お出かけのご予約は、こちらから!

09年09月24日

【山陽新幹線】500系のぞみ引退へ。こだま専用に。

500系のぞみが引退 こだま専用で活用へ
(2009年9月22日 サンケイスポーツ)

 JR西日本は21日、1997年から導入した高速走行性能に優れる新幹線車両「500系」を、来春に東海道・山陽新幹線の「のぞみ」としての定期運転から“引退”させる方針を明らかにした。JR東海と共同開発した最新鋭車両「N700系」に徐々に置き換えているため。引退した車両は新大阪−博多間の「こだま」で活用する。
 500系はカワセミのくちばしのような鋭くとがった先頭車両のデザインが特徴で、鉄道愛好家らに人気がある。だが「車体が円筒形のため室内空間がやや狭く、全車両にモーターが付いているため車両価格が高い」(JR西日本)といった難点があり主力の座から降りることになった。
 既にのぞみの定期運転は2往復だけとなっており、11月10日からは1往復に減らす。のぞみがなくなれば、原則こだま専用車両となる。
 500系は、デビュー当時、最新技術を駆使し、営業運転で最高時速300キロを実現した車両として注目された。こだまになると持ち味の高速走行を十分に発揮できないため、ファンから残念がる声が出そうだ。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:16 | Comment(3) | TrackBack(1) | 車両 (新型車両・車両の引退など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
大好きな500系がもう東京駅では見れなくなってしまうんですね〜
とっても淋しいですね〜

とうとう白にブルーのラインの新幹線しかなくなってしまう。。。
JR西日本は、レールスターや100系こだまなど、違う色のバリエーションが楽しめるのに〜
Posted by maki at 2009年09月25日 12:47
500系も16両で「のぞみ」として活躍する姿はもう見られなくなると思うと少し寂しくなります。あの鋭利な先端部のデザインが素晴らしかったのに、それがローカルな「こだま」に回されるなんて・・・・。

でも仕方ありません。乗り心地の面などからN700系が「のぞみ」に充当されざるをえませんから・・・。
Posted by 新幹線エキスパート at 2009年09月28日 23:50
フル編成の500系が見られるのもあと半年になってしまいましたが引退までの期間、悔いの残らないように私は全力で乗車及び撮影を行いたいと思います。
Posted by MG at 2009年09月30日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【JR西】500系、東海道新幹線からの引退秒読み
Excerpt: 現在、定期列車で2往復が残る、500系新幹線の直通「のぞみ」であるが、11月10日より1往復が置き換えられ、いよいよ東京へ顔を出す500系は定期1往復となる。 (記事) 写真は東海道新幹線をゆく、..
Weblog: Pokeoの鉄道ニュース
Tracked: 2009-09-25 01:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。