お出かけのご予約は、こちらから!

10年10月18日

【JR東日本】【中央線】全面オレンジの201系が引退

「全面オレンジ」の中央線が引退 201系、ラストラン
(2010/10/17 MSN産経ニュース)

 JR中央線で全面がオレンジ一色の「201系」車両が17日、引退することとなり、豊田(東京)−松本(長野)間を臨時列車としてラストラン。抽選で選ばれた400人の鉄道ファンが最後の乗り心地を楽しんだ。
 JR東日本によると、201系は旧国鉄時代に101系、103系の後継として投入された。昭和56年から60年まで約1千両が製造され、中央線の場合はオレンジ色の車体で30年近く活躍してきた。しかし、老朽化のため、オレンジのラインが引かれたステンレス車体の「E233系」に置き換えが進んでいた。
 この日ラストランをした車両は、長野県内の車両基地で廃車になる。
 201系は今後、JR東日本の京葉線などで4編成、JR西日本の大阪環状線などで約30編成が残る。



鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166125799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。