お出かけのご予約は、こちらから!

07年11月29日

開かずの踏切の待ち時間表示実験!

「開かずの踏切」待ち時間表示実験始まる…東京・京王線
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071128i402.htm
(2007年11月28日 読売新聞)

 ピーク時の遮断時間が40分を超えることもある「開かずの踏切」。
 イライラを少しでも減らしてもらおうと、待ち時間を表示する国土交通省の実験が28日、京王線千歳烏山駅(東京都世田谷区)近くの踏切で始まった。
 通過列車の先頭車両に全地球測位システム(GPS)を設置し、その位置情報や速度をもとに待ち時間を計算、電光掲示板に表示する仕組み。迂回(うかい)路を示した地図も掲示している。
 実験は、都内計5か所の踏切で来年1月にかけて順次行う。




鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 13:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
開かずの踏み切りの待ち時間が表示されると、回り道をするかどうかの判断には便利でいいですね(^_^)
急がば回れ!ですね。
Posted by maki at 2007年11月29日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69985091

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。