お出かけのご予約は、こちらから!

07年12月19日

【小田急電鉄】ロマンスカー「ハローキティ号」を特別運転!

小田急電鉄、サンリオ人気キャラが乗車するロマンスカーLSE7000形「ハローキティ号」特別運転
(2007年12月19日 IB Times)

 小田急電鉄、小田急トラベルおよびサンリオピューロランドは18日、、来年2月9日に小田急線の秦野駅(10:12発)から小田急多摩センター駅(11:42着)までの往路に、ロマンスカー「ハローキティ号」を特別運転するとした。
 三社によると、このイベント列車は、小田急線開業80周年を記念して運転するもので、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と「マイメロディ」が乗車し、車内を巡回。児童は、握手や記念撮影が可能だという。
 また、乗客には、もれなく記念乗車証明書をプレゼント。小田急多摩センター駅到着後は、サンリオピューロランドで自由行動となる。
 乗車する車両は、ロマンスカー・SE(3000形)が営業運転を開始してから50周年を迎えたのを記念し、デビュー当時のバーミリオンオレンジに塗装したロマンスカー・LSE(7000形)1編成を使用するという。

料金・申込み方法などの詳細は、こちらから(PDFファイルが開きます)ご確認ください。





鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:08 | Comment(1) | TrackBack(1) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年12月11日

【北条鉄道】恒例のサンタ列車を運転!

サンタが列車でやってきた 兵庫・北条鉄道で24日まで
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200712110031.html
(2007/12/11 asahi.com)

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ北条鉄道で11日、恒例の「サンタ列車」の運行が始まった。クリスマスツリーなどを飾った専用車両を連結、同鉄道の社員らが扮したサンタクロースが乗り込んだ。24日まで1日3便が走る。
 午前10時42分発の列車には親子連れグループ約90人が乗車。加西市の北条町駅から小野市の粟生(あお)駅までの往復約1時間、子どもたちはサンタクロースと「ジングルベル」を歌ったり、プレゼントのお菓子をもらったりして一足早いクリスマス気分を味わった。
 平日は原則団体客だけで、個人客は土、日曜、祝日のみ。中学生以上千円、小学生以下500円。問い合わせは北条鉄道(0790・42・0036)へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年12月04日

【函館市電】イルミネーション車両「冬の夢・ひかりの電車」運行開始!

日暮れの街に彩り 「ひかりの電車」運行開始 函館
(2007/12/03 北海道新聞)

 函館の冬の夜を彩る市電のイルミネーション車両「冬の夢・ひかりの電車」が三十日、今シーズンの運行を始めた。来年二月二十九日までの約三カ月間、一日六、七往復運行する。
 市内の企業や団体、町会などで構成する函館市西部振興協議会(二本柳慶一会長)の主催で今年で八回目。十二月一日から一斉に始まる「はこだてクリスマスファンタジー」「はこだて冬フェスティバル」「五稜星の夢」を車体のデザインなどでPR。車体全体には、電球約七千個が飾り付けられ、まばゆく輝いている。
 市電駒場車庫で行われた始発式で二本柳会長は「二月までの約三カ月、冬の函館の街を明るくともしたい」とあいさつ。テープカットの後、電飾が点灯された車体は、日が暮れかけた市街に向けて走りだした。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年12月03日

【山形鉄道】【フラワー長井線】「サンタ特急」運行!!

山形鉄道が本場のサンタ招き企画列車
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071202-290594.html
(2007年12月2日 日刊スポーツ)

 クリスマスシーズンを受けて第3セクター「山形鉄道」(山形県長井市)のフラワー長井線で2日、フィンランドから“本場”のサンタクロースを招いた特別企画列車「サンタ特急」が運行された。
 同社は、イベント列車の開催による乗客数の確保を進めており、今回は旅行会社との共同企画。
 サンタ特急には、親子連れら約850人が参加し、長井駅でフィンランド・ラップランド州公認のサンタクロースと対面した。赤い服に白いひげをたくわえた大きな体のサンタクロースは、地元の保育園児とクリスマスソングを披露。参加者と記念撮影もして、子どもたちから歓声が上がっていた。
 福島県会津若松市から来た赤羽桜香ちゃん(5)は本場のサンタに「とても大きかった」と満面の笑みで、長井市の小学2年佐藤貴哉君(8)も「本当にサンタがいるんだと分かった」とうれしそうだった。




鉄道ブログランキングをチェック!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月22日

【JR東日本】【常磐線】年末年始に、常磐線経由成田空港行「エアポート常磐」を運行

JR東、年末・年始に常磐線から成田空港への直通快速を運行
(2007年11月22日 Newsウェーブ21)

