お出かけのご予約は、こちらから!

08年02月15日

【小田急電鉄】3月15日のダイヤ改定で、箱根湯本行きの直通急行を全廃

さよなら箱根直通急行 小田急が3月にダイヤ改定
(2008年02月15日 asahi.com)

 小田急電鉄は3月15日のダイヤ改定で、箱根登山鉄道の箱根湯本に直通する急行電車を全廃する、と発表した。58年の歴史にピリオドが打たれる。
 小田急と箱根登山鉄道は1950年に直通運転を始め、新宿と箱根湯本の間に、急行と特急ロマンスカーが走り始めた。現在、急行は1時間あたり2〜3本が直通運転をしている。設備が豪華だが予約と別料金が必要な特急ロマンスカーとは異なり、気軽に観光地に行ける電車として、親しまれている。
 それが今度の改定ですべて廃止されることになった。
 理由の一つは、車両数の相違だ。小田急の急行電車は、通勤需要の増加に伴って車両数を増やし続け、現在では基本的に10両編成。しかし、箱根登山線には6両編成までしか入れないため、急行電車は途中で編成を分割し、一部の車両だけを直通としている。
 「車両によって行き先が違うのでは、お客様にわかりにくい。これをできるだけ解消したかった」(小田急電鉄広報部)
 もう一つの理由は安全面だという。箱根登山線の風祭駅はホームが短く、6両編成の直通急行電車ははみでてしまう。そのため、非常用のドアコックを乗務員が操作して手動でドアを開け、客の乗り降りをさせてきた。
 「この操作は乗務員にも負担になるし、安全上も問題があると言われてきた」(同)
 同駅は今年、バリアフリー化に合わせてホームを延ばし、4両編成なら停車できるようになった。そこで、直通急行をやめ、4両編成の各駅停車を走らせることにしたという。
 現在の直通急行は、ダイヤ改定以降、新宿―小田原間に区間を短縮し、分割や併合もなくなるという。特急ロマンスカーの直通は今後も続く。
 この改定では、東京メトロ千代田線との直通も始まり、北千住―箱根湯本間が結ばれる予定だ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年02月07日

【西日本鉄道】【西鉄大牟田線】福岡天神〜大牟田間スピードアップで4分短縮

[うおっち08年]西鉄・天神大牟田線、速度アップ 今春から4分短縮
(2008年2月6日 読売新聞)

 ◆乗客増や波及効果期待
 西日本鉄道は今春、25年ぶりに天神大牟田線の最高速度を引き上げる。同路線は、並行して走るJR九州と乗客の争奪戦を繰り返してきた。しかし、乗客数は10年以上、減少傾向を続けている。スピードアップで集客増を狙う。

 ■高速化
 天神大牟田線は、西鉄福岡から久留米を経由し、大牟田までを結ぶ約74・8キロ。西鉄では春のダイヤ改正で、今の時速100キロの最高速度を10キロ上げて110キロとする。これにより、現在最短1時間2分かかっている福岡天神〜大牟田は、58分に短縮される。
 西鉄とJR九州は、大牟田駅が隣接しているほか、数百メートルしか離れていない駅も多い。JR九州の特急は、1990年など過去2回、最高速度を上げている。現在は130キロで、博多〜大牟田間を最短44分で結んでおり、西鉄に差を付けている。
 もっとも、料金の方はJRが割引切符「4枚きっぷ」を使っても、博多〜大牟田は1400円かかるのに対し、西鉄は1000円で、安さを売り物の一つにしている。

 ■減少
 ただ、西鉄電車は、10年前に比べ輸送人員が25%も減少するなど、苦境に立たされている。
 例外的に2006年度の輸送人員は1億346万人と、14年ぶりに前年度実績を上回った。これは九州国立博物館(太宰府市)の開館や、駅に隣接するマンションの完成といった好条件がそろったためで、あくまで一時的な現象であるとみられる。
 とりわけ駅別では、大牟田、西鉄久留米(ともに10年前に比べ27%減)など、南部の苦戦が目立つ。駅のある中心市街地の衰退が響いているためだ。このため、「(鉄道の)沿線価値の向上」が、西鉄にとって大きな経営目標となっている。

