お出かけのご予約は、こちらから!

09年03月15日

【JR西日本】山陽新幹線厚狭駅、開業10周年!

山陽新幹線「厚狭駅」10年 利用者伸び悩み=山口
(2009年3月13日 読売新聞)

 山陽小野田市のJR山陽新幹線厚狭駅が13日、開業10周年を迎える。県など地元が建設費の全額約87億円を負担して建設された「請願駅」だが、利用者は伸び悩んでいるのが現状だ。
 同駅は県内5番目の新幹線の駅として、1999年3月13日に開業。旧山陽町など当時の4市8町が期成同盟会を設置し、四半世紀近く要望を続けて悲願を実らせた。現在、「こだま」が1日計50本停車している。
 JR西日本によると、07年度の同駅(併設の在来線を含む)の乗車人員は約66万人。開業前の97年度は約61万人で、開業後の2000年度は約74万人に跳ね上がったものの、02年度からは60万人台後半を上下している。
 市商工労働課は「進行中の駅南部地区の区画整理事業を生かし、駅周辺の開発が進む新山口駅(山口市)のように地域を活性化し、利用増につなげたい」と構想を描く。利用しやすいように「ひかり」の停車の要望も続けていく方針だ。
 一方、JR西日本は「開業前より、駅全体の利用者は増えており、利便性向上につながっている。今後は周辺と連携した観光開発など、地域の魅力づくりを進めてほしい」としている。
 10周年を記念し、14日午前10時から、厚狭駅南口駅前広場でイベントが行われる。物産展や鉄道部品販売、各地の名物駅弁販売などが計画されている。問い合わせは、同課(0836・82・1151)へ。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115707311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。