お出かけのご予約は、こちらから!

08年06月02日

【JR九州】肥薩線川線、開通100周年記念列車を運行!

JR肥薩線の川線が100周年、住民ら祝う
(2008年6月2日 読売新聞)

 JR肥薩線の八代〜人吉駅間(川線)が1日で開通100周年を迎え、記念列車の運行や記念行事が行われた。地元住民や観光客、鉄道ファンらが駅に集って、祝った。
 球磨川沿いを走る川線は1908年(明治41年)6月1日に開通。一時は鹿児島線としても利用され、鉄橋や木造駅舎など貴重な産業遺産が現役で活躍している。
 この日は、普段は久大線を走る「ゆふDX」を利用した記念列車「100年レイル肥薩線号」が、190人を乗せ、熊本駅を出発。途中の一勝地駅(球磨村)では、大勢の住民が手作りの小旗を振って出迎え、太鼓踊りや新茶、球磨焼酎でもてなした。
 人吉駅では、地元の首長らが出席して記念式があり、JR九州の細田勝則・熊本支社長が「地域の皆様のご支援、ご愛顧のたまもの」とあいさつ。くす玉が割られ、吹奏楽の演奏で祝福した。数えで100歳となる国鉄OBの牧山徳治さん(99)(相良村)が1日駅長として合図し、列車は熊本駅に戻った。
 肥薩線は来年、蒸気機関車(SL)が復活する予定で、同年11月には全線開通100周年を迎える。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。