お出かけのご予約は、こちらから!

09年04月15日

横浜〜羽田空港〜成田空港のリニア構想で、神奈川県が調査結果を発表!

神奈川県/横浜〜成田・羽田空港間リニア実現へ調査結果/建設費1・3兆円
(2009年4月15日 日刊建設工業新聞)

 横浜から成田・羽田両空港等をリニアで結ぶ「成田〜羽田超高速鉄道整備構想」の実現をめざす神奈川県は14日、アクセス改善効果や事業費などの調査結果をまとめた。それによると横浜〜成田空港間の建設費の推計は約1兆3000億円、建設にともなう経済波及効果は2兆9000億円と試算された。
 調査の対象となった事業区間は「東京湾臨海部リニアモーターカー構想」と同じく横浜〜成田空港間の約90キロ。想定駅数は6駅、車両数は120両。掘削手法は一般部がシールド工法、駅部が開削工法。概算事業費はシールド部が9900億円(地下鉄工事実績より推定)、駅部が1600億円(同)、車両費が1000億円(リニア中央新幹線データより推定)、車庫費が400億円(東京湾リニアモーターカー構想より推定)の合計1兆2900億円。1キロあたりの建設費は約143億円と試算された。
 建設投資による波及効果は、約1兆3000億円の直接効果から約8500億円の1次波及効果をもたらすと推計。さらに1次効果による雇用者所得誘発額は約7400億円の2次波及効果を生むと推計、生産波及効果の総合計は約2兆9000億円と試算された。
 アクセス改善効果は、成田〜羽田間が現行の91分から15分と大幅に短縮。国際ゲートウエイ機能と国内線ネットワークの中核機能が一体化し、国際水準の首都圏空港が実現。空港利用者の利便性と首都圏南部方面から成田へのアクセスが飛躍的に向上する。車利用から鉄道利用への転換がはかられ、環境改善効果も期待できる。
 また、シールドトンネルの形状特性を生かして、ほかの物流機能等とトンネルを共同化するなどのシールドトンネル多目的活用。計画中のリニア中央新幹線や既存新幹線ネットワークとの連携による、中部圏や関西圏等との連携強化などが期待されている。
 構想実現に向けては今後、具体的なルートや構造を設定したうえでの事業費の推計や需要予測など詳細な検討が必要となる。圏域を越えるビッグプロジェクトであることから、八都県市首脳会議など、より広域的な協議が必要としている。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 廃線/新設
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
それほど需要があるとは思えない成田リニアを造るより 県民が不便を感じている相模線、南武線、横浜線等の改善をすすめて欲しい・・・。
Posted by 県民としては at 2009年04月24日 10:34
上の方と同じく。
さらに武蔵野線、川越線、八高線、東武野田線など環状線を強化する方が遥かに効果があるのでは?
環状線が強化されれば都心の混雑緩和も多少はされるでしょうし。
Posted by magneto at 2009年04月28日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

空港連絡リニア線/ なにわ筋線;夢物語?/期待の新路線?;
Excerpt: 空港接続鉄道関係のニュースが連続してありました。 下記に引用したように、次の2つの計画です。 1.成田空港と羽田空港を千葉・品川経...
Weblog: 【バンコク近郊 こだわり情報+α】
Tracked: 2009-04-26 22:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。