 JR東日本は21日、年末・年始の期間限定で常磐線沿線から成田空港へ乗り換えなしで行ける直通快速を初めて運転すると発表した。成田に向かう下り列車は全席指定席で乗車券と指定席料金510円が必要だが、上り列車は乗車券だけで乗れる。同社では海外旅行客や初詣で客の利用を見込み、乗車率50%を目指す。
 この「エアポート常磐」は12月29―31日、08年1月3、5、6日の6日間運転し、1日2往復。停車駅は上野、北千住、松戸、柏、我孫子、空港第2ビル、成田空港。3、5、6日は成田山新勝寺への初詣で客の利用を想定、上り列車のみ成田駅にも停車する。
 常磐線エリアから成田空港に行くには乗り継ぎが必要で、アクセス面で不便。JR東日本では今回の利用状況をみて、ゴールデンウイークなど年末年始以外の海外旅行需要期の運転も検討する。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月19日

消え行くブルートレイン・・・

消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退
http://www.asahi.com/life/update/1117/TKY200711170276.html
(2007年11月18日 asahi.com)

 「ブルトレ(ブルートレイン)」の愛称で親しまれてきたJRの寝台列車が、09年春にも、東京から西へ向かう路線から姿を消す可能性が高まっている。利用客の減少が主な原因で、ほかの路線も同様の事情を抱えている。一部の豪華列車を除き、将来的には廃止の方向にあるという。
 JR各社の複数の関係者によると、08年3月中旬のダイヤ改定で消えるブルトレは、京都―熊本間を走る「なは」と京都―長崎を結ぶ「あかつき」、東京― 大阪の「銀河」。また、大阪―青森の「日本海」と上野―札幌の「北斗星」は、現行の1日2往復から、1往復に減る。このダイヤ改定は今年11月中旬に正式決定し、12月中旬に発表される予定だ。
 さらに、09年春のダイヤ改定では、東京―大分の「富士」と東京―熊本の「はやぶさ」の廃止が、JR各社の担当課長レベルで合意済み。これが正式に決まれば、大阪以西を走るブルトレは皆無になり、東京駅でブルトレは見られなくなる。ブルトレ発祥の地である九州などでは、地元の反発も予想されるという。
 新幹線や飛行機、夜行バスに押され、「利用率が低い」のが廃止の最大の理由で、「車両が老朽化している」「夜間の要員確保が難しい」などの事情もある。
 JR東日本の調べでは、JRが発足した87年のブルトレ利用者数と比較すると、東京から西へ向かう路線全体の利用者は05年には21%にまで落ち込んでいる。
 例えば、「はやぶさ」は東京駅を午後6時過ぎに出発、熊本駅に着くのは約18時間後の翌日正午前。飛行機なら2時間もかからない。
 ブルトレの一般的な定義は、14系や24系と呼ばれる青い塗装の寝台車を機関車が引っ張る特急列車(銀河は急行)。現在、東京と九州、北海道、大阪と東北などを結ぶ9路線がある。このほか、電車タイプの寝台特急である「サンライズ出雲・瀬戸」(東京―出雲市・高松)や、比較的新しい車両の豪華寝台特急である「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌)や「カシオペア」(上野―札幌)がある。
 ブルトレの歴史は、56年に営業を始めた東京―博多の「あさかぜ」に始まる。あさかぜは58年から冷暖房完備の新型車両に編成を変えて以来、「走るホテル」と呼ばれて親しまれたが、乗車率が2割台に落ち込み、05年春に廃止された。
 JR各社は、関係部署の担当者による通称「ブルトレ会議」で、ブルトレの将来について検討を進めている。ほかの路線についても、新幹線の開業時期などに合わせて廃止することを視野に、検討しているという。

 《ブルートレイン》 青い寝台車を、機関車が引いて走る列車の愛称。商標権はJR東日本のほか、サンリオやタカラトミーなど数社が持つ。56年に運行を始め、松本清張の推理小説「点と線」にも登場する「あさかぜ」が国内の第1号。70年代後半にはブームが起き、小説の舞台に何度も使われたが、新幹線開通に伴って利用は減少、路線は相次いで廃止された。海外では「世界一豪華」と称される南アフリカの寝台列車「ザ・ブルートレイン」が有名。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月14日

【東京メトロ】【小田急電鉄】5日間限定、丹沢もみじ号を運転

東京メトロと小田急電鉄、5日間限定の臨時直通列車「丹沢もみじ号」を運転
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/11/13/029/
(2007/11/13 マイコミジャーナル)

 東京メトロと小田急電鉄は、11月23日・24日・25日と12月1日・2日の5日間限定で、臨時直通列車「丹沢もみじ号」を運転する。

 「丹沢もみじ号」は1日1往復運転となり、東京メトロ千代田線綾瀬駅(東京足立区)から小田急小田原線秦野駅(神奈川県秦野市)まで、乗り換えなしで運行する。運賃は通常通りで、予約不要。

 往路は綾瀬駅を7時10分に出発し、丹沢・大山の入り口となる小田急小田原線伊勢原駅に停車後、終点秦野駅には9時に到着する予定となっている。復路は秦野駅を15時31分に出発、綾瀬駅には17時13分到着するとしている。

