お出かけのご予約は、こちらから!

07年09月13日

【JR北海道】外国人観光客向けに駅番号を表示

「駅番号」で外国人にやさしく JR北海道、来月導入
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/life/49161.html
(2007/9/13 北海道新聞)

 JR北海道は十二日、道内の三百五十駅に固有の「駅番号」を設けると発表した。十月一日のダイヤ改正に合わせてホームの駅名板や路線図、電光板案内などで表示する。日本語を読めない外国人観光客でも目的地を把握しやすくするなどのサービス向上が狙い。
 駅番号は、札幌が「01」、他の駅は、札幌からの方面別に決められたアルファベットと、札幌に近い順に割り振られた数字の組み合わせとなる。例えば、函館は東室蘭、函館方面の路線を示す「H」と、札幌から七十五番目の駅であることを示す「75」を合わせた「H75」。旭川は「A28」、釧路は「K53」となる。
 こうした駅番号表示はJRグループでは四国に続いて二番目。道内では札幌市営地下鉄が昨年一月から実施している。



鉄道ブログランキングへの応援はこちら!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 19:32 | Comment(1) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
東京メトロの駅番号の表示と同じですね。

いろいろな利用者のためのサービスの一環ですね。

先日新幹線に乗車しましたが、目の不自由な3名の方が、順番に肩に手を置き並んで乗車してきました。
先頭者が、入り口で表示板にさわり、「10号車、よし、表示あり」といって通路を歩き始め、1列ごとに座席に触って確認しながら自分達の座席を探していました。

後で点字でかかれた表示板を見に行きました。
この種のサービスも行われていたんですね〜
Posted by maki at 2007年09月14日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。