 ■効果
 私鉄では、阪急電鉄(大阪市)が06年10月のダイヤ改正で、JRと並行して走る神戸線の最高速度を約40年ぶりに5キロ上げた。近畿日本鉄道(同)も同年、「けいはんな線」を一気に25キロも上げた。「特急の停車駅を増やしても時間は変わらず、乗客には好評」(阪急電鉄広報部)という。
 ただ、乗客増などの効果はすぐには表れていない。西鉄の長尾亜夫社長も「10キロ速度を上げたからといって、すぐに成果が出るものではない」と認める。そのうえで、「(スピードアップで)沿線の宅地開発や商業施設の集積など、長い目で見て効果が波及していくはず」と、長期的な視点での対策だと強調する。
 西鉄は今回の高速化に対応するため、カーブの傾斜の改良など14億円の費用をかけた。それでもスピードアップに踏み切ったのは、長尾社長が語る波及効果に期待したためだ。
 高速化で短縮されるのはわずか4分。だがその4分がどんな振興策をもたらすのか、沿線住民も注目している。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年02月04日

【JR西日本】【北陸線】恒例の「SL北びわこ号」運行

ポニーよ走れ、煙を上げて
JR北陸線、SL北びわこ号運行
(2008/2/3 京都新聞)

 JR北陸線の米原−木之本駅間(22・4キロ)で3日、「SL北びわこ号」の冬季運行が始まった。駅や沿線各地に大勢の鉄道ファンらが集い、煙を上げながら疾走する雄姿にカメラを向けていた。
 湖北の観光キャンペーンに合わせ、JR西日本が恒例で運行している。機関車はポニーの愛称で親しまれているC56形で、5両(定員424人)の客車を引っ張る。
 この日は午前10時12分と午後1時26分に米原駅を出発し、汽笛を鳴らしながら湖北路を駆け抜けた。湖北町丁野の沿線で写真撮影していた彦根市八坂町の会社員大川淳一さん(42)は「勢いよく煙を吐く姿が撮れました」と話していた。
 9、11、17、24日の土、日曜、祝日にもそれぞれ2本が運行される。全席指定で、普通乗車券のほか指定席券(510円)が必要。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年02月02日

【東武鉄道】【東武東上線】座席定員制新ライナーの名称を「TJライナー」に決定

愛称「TJライナー」 東武鉄道 3月に撮影会も
(2008年2月1日 読売新聞)

 東武鉄道は、2008年6月から東上線で運転を開始する座席定員制新ライナーの愛称を「TJ(ティージェイ)ライナー」に決定した。
 TJライナーは、都内から県内に帰宅する東上線利用者に、座って帰れる環境を提供するのが目的で、夕方〜夜間の下りだけ運行する。池袋から乗車する際に、乗車券とは別に300円の着席整理券を購入すると、ふじみ野から先の県内主要駅までの座席を確保出来る。池袋以降の停車駅は、ふじみ野、川越、川越市、坂戸、東松山と、その先の各駅。
 愛称のTJは東上(ToJo)線のローマ字表記からとったもので、一般投票で最も人気があった。愛称決定を記念し、3月23日にはTJライナーに使用される新型車両の臨時列車を池袋駅から森林公園駅まで運行するほか、森林公園駅近くで撮影会などのイベントが行われる。
 イベントへの参加希望者は往復はがきに氏名、年齢、住所、電話番号、臨時列車乗車希望の有無を明記し、〒141・8657 東京都品川区上大崎2の24の9、アイケイビル3F、(株)ジェイ・アイ・シー内「東武東上線車両撮影会イベント」係へ。29日必着。
 問い合わせは、東武鉄道(03・3621・5205)。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月31日

【京阪電鉄】【石山坂本線】きかんしゃトーマス号の運転終了

トーマス号お疲れ様 京阪電鉄石山坂本線
(2008年1月28日 読売新聞)

 京阪電鉄・石山坂本線で半年間、運行していた「きかんしゃトーマス号」が27日、営業運転の最終日を迎えた。坂本駅では電車の特別展示もあり、別れを惜しむ家族連れでにぎわった。
 昨年7月21日から期間限定で、石山寺―坂本間を毎日数往復していた。黄緑色の車体にトーマスのほか、物語に登場する船や車が色鮮やかに描かれている。
 最終日は普段走っていない四宮(京都市山科区)―浜大津間も特別に運行した。坂本駅に正午過ぎ、トーマス号が到着すると、大勢の家族連れがお気に入りのキャラクターの前でカメラのシャッターを切っていた。
 長男の翔吾(しょうご)君(4)と出迎えた大津市南志賀の主婦岡田雅江さん(32)は「今日は子どもの誕生日なので楽しみにしていた。いい記念になった」と大喜び。四宮駅から乗ってきたという大阪市立新東三国小2年の南畑成吾君(8)は「ずっとトーマスが好きだったから夢のよう。もう見られないなんて寂しい」と残念がっていた。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月29日

