お出かけのご予約は、こちらから!

08年04月14日

【山陽電鉄】直通特急が荒井駅に停車!

山陽電鉄- 14日から荒井駅に直通特急が停車 /兵庫
(2008年4月11日 毎日新聞)

 山陽電鉄(神戸市)は14日から、山陽姫路〜阪神梅田間で運行する「直通特急」を新たに荒井駅(高砂市)に停車させるなどダイヤの一部変更を行う。周辺の企業立地で、同駅乗降客が1日平均約8000人と増えたため。
 停車時間帯は平日朝の上下各6本(上り=午前7時12分〜8時21分、下り=午前7時4分〜8時15分)と、夕の上下各5本(上り=午後5時42分〜6時30分、下り=午後5時44分〜6時33分)。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年04月04日

【東京急行】大井町線、急行運転を開始!

東急大井町線で急行運転開始−新型デザイン「6000系」登場
(2008/3/29 自由が丘経済新聞)

 東急電鉄(渋谷区)は3月28日より、大井町線の急行運転を開始した。急行列車用に新型車両「6000系」(6両編成)を導入し、朝ラッシュ時(上り)の二子玉川駅〜大井町駅間(途中停車駅=自由が丘・大岡山・旗の台)の所要時間を6分短縮して18分で結ぶ。
 急行運転は、田園都市線の朝のラッシュ時における混雑緩和施策の一環。これにより田園都市線から都心方面へ向かうルートの選択肢を増やし、混雑緩和を図る狙い。
 今年1月から試運転が行われていた新型車両「6000系」が同日、自由が丘駅にも姿を見せた。現行車両8000系、9000系がオールステンレスの車体側面に赤色のラインが入ったシンプルなデザインだったのに対し、新6000系は「都会的なシャープさと先進性を表現したスタイリッシュなデザイン」(同社)。流線型ボディーの前面部から上部へと鮮やかな赤色が、側面には大井町線カラーのオレンジ色のラインが入り、車両デザインを大きく一新した。
 急行停車駅となる自由が丘駅は、急行列車が6両編成となるため(各駅停車は従来通り5両編成)昨年より同駅改良工事を行い、ホームを旧車両基地側へ延伸した。1時間あたりの運転本数は、朝ラッシュ時=20本(急行5本)、日中=12本(4本)、夕ラッシュ時16本(4本)、土曜・休日の日中〜夕刻=12 本(4本)。
 同社は3月26日、大井町線二子玉川駅〜新駅「溝の口駅」までの延伸時期を来年6月とすることを発表した。二子玉川〜溝の口間(営業2.0キロメートル)を複々線化し、全16駅、営業キロ12.4キロメートルの路線となる。これにより、溝の口〜大井町間の朝のラッシュ時の所要時間が現行31分(各駅停車)から22分(急行)に大幅に短縮される。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

【真岡鉄道】開業20周年記念、SLを重連運転!

真岡鉄道 開業20周年でSLの重連運転
(2008/4/4 MSN産経ニュース)

 茨城県筑西市の下館駅を起点に栃木県の茂木駅まで約42キロを運行する第3セクター「真岡鉄道」(本社・栃木県真岡市、福田武隼社長)が11日、開業20周年を迎える。これに先立ち同鉄道では6日、SL2両の重連運転や記念イベントで20周年をPR、鉄道ファンらに “SL運行路線”としての存在感をあらためてアピールする。

