お出かけのご予約は、こちらから!

09年09月24日

【阪神なんば線】開業半年、好調!

阪神なんば線- 快走半年 運賃収入、予想16%上回る
(2009年9月20日 毎日新聞)

 「神戸から奈良まで乗り換えなし」を実現した阪神なんば線(大阪難波―尼崎)は20日で開業半年。相互乗り入れする阪神、近鉄とも新線効果で乗客数・収入が好調に推移している。
 阪神なんば線は3月20日に開業。阪神電気鉄道の運賃収入は、当初予想より16%多い約14億9800万円(8月末現在)と好調だ。近畿日本鉄道と接続し奈良まで乗り換えなしで行けることが評価された。阪神は「今後も増加が続く」と自信を見せる。
 1日当たりの乗客数は約5万9000人で目標を8000人下回っているが、予想より長い区間の乗客が多いことが収入増につながっている。8月は甲子園球場や京セラドーム大阪で野球の試合が多く、同約6万3000人に上昇した。
 一方、近鉄の大阪難波駅の乗降客は21・1%増。阪神なんば線による4〜8月の増収効果は4億円以上、としている。
 奈良観光を目的に阪神なんば線を利用する乗客も増えた模様だ。私鉄各社などが販売する電車・バス乗り放題券「奈良・斑鳩1dayチケット」は、4〜8月に販売した約4万2000枚のうち、阪神分が前年の約8・9倍、約1万5000枚に達した。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・ニュース
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128751330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。