【JR東海】【身延線】全線開通80周年「80周年みのぶ号」を運転

身延線80周年で臨時特急、乗り放題切符も発売−JR東海春のダイヤ 
(2008/1/25 静岡新聞)

 JR東海静岡支社は二十四日、三―六月の春休みと週末を中心にした春の臨時列車の運転計画を発表した。
 身延線が全線開通八十周年を迎える三月三十日、臨時特急「80周年みのぶ号」を静岡駅―身延駅間で一往復運転する。途中停車駅は清水、富士、富士宮、内船の各駅。静岡駅発車は午前七時三十三分。始発の静岡駅と身延駅で出発式を行う予定。
 身延山久遠寺にある樹齢四百年のしだれ桜が見ごろとなる三月二十二日から四月六日までの土、日曜には、静岡駅から身延駅まで直通の臨時特急「しだれ桜号」を運転する。途中停車駅は「80周年みのぶ号」と同様で、各日一往復。
 さらに、三月七日から六月二十七日までの金曜夜には、臨時列車「ホームライナー」を運転する。沼津駅を午後十一時五十九分に出発し、静岡駅に翌午前零時四十二分に到着する。富士、清水の各駅に途中停車する。
 身延線の全線開通八十周年キャンペーンの一環で、同線を中心としたフリー区間内の普通列車と特急「ワイドビューふじかわ号」の自由席が利用できる「身延線乗り放題きっぷ」は二月一日から発売。フリー区間は「静岡駅―身延駅」(二人用五千円)と「静岡駅―甲府駅」(二人用八千円)で、臨時特急「しだれ桜号」も利用できる。JR東海静岡地区の沿線主要駅などで取り扱う。
 問い合わせはJR東海テレホンセンター[電050(3772)3910]へ



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月23日

【JR西日本】午後11時発「ナイト11号」運航延長!飲酒運転対策も。

「ナイト11号」延長決まる JR臨時便
(2008/1/23 紀伊民報)

 JR西日本は22日までに、毎週金曜に期間限定で運行している紀伊田辺駅(田辺市湊)発御坊駅(御坊市湯川町)行きの最終電車「ナイト11号」の運行期間を、3月末まで延長することを決めた。JRに電車の運行を要望してきた味光路振興会(保田正明会長)や田辺飲食業組合(橘勝太郎組合長)の関係者は「ほっとした」と喜んでいる。

 ナイト11号は、昨年11月16日に運行を開始。田辺駅周辺の活気を取り戻すことや飲酒運転対策として、味光路振興会と田辺飲食業組合が同年6月、JRに最終便を遅くする内容の要望書を提出し、実現した。
 御坊駅行き普通電車の最終便は、田辺駅発が午後9時51分だが、毎週金曜に運行するナイト11号は午後11時発。週末の夜、ゆったりと店で飲食を楽しめると利用客から好評だ。当初は1月25日までの期間限定だったが、2月以降もこれを続け、「臨時列車」として2両編成で運行することが決まった。
 貴志公彦・田辺駅長は「利用人数が一定以上あったことや、(振興会や組合などの)皆さんに頑張っていただいたことが大きい。この根本には地元経済が活性化してほしいという思いがある」と説明している。
 22日、同市新屋敷町の田辺市役所で振興会役員が記者会見を開き、4月からも運行を継続してもらうための取り組みなどを語った。
 振興会によると、2、3月は忘年会・新年会シーズンが終わり、客が減少する時期。振興会と組合で電車への誘客対策として、車内でのマジックショー開催▽加盟店で利用できるサービス券を配布▽ポスター作成▽民間企業などを回っての利用呼び掛け―などを計画しているという。

 保田会長は「JRに感謝している。酒を飲む人だけでなく、塾に通う高校生や仕事帰りのビジネスマンにも利用してもらえれば」。橘組合長は「飲酒運転などの問題で飲食業界が厳しい状況にある中、(延長は)大変ありがたい。これをどう生かすかはわれわれの課題」と話した。
 JRによると、ナイト11号は第1回(11月16日)に106人の利用客があり、以降も66人(同月22日)、63人(同月30日)、55人(12月7日)など、過去9回(1月4日除く)の運行ではいずれも50人前後の利用があったという。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月22日