 真岡線は平成元年4月、JR真岡線廃止後、第3セクターに転換。筑西市はじめ栃木県側の沿線自治体らが出資してSL運行協議会を組織して運営をサポートしている。
 単線の非電化線を通常はディーゼルのワンマン列車で運行。土日と祝日には、動く状態で保存され、バック走行もできる希少なローカル線用の「C12型」と「C11型」の2両の蒸気機関車を交代で走らせている。四季の風景をバックにSLの勇姿を狙うアマチュアカメラマンや鉄道ファン、家族連れらに根強いファンを持つ。
 今回は20周年記念事業として、6日午前10時27分、下館駅発でSLの重連運行を実施。真岡駅広場ではミニSL試乗会、駅前からは当日に850人を受け付けて、市内のリス村までの約10キロのハイキング会などを企画している。
 すでに定員となったが、家族向けの無料SL運行は11日、下館−真岡間と真岡−茂木間で100組200人を招待。13日には小学生を対象に時速5キロで線路上を運行しながら点検・補修するレールスター乗車会も開かれる。
 1000セット限定の記念入場券と同鉄道歴史本(1セット2880円)も作られ、真岡、久下田、益子、茂木の各駅で販売。鉄道側では「1人で2、3セット求めてくれるお客様もいて好評です」と“臨時収入”に顔をほころばせている。
 問い合わせは真岡鉄道(電)0285・84・2911へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:48 | Comment(1) | TrackBack(1) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年04月01日

【JR東日本】山梨にデゴイチが走る!38年ぶり。

山梨の春、デゴイチ快走…13日まで中央線14往復
(2008年4月1日 読売新聞)

 デゴイチの愛称を持つ蒸気機関車「D51」の特別運行が、山梨県のJR中央線甲府ー塩山駅間で1日から始まった。
 JR東日本と山梨県などによるキャンペーンの一環で、1、3、6、12、13の5日間、計14往復する。この日の始発は午前10時10分、哀愁を帯びた汽笛を鳴らして甲府駅を出発した。
 県内で蒸気機関車が走るのは38年ぶり。SLと山梨の春を一緒に収めるまたとないチャンスと、多くの鉄道ファンが全国各地から集まり、沿線でカメラを構えた。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

【長野電鉄】ながでん日本酒トレインを運行!

じょうほう交差点=「日本酒トレイン」長野電鉄で来月に 松代城跡の夜桜も観賞
(2008年3月29日 信濃毎日新聞)

 長野電鉄(長野市)は、長野市の松代城跡の夜桜と、北信地方の酒蔵の日本酒を楽しめる「ながでん日本酒トレイン」を四月に運行する。運行日は四日間で、席に余裕がある四月十六、十八、二十三日の参加者を募集している。
 午後六時二十分に長野駅を出発、須坂駅を経由し午後七時十分に松代駅に到着する。松代城跡で夜桜を観賞した後、午後七時五十六分に松代駅を出発する。車内では須坂市や上高井郡小布施町の酒造会社の日本酒を試飲できるほか、抽選会もある。松代駅でも地元酒蔵が酒を振る舞う。
 一人三千円で、缶ビールと日本酒、お弁当が付く。各日定員八十人で先着順。申し込みは長野、権堂、須坂の各駅か同社鉄道事業部運輸課で受け付ける。問い合わせは、同課(電話026・248・6000)へ。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年03月28日

副都心線の急行、直通の東武・西武のダイヤ概要!

東京メトロ副都心線の「急行」に東武や西武も対抗
(2008年03月28日 asahi.com)

 6月14日に開業する東京メトロ副都心線と、同線に直通運転する東武東上線、西武池袋線の新しいダイヤが27日、発表された。東京メトロでは初の「急行」運転が行われ、これを受けて、東武と西武もスピードアップに熱を入れたダイヤになっている。
 東京メトロ副都心線は、和光市(埼玉県)と渋谷(東京都)を結ぶ。和光市―池袋間は、現在の有楽町線などの線路を走る。
 副都心線の急行は、和光市―渋谷間では途中、小竹向原、池袋、新宿三丁目だけに停車。同区間を25分で結ぶ。急行は日中、毎時4本運転される。朝夕は、和光市―小竹向原間が各駅停車になる「通勤急行」も運転される。各駅停車の追い抜きは、小竹向原と東新宿で行うという。
 さらに、有楽町線にも、和光市―池袋間で小竹向原のみに停車する「準急」が新設され、毎時4本が準急になる。副都心線の急行と有楽町線の準急は、和光市―池袋間を14分で結び、各駅停車と比べて5分短縮される。