 また、「丹沢もみじ号」の運転日には、伊勢原駅の停車時間に合わせて記念スタンプが用意される(設置時間:各日8時45分〜9時)。小田急や東京メトロ全線の各駅で配られる「丹沢もみじ号」のチラシに同スタンプを押すと、入浴施設や飲食店の各種割引特典などを受けられるという。さらに、12月2日限定企画(開催時間:10時〜12時)として、普段見ることができない大山ケーブル運転室と機械室の見学会が開催される(伊勢原駅にて整理券配布)ほか、大山阿夫利神社にて、地元特産の野菜を使用した「阿夫利汁」が1杯無料でふるまわれるとしている。





鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月09日

【JR北海道】SLクリスマス in 小樽 を運行

JR北海道 来月7日から「SLクリスマス in 小樽」運行
(2007年11月09日 BNN)

専用エンブレムを装着した「SLクリスマス in 小樽」
装飾された列車内と小樽の街でクリスマスムードを満喫。

 JR北海道は12月7日から札幌ー小樽間に「SLクリスマス in 小樽」を運行させる。
 C11蒸気機関車が牽引する車内は、ツリーやリースで飾り付けられたクリスマスムード一色。乗務員や車掌がサンタに扮して出迎え、乗客にはクリスマスカードがプレゼントされる。ミニコンサートやマジックショーなどの車内イベントも催される。
 「SLクリスマス in 小樽」の運転は、12月7日から23日までの金・土・日曜日と、24日、25日の計11日間。全席指定席で運賃は大人片道920円、こども半額。途中停車駅は小樽築港のみ。ダイヤは下記サイトを参照。
 指定席券は、乗車日1カ月前の午前10時から、全国のJRみどりの窓口、ツインクルプラザ、北海道の主な旅行会社で発売。
 「SLクリスマス in 小樽」の運行期間は、「小樽ロングクリスマス2007」、「ウイングベイ小樽 Bay snow festa」(11月10日〜12月25日)も開催され、初冬の小樽がさまざまなクリスマスイルミネーションで彩られる。

 各イベントの詳細は以下の通り。

 [SLクリスマス in 小樽・列車内イベント]
 ■サクソフォン合奏団「高山流水」による「クリスマスミニコンサート」(12月7日)
 ■「ネクスコクボタ」のお笑い系のマジックショー(12月9日)
 ■「クラウンかのん」による風船で何でも作ってしまうバルーンアート(12月16日)

 [小樽ロングクリスマス2007](11月11日〜12月25日)
 ■小樽運河プラザのメッセージツリーや小樽駅でのガラスアート展示、参加協賛店の多彩なクリスマスサービスやスタンプラリーなどを実施。

 [ウイングベイ小樽 Bay snow festa](11月10日〜12月25日)
 ■約4万個のライトを装飾した高さ約20メートルのビッグツリーを展示。ツリー正面のマリーナではヨットにイルミネーションが施されるほか、大観覧車もクリスマス限定点灯する。イブには、海上花火も開催。

JR北海道:SLクリスマス in 小樽
http://www.jrhokkaido.co.jp/new/slxmas/index.html




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月08日

【豊橋鉄道】おでんが食べれる「おでんしゃ」を運行

電車内で「おでん」どうぞ 豊橋鉄道が27日から「おでんしゃ」運行
(2007年11月8日 中日新聞)

 豊橋鉄道(豊橋市)は27日から、市内線(路面電車)の車内でおでんなどを提供する「おでんしゃ」の運行を始める。鍋物が恋しくなる季節に合わせ、初めて企画した。
 豊橋駅前の駅前電停を午後6時25分に出発し、運動公園前までを約1時間15分かけて往復する。車内では人数分のおでんとおつまみ、缶ビールや日本酒などの飲み物を用意し、カラオケも備える。
 全予約制で、貸し切り7万円(26人まで)。9日から予約を受け付ける。12月1日以降は個人利用もできる。1人2800円で、最少催行人数は15人。運行は12月12日まで。問い合わせは同社鉄道部=電0532(53)2136=へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

07年11月07日

【JR東日本】【東北新幹線】世界最速の時速320キロに

東京―新青森間は3時間10分に・東北新幹線高速化計画
(2007/11/07 日本経済新聞)

 JR東日本は6日、東北新幹線の高速化計画を発表した。八戸―新青森間を延伸する2010年度末に宇都宮―盛岡間の最高速度を時速300キロ(現行 275キロ)とし、東京―新青森間を3時間10分程度で結ぶ。12年度末にはフランス国鉄TGVと並ぶ世界最速の同320キロに引き上げ、同区間の所要時間をさらに5分程度縮める。
 東京―青森間は現在、乗り換えを含め最短3時間59分。所要時間短縮で航空機に対する競争力を高める。大宮―宇都宮間の最高速度も時速275キロ(現行240キロ)に引き上げる。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。