【JR四国】土讃線に新駅「小村神社前」開業。3月のダイヤ改正で。

JR四国 日高に新駅「小村神社前」 伊野に全特急停車=高知 
(2008/1/19 読売新聞)

 ◆3月15日新ダイヤ 
 JR四国は、3月15日から運用する新ダイヤを発表した。日高村下分に新駅「小村(おむら)神社前」が開業。伊野駅(いの町)に全特急列車を停車させ、大杉駅(大豊町)に停車する特急列車を1本増加する。特急列車は全席禁煙となる。
 小村神社前駅は土讃線の波川―日下駅間(4・2キロ)のほぼ中間に新設。下り24本、上り23本の計47本の全普通列車が停車する。県内のJRの新駅は1987年の同社発足以来となる。
 これまで16本の特急列車が停車していた伊野駅では、通過していた残りの2本も停車させる。大杉駅では上り特急列車1本を増加する。また、高知駅を午前9時〜午後5時台に出発する上り特急列車は、出発時刻を現行の0分から12分に変更する。
 これまで特急列車には喫煙席が設けられていたが、デッキを含めて全席禁煙化する方針。主な特急列車には「喫煙ルーム」を順次設置するという。
 一方、土佐くろしお鉄道もJRグループに合わせてダイヤ改正を実施。中村・宿毛線で特急列車、普通列車ともに発着時間を変更する。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月17日

【くま川鉄道】ポルトガルの札遊びを楽しむ「ウンスンカルタ列車」

くま川鉄道を「カルタ列車」走る、11人が満喫
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_08011708.htm
(2008/1/17 読売新聞)

 熊本県南部の人吉〜湯前駅間を結ぶ第3セクター「くま川鉄道」で16日、ポルトガル伝来の札遊びを楽しむ「ウンスンカルタ列車」が試験運行され、カルタ保存会の会員や人吉市職員ら11人が往復84分のカルタの旅に興じた。
 ウンスンカルタは江戸時代に流行したが、賭け事に使われたこともあって幕府が禁止して廃れ、人吉市だけに伝承されてきた。列車は、ウンスンカルタの普及や鉄道の乗客増を図るため導入が検討されている。
 試験運行では走行中の車両で楽しく遊べるかを確かめた。「振動や音は気にならなかった」「手番を待つ間に風景を楽しめた」と参加者の反応は上々だった。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年01月10日

【京福電鉄】源氏物語千年紀にちなみ「紫のゆかりちゃん号」を運行!

京福電鉄、「嵐電」で源氏物語ゆかりの特別列車を運行
(2008年1月9日 時事通信)

 京福電鉄は、京都市中心部と嵐山を結ぶ「嵐電」で、源氏物語のびょうぶ絵をラッピングした特別列車「紫のゆかりちゃん号」を16日から運行する。期間は12月中旬までの予定。源氏物語が確認されて2008年で1000年目となることにちなみ、官民で推進する「源氏物語千年紀事業」の支援事業として行う。 
 嵐電沿線には、世界文化遺産の仁和寺や野宮神社、清涼寺など源氏物語の舞台とされる場所が多い。千年紀事業の取り組みとして、源氏物語ゆかりの地を訪れ、雰囲気を味わってもらいたい考え。
 日本画家の手による源氏物語びょうぶ絵を図柄として取り入れた「プレミアム記念乗車券」を発売。1日乗車券を含めて6枚セットが1500円。同社は「手元に残したくなる美しい乗車券になった。1日券は回収しないので、利用した後に持ち帰ってもらえれば」(広報担当)と話している。


京福電気鉄道、「源氏物語千年紀」で記念乗車券発売
(2007/1/10 Nikkei Net)

 京福電気鉄道は16日、今年の「源氏物語千年紀」にあやかった嵐電の記念乗車券(6枚セット、1500円)を発売する。沿線には仁和寺や野宮神社など物語ゆかりの寺社も多いため、観光誘客と記念切符の収集需要を狙う。
 「プレミアム記念乗車券」と名付け、乗車券(200円)5枚と1日フリーきっぷ(500円)で構成。「桐壺(きりつぼ)」から「末摘花(すえつむはな)」までの6帖を図案化、いずれも日本画の「源氏物語屏風(びょうぶ)絵」から採用した。
 全54帖にちなみ、今後シリーズ化する予定。
 京都府や京都市、京都商工会議所などでつくる「源氏物語千年紀委員会」(村田純一会長)は今年を源氏物語成立の1000年目と位置付け、関連イベントや京都の伝統産業・文化の振興策などを展開している。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。