ油須原線」が午前10時‐午後4時の間、30分間隔で運行される。往復3.4キロ、所要時間25分で、料金は大人300円、小学生150円。直方市の各商店街では「五日市」が開かれ、源じいの森駅から徒歩3分の源じいの森温泉では乗車証明書を渡せば限定プレゼントがもらえる。
 このほか31日まで「夏休み・動く写真館 なのはな号」を毎日運行、1日何回でも乗車できるうちわ型の1日フリーきっぷも1000円(小学生500円)で発売している。




鉄道ブログランキングへの応援お願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月02日

【伊豆急行】伊東温泉貸し切り列車

東京からの観光客、勇壮な太鼓が歓迎−伊東市制60周年記念の「貸切電車」 桟敷席で花火も満喫
(2007年8月1日 静岡新聞)

 伊東市の市制六十周年を記念し、東京から伊東温泉、伊豆高原までの片道乗車券を無料にする「伊東温泉貸切列車」が三十一日運行され、約二百三十人の観光客が市内を訪れた。
           *      *
 市と伊東観光協会、伊東温泉旅館ホテル協同組合がJR東日本、 伊豆急行、大手広告代理店とタイアップし、首都圏在住の顧客を狙ったユニークな試み。八両編成の「リゾート踊り子号」(黒船電車)を貸し切りで運行し、旅館ホテルの宿泊パックを付け誘客を図った。
 利用客が降り立ったJR伊東駅では、伊東囃子保存会が駅ホームで伊東太鼓を勇壮に演奏し観光気分を演出。佃弘巳市長は「多くの利用客の皆さまを心から歓迎します。伊東の温泉は七つの泉質があり、温泉につかりながら疲れを吹き飛ばしてください」とあいさつした。
 この日はなぎさ公園で「伊東温泉夢花火」が行われ、利用客は市が用意した桟敷席で二千発の花火を満喫した。
 貸切列車は十二月にも予定されている。伊東温泉旅館ホテル協同組合の磯川義幸事務長は「伊東の魅力をPRして多くの人がリピーターになってほしい」と期待した。



鉄道ブログランキングへの応援お願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(3) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年07月10日

【JR東海】【高山本線】高山線、9月に3年ぶり全線復旧

高山線中心に新ダイヤ JR東海9月実施 3年ぶり全線復旧 被災前の本数確保
(2007年7月7日:中日新聞)

 JR東海は六日、在来線で九月八日に実施するダイヤ改正を発表した。この日、台風災害から約三年ぶりの全線復旧を果たす高山線の新ダイヤが中心。名古屋−富山を直結する特急「ワイドビューひだ」が一日上下八本、普通列車が同二十五本など被災前と同じ本数が確保された。終列車を含めた各列車の発着時刻も、被災前とほぼ同じとなった。運賃にも変更はない。
 高山線では、さらに高山発着の特急と飛騨古川方面の普通列車との接続も改善される。地元の要望に応えた措置で、乗り継ぎ時の待ち時間が最大四十分短縮されて六−九分となり、観光客らの利便性が向上する。
 東海道線では、平日夕方の新快速一本や土曜・休日朝夕の新快速、特別快速計四本が二両増結の八両編成となり、混雑の緩和を図る。




鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年07月04日

【京阪電鉄】【交野線】七夕の逢瀬にピンチ!?

七夕の逢瀬、今年は各駅停車で…京阪電鉄にヘッドマーク
(2007年7月4日:読売新聞)

 七夕伝説ゆかりの大阪府交野市の京阪電鉄交野線・私市(きさいち)駅で、毎年7月7日に行われる特急「おりひめ」と準急「ひこぼし」の年に一度の対面が中断のピンチに見舞われ、住民や鉄道ファンの要望で、各駅停車の列車に二つの星のヘッドマークを掲げる粋な計らいで〈逢瀬(おうせ)〉がかなうことになった。
 交野市には織姫をまつる機物(はたもの)神社、隣の枚方市には牽牛(けんぎゅう)石があり、市境の天野川には「逢合(あいあい)橋」が架かるなど七夕伝説が残り、列車の愛称にもなった。
 特急は朝、準急は夕方の運行のため駅で顔合わせする機会はないが、3年前から、七夕の夕方だけ臨時の「おりひめ」を走らせて私市駅で対面させたところ、鉄道ファンらが集まり、この日の私市駅の乗客は倍増するようになった。
 今年は7日が両列車が運休する土曜日になったため、同社は「対面中止」も検討。しかし、7、8両日に交野、枚方両市が「全国七夕サミット」を開くこともあり、うわさを聞いた住民らが、同社に「ぜひ今年も」と強く要望した。
 当日は、午後6時過ぎ、マークを掲げた普通列車がホームですれ違う。マークは二つ合わせるとハートになるデザインで、京阪電鉄は「ファンの盛り上がりに水をささない苦肉の策」としている。




鉄道ブログランキングへの応援お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年06月22日

【愛知環状鉄道】ビール列車運行!

