お出かけのご予約は、こちらから!

09年07月21日

【京成電鉄】成田新高速鉄道開業後のダイヤ

京成電鉄、スカイライナー運行−成田新線開業後も継続
(2009年7月20日 日刊工業新聞)

 京成電鉄は2010年度の成田新高速鉄道開業後も、京成本線での有料特急、スカイライナーの運行を日中に限り継続する。ピーク時には特急料金がかからない一般特急のみ運行する。開業後は北総線経由の新線が成田国際空港アクセスの主力となる。現行車両を京成本線に一部残し、有料特急として運行することにより、千葉県内の京成本線沿線利用者が都心部、成田空港とアクセスする際の利便性を維持する。

 新線開業後、京成本線では市川市、船橋市といった人口を多く抱える都市の沿線利用者向けに、ピーク時を除く日中に現行車両による有料特急を運行。ピーク時の一般特急は途中駅でのスカイライナー通過待ちがなくなるため、所要時間が数分短縮する。
 現在、朝のピーク時間帯1時間あたりの空港アクセス列車の運行本数は有料特急スカイライナー3本、一般特急3本の計6本。
 新高速鉄道開業後は新線の新型スカイライナー3本、新線の一般特急3本、京成本線の一般特急3本の計9本の運行となる。新線開業後の京成本線ではピーク時間帯に有料特急は運行しない。
 スカイライナーの名称を持つ有料特急はすべて新線に移行する。これに伴い、京成本線を走る有料特急には新たな愛称を付ける予定。
 また、東京都心部と千葉県内のベッドタウンを結ぶ通勤者向け列車「モーニングライナー」「イブニングライナー」は存続。新型スカイライナー車両で新線、現行スカイライナー車両で京成本線の2ルートで運行する。
 成田新高速鉄道は第三セクターなどが整備し、京成電鉄が運行を請け負う。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 15:38 | Comment(1) | TrackBack(1) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
スゴい情報ですね。
この新聞記事後半のモーニング・イブニングライナーの部分、新ルートにも朝夜に新AEで通勤ライナーを運転すると言う事ですよね!他では無い情報でしたから、これにも驚きました。
京成経由の日中の在来AE100使用ライナー(開運号?)は80分おきで一般特急を追い越さないダイヤになるのでしょうね。
Posted by VSE at 2009年08月19日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京成、新線開業後も京成本線での有料特急運行継続
Excerpt:  京成電鉄、スカイライナー運行−成田新線開業後も継続:日刊工業新聞
Weblog: kqtrain.net(京浜急行)
Tracked: 2009-07-21 20:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。