お出かけのご予約は、こちらから!

07年10月31日

雲への列車!

 ちょっとニュースとは逸れるのですが、面白い記事を見つけましたので、是非このブログでもご紹介したいと思います。

 なんと「雲への列車」。アルゼンチンの北部にあるサルタという街から、標高4,200mに架かるポルボリジャ鉄橋までスイッチバックを繰り返しながら、まさに「雲の上」へ上っていくという観光列車があるそうです。往復438kmの道のりを約14時間掛けて走る!


地球の裏側を走る! 雲への列車
http://excite.co.jp/News/bit/00091193653518.html

---------- 以下、引用 ---------
 「雲への列車」という名の列車がある――まるで空想の乗り物のような名前だが、ちゃんと実在する。いったいどこへ連れていってくれるんだろう? と名前を聞くだけで旅心をくすぐられる人も多いはず。
 この列車に乗れるのは地球の裏側、アルゼンチンの北部にあるサルタ。この街から標高4,200mに架かるポルボリジャ鉄橋まで、スイッチバックを繰り返しながら進んでいく。まさに「雲の上」まで登っていくからこの名前がつけられたというわけだ。いわゆる観光列車で、往復438kmの道のりを約14時間かけて走る。
 この列車の魅力は、なんといっても道中の風景。荒涼とした大地や鮮やかな色合いが印象的なトロ渓谷など、窓からの景色は圧巻。刻々と変わっていく風景は、みていて飽きることがない。車内には売店や食堂もある。乗客たちは食事をしたり、ハガキを書いたり(列車からハガキを出せるサービスもある)、読書をしたり、もちろん窓の外を眺めたり……、とそれぞれ好きなように時間を過ごす。また途中の村にも立ち寄るので、民芸品などちょっとしたおみやげを買うこともできる。
 朝7時ごろにサルタを出発し、戻ってくるのは夜10時すぎ、というなかなかハードなスケジュール。さすがに暗くなると景色は見えないので、そこからはエンターテインメントタイムが始まる。フォルクローレの演奏やクイズや抽選会など、楽しいイベントが盛りだくさんで、最後まで飽きさせない工夫がいっぱいなのだ。
 ちなみに4,200mという高さまで登るだけに、高山病になる人も多い。最高地点でもあまりはしゃぎすぎないことが肝心だ。一応、車内には酸素も備え付けられている。
 そんな雲への列車、実は2年前から技術的な問題を理由に運転を休止していた。日本ではあまり知られていないが、現地ではかなり人気が高く、週末しか走らないこともあって予約を取るのも苦労するほど。再開が待ち望まれていた。
 それがこの10月、ついに運転再開! といっても現在は月に1度、地元の人を対象に試運転をしている段階。現地の観光局によると、「2008年3月には通常運転が再開される予定」とのこと。
 みなさんも来年は地球の裏側で雲の上まで旅してみませんか?
---------- 引用終わり ---------




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年10月30日

【JR西日本】【木次線】トロッコ列車「奥出雲おろち号」乗客2万人突破で記念セレモニー

トロッコ列車「奥出雲おろち号」 乗客、初の2万人突破 木次で記念式=島根
(2007年10月29日 読売新聞)

 ◆木次で記念セレモニー 
 4月から11月にかけて、木次駅(雲南市木次町)と備後落合駅(広島県庄原市)の間で運行されている、JR木次線のトロッコ列車「奥出雲おろち号」の今年度の乗客数が28日、運行開始以来初めて2万人を突破し、木次駅で記念セレモニーが開かれた。
 トロッコ列車は、1998年4月から運行を開始し、これまでにのべ約17万人が利用。今年度は、過去最高だった2005年度の1万8720人を上回り、初めて2万人を超えた。 JR西日本米子支社木次鉄道部によると、2両ある客車の1両に立席を設けたことや10駅に出雲神話にちなんだ愛称をつけるなど話題作りが功を奏し、広島県など県外からの利用者が、多い日で8割を超えるまでになったという。
 2万人目の利用者に選ばれたのは、木次駅から家族7人で乗車した、松江市古志原の主婦井上正子さん(60)。孫らと記念のくす玉を割り、列車の乗客60人や駅員らから大きな拍手を受けた。
 井上さんは「春に乗り、素晴らしい景色に感動したので、秋にもう1度と、乗車しました。良い思い出になります」と感激していた。
 列車は11月25日まで運行され、10日過ぎには紅葉が見ごろを迎えそう。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年10月11日

【琴電】鉄道の日に、レトロ電車を特別運行

琴電のレトロ電車3両、特別運行へ−鉄道の日
(2007/10/10 四国新聞)