来月から8月にビール列車運行 愛知環状鉄道
(2007年6月21日:中日新聞)

 【愛知県】愛知環状鉄道は7月13、14、20、21、22日、8月17、18日の7回、ビール列車を走らせる。
 7月20日と8月18日は午後6時46分に中岡崎駅を発車、瀬戸口駅で折り返し、8時32分に中岡崎駅に戻る。7月13、14、21日、8月17日は午後6時13分に高蔵寺駅を発車、北野桝塚駅で折り返し8時18分に高蔵寺駅に戻る。7月22日の日曜は日中運行で、高蔵寺駅を午後0時15分に高蔵寺駅を発車、1時25分に岡崎駅に着く。
 いずれも生ビール飲み放題、弁当、つまみ付き。代金は5000円(7月22日は3900円)。申し込み、問い合わせは愛環トラベル新豊田営業所=電0565(35)2305=へ。



鉄道ブログランキングへの応援お願いします!!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年06月21日

【京阪電鉄】【石山坂本線】比叡山鉄道開業80周年記念、赤と緑の「福縁」号登場!

京阪電鉄石山坂本線 赤と緑の『福縁』号登場 坂本ケーブル 80周年を記念
(2007年6月18日:中日新聞)

 【滋賀県】大津市の西南部を走る京阪電鉄石山坂本線で、全面を赤と緑色に塗装した電車が登場した。
 同じ赤と緑色のケーブルカーを運行する子会社の比叡山鉄道が、開業八十周年を迎えたことを記念。来年三月まで走らせる。
 同鉄道は一九二七年三月に開業。大津市坂本本町の延暦寺−坂本駅間を結ぶ。ケーブルカーとして日本最長の二〇二五メートルを誇り、「坂本ケーブル」の名で親しまれている。
 九三年から赤色の「福」号と、緑色の「縁(えん)」号の二台を運行。「良いご縁や幸福が訪れるように」と、当時の山田恵諦(えたい)・第二百五十三世天台座主が命名した。
 京阪では二両編成の車両を塗り分け、それぞれ「福」と「縁」の文字を張り付けた。
 同鉄道の向井原清貴営業課長は「車で延暦寺に参拝する人がケーブルカーに乗ろうと思うきっかけになれば」と期待を寄せている。

-------------------

実際の「福縁号」の写真は、こちらから。





鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年06月20日

【JR西日本】【山陰線】観光列車「みすゞ潮彩」7月から運行!!

山口県/山陰海岸ゆっくり堪能 観光列車「みすゞ潮彩」公開  JR西日本 7月から運行 アールデコ調デザイン
(2007年6月19日:西日本新聞)

 ●窓拡大、海に向いた座席 
 JR西日本が、七月から下関市と長門市の間の山陰線に走らせる観光列車「みすゞ潮彩(しおさい)」が完成し、下関市のJR西日本下関車両センターで公開された。金子みすゞ(一九〇三−三〇)が生きた時代に流行した「アールデコ」調のデザインを採用した二両編成で、山陰海岸の美しい風景を堪能できるように、窓を広げたり座席に工夫をこらしたりしている。
 列車の外観は、薄い黄色をベースにアールデコ調の幾何学模様をほどこし、窓の一部にも階段型や八角形などの形を採り入れている。
 注目されるのは、定員四十四人の全指定席の二号車。この車両の海側の窓は、窓の仕切りを二カ所取り外し、窓ガラスの大きさを最大で幅約二百五十センチと、通常(百九センチ)の倍以上に拡大した。さらに、ボックス席を除く二人掛けの革製座席は海側に向いている。
 このほか、紙芝居などを上演するためのイベント用スペースや、お土産などを販売する売店スペースも設置している。
 一号車は全自由席で定員七十六席。内部は通常の車両と同じ仕様だが、トイレを洋式に改めた。車両改造費は約八千万円で、下関、長門両市が負担した。
 「みすゞ潮彩」は、新下関−下関−仙崎間を運行。下関−仙崎間は一日一往復で土曜日と休日は快速に、平日は各駅停車になる。JR西日本によると、約九十キロの行程のうち三割程度から海が望めるといい、途中、駅以外の三カ所で景色見物のために停車する。また、下関と滝部(下関市豊北町)間は夕方にさらに一往復する。
 JR西日本は、七月一日からの運行を前に二十七日午前十時から同十時半まで、JR下関駅九番ホームで「みすゞ潮彩」の展示会を行う。




鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 03:00 | Comment(4) | TrackBack(3) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。