お出かけのご予約は、こちらから!

09年08月21日

【北陸新幹線】白山車両基地駅構想で調査委員会発足

24日に調査委発足 北陸新幹線 白山車両基地駅構想で
(2009年8月20日 富山新聞)

 石川県と白山市などは24日、北陸新幹線白山総合車両基地に駅を設置する構想の実現に向け、「南加賀地域の公共交通ネットワークのあり方に関する調査委員会」を発足させる。同日、白山市で初会合を開き、駅の整備概要の検討に着手する。
 調査委には能美、小松、加賀3市、野々市、川北2町と国土交通省、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、JR西日本が加わる。山陽新幹線博多総合車両所の博多南駅を参考に新駅設置計画を練る。
 白山総合車両基地は、JR松任駅付近から小松方向に伸びる引き込み線と新幹線車両の停泊所などで構成される。新駅の位置は引き込み線沿線か停泊所付近となる見通しで、南加賀全域からの利用に配慮した駐車場整備も課題となる。
 駅設置構想は6月20日の北陸新幹線建設促進県民会議総会で提起された。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126176614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。