 副都心線には、東武東上線と西武池袋線が直通運転する予定で、両線とも副都心線開業に合わせてダイヤ改定をする。両線ともターミナルは池袋。副都心線や有楽町線は、直通相手でありながら、「競合路線」になる関係にある。メトロの「速達化」に対抗する形で、東武・西武ともに、より速達性や利便性を向上させる方針だ。

 東武東上線では、現在は日中と夜間のみの「急行」が、朝の通勤時にも運転される。和光市―池袋間を現在よりも6分速い、最速13分で結ぶほか、通勤急行や準急の所要時間も平均で2〜3分短縮させるという。「一部の列車が副都心線経由に切り替わって、本数が減ることと、各駅停車の待ち合わせを1駅から2駅に増やすことで、スピードアップを実現した」(東武鉄道広報部)という。
 日中には、準急の一部を急行に格上げし、急行は毎時5本となる。夕方には、定員制の「TJライナー」を新設。18時から22時50分まで、ほぼ1時間おきに運転される。また、その折り返しの上り列車として、特別料金のいらない「快速急行」が新設される。

 西武池袋線では、朝の上り快速池袋行き(毎時4本)を、副都心線直通の渋谷行きにする一方で、通勤準急を練馬に停車させ、練馬―池袋間の利便性を向上させる。また、日中の有楽町線直通の「快速」(毎時2本)を、副都心線直通に切り替えるほか、清瀬―渋谷間の各駅停車(毎時2本)を新設する。
 「西武線内を快速として走る直通列車は、副都心線ではできる限り急行として運転させ、速達性と利便性の向上を図りたい」(西武鉄道広報部)としている。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年03月17日

【小田急-東京メトロ】ロマンスカーの直通運転がスタート!

観光も通勤も“メトロ特急” ロマンスカー 大手町に 霞ケ関に 千代田線乗り入れ
(2008年3月15日 東京新聞)

 小田急電鉄の特急ロマンスカーの東京メトロ千代田線への乗り入れが十五日から始まり、箱根湯本行きの一番列車が北千住駅(東京都足立区)を出発した。日本の地下鉄を全席指定の特急列車が走るのは初めて。観光と通勤に便利な“地下鉄特急”がデビューした。
 北千住駅の千代田線ホームでは、午前九時から発車式。地下鉄乗り入れに合わせてデビューした青い新型車両「MSE」が優雅な姿を見せると大きな拍手で迎えられた。
 普通電車が走る地下鉄ホームを利用するため停車時間は約二分と短く、家族連れなどの乗客は足早に乗車した。子ども二人と乗車し、神奈川県の小田原駅に向かった東京都杉並区の会社員高橋弘充さん(40)は「座っての通勤通学には便利な電車。新型車両の乗り心地も楽しみたい」と笑顔を見せていた。
 平日は本厚木発北千住行きなど上下四本を、土日祝日は北千住発箱根湯本行きなど上下六本をそれぞれ運行。千代田線内は大手町、霞ケ関などに停車する。両駅から町田まで乗車した際に運賃とは別に必要な上乗せ額(特急料金)は六百円で、箱根湯本までの場合は千七十円。土日祝日は東京メトロ有楽町線に乗り入れる臨時列車も走る。



小田急電鉄:メトロを走るロマンスカー 青い「ビジネス特急」、乗り入れ始まる
(2008年3月15日 毎日新聞)

 小田急線と東京メトロ千代田線に相互乗り入れする新型ロマンスカー「MSE」(マルチ・スーパー・エクスプレス、60000形)の下り1番列車が15日朝、始発駅の北千住駅(東京都足立区)を出発した。メトロで全席指定の特急が運行されるのは初めて。1番列車は箱根湯本行きの「メトロはこね」号(10両編成、定員578人)。席は2カ月前、発売5分で売り切れていた。側面にオレンジ色の帯が描かれた流線型の青い車体を、鉄道ファンらが記念撮影。記念式典を横目に、反対車線には通常の地下鉄車両が到着・出発する風景も見られた。
 新型ロマンスカーは都心に向かう快適な「ビジネス特急」がコンセプト。千代田線内は北千住、大手町、霞ケ関、表参道の各駅に停車する。平日の上りは本厚木午前6時28分発の1本で、霞ケ関7時25分着、大手町同31分着。下りは夕方から夜に3本運転する。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 10:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年03月16日