 高松琴平電気鉄道は、「鉄道の日」の14日、今夏に現役引退した車齢80年のレトロ電車の特別運行を行う。産業考古学会の「推薦産業遺産」に認定された3両を連結し、高松築港―琴電琴平駅間を1往復する。
 3両は琴電オリジナル車両の120号、300号、500号で、8月の冷房化100%に伴い、通常運転には使われなくなった。琴電は引退後もイベント車両として保存する方針で、今回の運行が第1弾。
 往路は午前10時5分に高松築港駅を出発。復路は琴電琴平駅を午後2時48分に出発し、高松築港駅から、さらに仏生山駅まで運転する。羽床―榎井駅間では乗降できない。通常の切符で乗車可能で、出発式が午前9時57分から高松築港駅である。
 当日は高松築港駅で、1日フリー切符と金刀比羅宮で開催中の「書院の美」展の書院共通券を、100組限定で2000円で販売する。問い合わせは運輸サービス部〈087(863)7300〉へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

posted by train news at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年10月08日

【若桜鉄道】21日、SL運行が復活!

SL走行、雄姿復活へ 21日、若桜鉄道でイベント
http://www.nnn.co.jp/news/071008/20071008006.html
(2007/10/8 日本海新聞)

 開業二十周年を迎えた鳥取県若桜町の第三セクター・若桜鉄道(社長・小林昌司若桜町長)は二十一日、記念式典や多彩なイベントを開き、身近な鉄道と沿線の今後の一層の発展を誓い合う。構内に移設展示されている、かつて若桜線を走っていた蒸気機関車(SL)が運行され、懐かしい雄姿が見られる。
 開業二十周年イベントは、若桜鉄道の存続と発展の願いを込めて沿線の町と県、鳥取市などで組織される若桜鉄道利用促進実行委員会(小林昌司会長)が企画。記念式典のほかに、兵庫県多可町から移設展示され、ボランティアなどによって整備されたSLを、構内に敷設した約二百五十メートルの線路で圧縮空気で走らせる。また、ミニSLの乗車体験、若桜鉄道グッズと全国人気駅弁の販売、郷土芸能の発表などが計画されている。
 若桜線は郡家駅(八頭町)から若桜駅に至る一九・二キロ。一九三〇年に全線が開通し、長年にわたって沿線地域の発展と住民の足として機能してきたが、乗客数の減少に伴い、八一年に廃止対象特定地方交通線として廃止が承認された。
 このため、地元をはじめ沿線の強い要望で八六年十月に第三セクター鉄道への転換が決まり、八七年十月十四日、若桜鉄道として生まれ変わり、現在に至っている。
 若桜鉄道を守るため、沿線を挙げての増客運動やSL展示、転車台整備などが進められ、鉄道ファンや観光客の誘客に力を入れているが、利用者は今なお減少。年間乗客数は開業直後の八八年の約六十六万人から、二〇〇六年の乗客数は約五十二万人に落ち込み、厳しい状況に見舞われている。



鉄道ブログランキングへの応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

【大井川鉄道】SL C56が4年ぶりに復活

泰緬鉄道帰りのSL 4年ぶりに復活 大井川鉄道
http://www.asahi.com/life/update/1008/TKY200710070158.html
(2007年10月08日 朝日新聞)

 映画「戦場にかける橋」で知られる泰(たい)緬(めん)鉄道に供出され、日本に戻った蒸気機関車のC56形44号機が7日、4年ぶりに復活し、静岡県島田市の大井川鉄道新金谷駅で出発式があった。同鉄道で走っていたが、ボイラーの老朽化で03年から静態保存されていた。
 今回、ボイラーの構造がほぼ同じとされるC12形蒸気機関車から「心臓部」を転用する大改装を実施。スタイルも戦後にタイ国鉄で走っていた当時のものに復元した。ボイラーやテンダー(炭水車)は緑色になり、大きな牛よけが付けられた。
 44号機は1936年に三菱重工業神戸造船所で製造された。北海道の苗穂機関庫に配属され、41年にタイへ。タイやビルマ(現ミャンマー)などに渡ったC56形90両のうち2両が79年に日本に戻り、44号機はそのうちの1両。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年09月17日

【わたらせ渓谷鉄道】ウェディング列車 運行!!

わたらせ渓谷鉄道にウエディング列車 桐生―日光
http://www.asahi.com/life/update/0916/TKY200709160083.html
(2007年09月17日 朝日新聞)

 群馬県桐生市と栃木県日光市の山あいを結ぶわたらせ渓谷鉄道に16日、初めてのウエディング列車が走った。招待客90人が3両のお座敷列車に乗り、門出を祝った。
 群馬県内に住む歌代淳也さん(28)と星野瑠美さん(28)のカップルが自ら企画を持ち込んだ。「群馬らしく、緑の中で式を挙げたかった」と2人。
 渓谷美が自慢のローカル線だが89年の開業以来、赤字続き。同鉄道も「業績向上につながる」と貸し切りを決めた。冬には別のカップル1組を乗せて走る予定だ。




