お出かけのご予約は、こちらから!

09年08月31日

【ヨーロッパ】夜行列車「オリエント急行」廃止へ

「オリエント急行」年内廃止=コスト高、126年の歴史に幕―英紙
(2009年8月23日 時事通信)

 【ロンドン時事】22日付の英紙インディペンデントによると、アガサ・クリスティの推理小説でも知られる夜行列車「オリエント急行」の運行が、今年12月に廃止される。戦争による停止や路線変更など曲折を経ながらも欧州鉄道史に輝かしい足跡を残してきたが、夜行のコスト高もあり126年の歴史に幕を下ろすことになった。
 オリエント急行は1883年に運行開始。1930年代の最盛時には仏パリとトルコのイスタンブールを結んでいたが、第2次世界大戦後は自動車や飛行機の発達で縮小の一途をたどり、2001年にはパリ〜ウィーン間に、07年には仏ストラスブール〜ウィーン間に短縮された。
 12月12日午前8時59分ストラスブール着の列車を最後に、時刻表から完全に姿を消す。
 インディペンデント紙は、推理小説「Murder on the Orient Express(オリエント急行殺人事件)」をもじり「Murder of the Orient Express(オリエント急行殺し事件)」との見出しを掲げている。
 欧州では「本家」と別に、英国とイタリアを結ぶ「ベニス・シンプロン・オリエント急行」など同名の観光列車サービスがあるが、こちらは運行を継続するという。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126913513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。