引退の寝台特急「なは」。ヘッドマークが沖縄へ。

引退「なは」のヘッドマークが沖縄へ
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/03/15/0000875625.shtml
(2008/3/15 デイリースポーツ)

 沖縄返還への願いを込め名付けられた寝台特急「なは」(京都-熊本)が春のダイヤ改正で引退、ラストランを終えた15日、熊本駅のホームでヘッドマークがJR九州から那覇市関係者らに贈られた。
 「なは」は沖縄が米軍統治下の1968年に運行開始。約40年間、九州と関西方面を結んだ。
 贈呈式では「命名に込められた悲願は達成した。長いことお疲れさまでした」という翁長雄志那覇市長らのメッセージの紹介後、前日夜に京都駅をたった「なは」が午前7時45分、定刻の3分遅れで熊本駅に到着。
 ヘッドマーク(直径約70センチ、約10キログラム)が取り外され、JR九州の細田勝則熊本支店長が新しい所有者となる沖縄都市モノレール(ゆいレール)の比嘉良雄社長に目録を手渡した。ヘッドマークは那覇市の「ゆいレール展示館」で展示される予定。
 役目を終えた「なは」が警笛を鳴らし車庫へ向かうと集まった鉄道ファンらは拍手で見送った。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
タグ:京都 熊本 なは
posted by train news at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

【肥薩おれんじ鉄道】鹿児島中央への直通列車「オーシャンライナーさつま」が登場!

肥薩おれんじ鉄道 鹿児島中央駅乗り入れ 念願の直通列車発車
(2008/03/16 西日本新聞)

 肥薩おれんじ鉄道のJR鹿児島中央駅(鹿児島市)への乗り入れが始まった15日、沿線の各駅ではセレモニーを行い、直通運転開始を祝った。
 鹿児島中央駅には午前9時半、出水駅発の直通快速列車「オーシャンライナーさつま」が到着。ホームで行われたセレモニーで市橋保彦副知事が「開業以来の悲願だった鹿児島中央駅への乗り入れが実現した。利用者増につなげたい」とあいさつ。沿線自治体の副市長ら関係者がくす玉を割り、一番列車を歓迎した。
 2両の車体には肥薩おれんじ鉄道をテーマにした絵画コンテストの入賞作品が描かれた。コンテストで最優秀賞を受賞した鹿屋市西原台小1年の神崎尚史くんの合図で、直通列車は到着から9分後、出水駅に向けて出発した。
 オーシャンライナーさつまは、出水駅を起点に土日祝日の朝夕、鹿児島中央駅まで1日2本往復運行。高尾野、野田郷、阿久根、上川内、川内、串木野、伊集院の各駅に停車する。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する

08年03月14日

【小田急電鉄】ダイヤ改正、急行箱根湯本行きが廃止

小田急:「箱根急行」きょう最後−−ダイヤ改正 /神奈川
(2008年3月14日 毎日新聞)

 小田急電鉄は15日のダイヤ改正で、「急行箱根湯本行き」を廃止する。今回の改正で新型特急ロマンスカーの東京メトロ線乗り入れが脚光を浴びる陰で、半世紀を超える歴史に幕を下ろす。
 箱根登山鉄道の箱根湯本駅まで乗り入れている下り急行は、小田原止まりになる。小田原−箱根湯本間はロマンスカーと4両編成の各駅停車のみが運行する。
 新宿−小田原、箱根湯本間を走る現行の急行の多くは、新松田など途中駅で連結・切り離しをしてきた。ごく一部を除きダイヤ改正で連結・切り離しをやめ、新宿−小田原間を10両編成で運行する。
 急行電車の箱根湯本乗り入れは1950年に開始。新宿発「急行箱根湯本行き」は、通勤・通学客らに「箱根」を身近に感じさせる存在だった。鉄道アナリストの川島令三さんは「10両編成化の波は仕方がないし、連結・切り離し自体が効率は悪い」と話す。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。