鉄道ブログランキングへの応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年09月12日

【JR東日本】【大糸線】トロッコ風列車運行へ。松本〜南小谷間

JR大糸線でトロッコ風列車運行へ 松本―南小谷間、15・16日に
(2007年9月7日 信濃毎日新聞)

 JR東日本長野支社は十五、十六日、大糸線沿いの田園風景や北アルプス、大町市の仁科三湖などの景色を楽しむトロッコ風の特別列車「北アルプス風っこ号」を松本―南小谷間で運行する。沿線自治体などでつくる大糸線利用促進輸送強化期成同盟会が協賛し、特産品プレゼントなども予定している。
 風っこ号は座席の横の窓ガラスがなく、風を感じながら乗車できる。昨年六月、大糸線の開業九十周年を記念して運行し、二両編成の百三十六席が完売する人気だったことから今年も企画した。
 両日とも往復する。下りは松本を午前八時二十七分発、南小谷に同十時三十一分着。上りは白馬からで、午後二時五十七分発、松本に同五時五十七分着。乗車区間は自由で、乗車券のほか、指定席券(大人五百十円)の購入が必要。
 南小谷駅では同盟会が地元の小谷漬などをプレゼント。車内で地元グループの民話の語りも予定している。

 問い合わせは同盟会事務局の大町市観光課(電話0261・22・0190)へ。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年09月01日

【京阪電車】【石山坂本線】ビール片手に寄席電車運行

電車の中で缶ビール片手に上方落語 京阪電車石山坂本線 
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200709010041.html
(2007/9/1 朝日新聞)

 大津市の京阪電車石山坂本線(石山寺―坂本間)に1日、寄席電車が走り、上方落語の笑福亭松枝(しょうし)さんが「大安売り」などの演目でご機嫌をうかがった。
 地元の市民団体が企画した。松枝さんは走行音を出ばやしに、車体と同じ緑色の着物姿で運転席後ろの高座へ。乗車した約90分間、車内には笑いが絶えなかった。
 2回で計100人の乗客は、缶ビールを片手に電車の揺れも加わってほろ酔い加減に。アンコールの声も飛んだが、松枝さんは「ちょうど終点です」と締めくくった。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月30日

【樽見鉄道】薬草列車が人気!

今季の利用客1000人突破 樽見鉄道の「薬草列車」
(2007/8/30 中日新聞)

 地元産の薬草料理と車窓の風景を楽しむ樽見鉄道(本巣市)の企画列車「薬草列車」で二十九日、今シーズンの利用客数が千人を突破。田中良以社長(72)が列車に同乗し、特技のアコーディオンや歌で乗客をもてなした。
 薬草列車は一九九三年に開始。大垣駅から終点の樽見駅までゆっくりと列車の旅を楽しみながら、ヨモギやドクダミの天ぷら、アシタバの菜めしなどヘルシーな料理がいっぱいの弁当が味わえる。当初は年間二千人以上の利用があったが徐々に減少。昨年度は約七百人にまで落ち込んだが、今年は名古屋方面から訪れる客が増えて巻き返しに成功。運行終了の十一月まで、まだ多くの予約が入っているという。
 この日は熱田ウオーキングクラブ(名古屋市)のメンバー三十六人が利用。途中の本巣駅から登場した田中社長の演奏に手拍子を合わせたりしながら、渓谷の風景を楽しんだ。
 「薬草列車」は毎週木、金曜日に運行。予約制で、一日フリー乗車券、薬草弁当、樽見駅からシャトルバスで約十分の「うすずみ温泉」の入湯券がついて五千円。問い合わせは樽見鉄道=電0581(34)8039=へ。



鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ

posted by train news at 15:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年08月26日

【つくばエクスプレス】開業記念日にこども美術館列車を運行、9月9日まで

つくばエクスプレス、開業記念日にこども美術館列車を運行、9月9日まで
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=31096
(2007/8/23 TRAVEL VISION)

 つくばエクスプレス(TX)は開業2周年企画として、8月24日の開業記念日から9月9日まで、「こども美術館列車」を運行する。列車に掲出するのは、小学生以下を対象に募集した絵画作品で、応募総数854作品の中から抽選した150作品。さらに、TXのキャラクター「スピーフィ」を描いた新作品「スピーフィの夏休み」も展示する。その他の応募作品はTX新御徒町駅と八潮駅に掲示する。8月24日には列車に掲出する150作品を描いた子供の家族150組を招待し、秋葉原からつくばまで特別運行する。
 なお、「こども美術館列車」の運行予定は、TXのホームページ、またはコールセンターで翌日分を案内する予定となっている。

首都圏新都市鉄道株式会社 〜TX開業2周年企画〜「こども美術館列車」運行のお知らせ
http://www.mir.co.jp/topics/topics_detail.php?topics_id=417




鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。