お出かけのご予約は、こちらから!

07年11月19日

空港に行く電車賃が高い理由・・・

鉄道運賃- 建設費回収理由に「加算」37年間も
(2007年11月18日 毎日新聞)

 鉄道会社が建設費回収などを目的に特定区間で運賃を上乗せする「加算運賃」が、回収状況が明らかにされないまま長期間続いている。国の認可制度だが存廃の判断は鉄道会社に委ねられており、専門家から疑問や見直しを求める声が出ている。
 鉄道の新線開業や路線延長などには多額の費用がかかる。加算運賃は、この建設費や維持費などの一部を利用者に負担してもらうため、距離に応じた普通運賃に上乗せする特別な制度。鉄道会社の申請に基づき、運輸審議会の審議を経て国土交通省が認可する。
 加算額は建設費や収支見込みなどを元に決められるが、運輸審議会では「軽微事案」とされ、実質審議はほとんどないまま認可されることが大半だ。しかも認可後は回収額の報告義務はなく、廃止の際に国交省に届け出るだけ。廃止の判断は会社の裁量となっている。
 国交省によると、現在加算運賃が認められているのは全国で20区間。このうち20年以上加算を続けているのが7区間で、最長は近鉄鳥羽線(三重県)の37年間。最近加算運賃を廃止した名鉄・瀬戸線栄町−東大手間(加算運賃30円、06年廃止)は28年間▽小田急・多摩線新百合ケ丘−唐木田間(同10〜20円、05年廃止)は26年間続けていた。
 加算額は10〜220円と幅があるが、特に空港と直結する区間で高い傾向があり、7区間のうち6区間が100円以上だ。京浜急行の羽田空港線(東京)は98年から170円が加算され、品川駅−羽田空港駅の大人乗車料金は400円。普通運賃230円の1・7倍になる。羽田空港駅の1日平均の乗降客数は約7万4000人(06年)で、全員がこの乗車料金を支払ったとすると、同社には1年間に加算分だけで約46億円が入る計算だ。
 同社は「地盤が弱く特殊な工事のため、一事業者で建設費を負担するのは無理。一部を利用者に負担してもらうため加算運賃を設けている。建設費やこれまでの回収額は公表できない」と話す。
 またJR千歳線(北海道)は新千歳空港に乗り入れた92年以降、一部区間で140円を加算している。しかしJR北海道も「投資額や回収額は公表できない。廃止時期は回収状況を見ながら検討したい」という。
 こうした状況について国交省鉄道局旅客輸送業務監理室は「いつまでも加算運賃が続くことはなく、相当程度回収できれば加算運賃を見直すよう指導している」と説明。今のところ制度を見直す考えはない。
 細川幸一・日本女子大准教授(消費者政策)の話 加算運賃の必要性は認めるが、認可した国が建設費の回収状況や廃止時期を把握せず、国民にも知らせないのは問題だ。公共料金の許認可規制は事業者に不当な利益を与えないという目的もあり、加算運賃の廃止が事業者の自己申請というのは疑問がある。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:28 | Comment(1) | TrackBack(2) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
明日羽田空港を利用するので、京急に乗車する予定ですが、加算されているのですね。

でも京急とJRの競争も始まっているから今後は少し安くなってくれるでしょうかね〜
まてよ!加算されているのだから当然値下げ競争をしてもらっていいのですね(>_<)

新千歳からの料金も札幌からの料金に比べて格別高いですものね!
Posted by maki at 2007年11月21日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67533375

この記事へのトラックバック

[トリビア]空港に行く電車賃が高い理由
Excerpt: > 京浜急行の羽田空港線(東京)は98年から170円が加算され、 > 品川駅−羽田空港駅の大人乗車料金は400円。普通運賃230円の1・7倍になる。 よくある便乗値上げ
Weblog: 自動ニュース作成G
Tracked: 2007-11-22 04:10

(続報)空港に行く電車賃が高い理由・・・
Excerpt: 昨年11月に、「空港に行く電車賃が高い理由」は、建設費回収などのための加算運賃が原因だと書きました。 ------ 過去の記事より ------ 鉄道会社が建設費回収などを目的に特定区間で運賃を..
Weblog: 最新!鉄道ニュース!!
Tracked: 2008-03-02 15:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。