お出かけのご予約は、こちらから!

09年03月15日

【JR西日本】こだま往復割引きっぷを発売!高速道路の値下げに対抗!!

JR西 高速道に対抗 こだま最大45%引き きょうから山陽新幹線
(2009年3月10日 産経新聞)

 ◆家族旅行ターゲット
 JR西日本は9日、28日から始まる高速道路の上限1000円割引に対抗するため、山陽新幹線のこだま指定席に限定した最大約45%安くなる往復割引きっぷを10日から発売すると発表した。家族旅行をターゲットに、子供料金は一律3000円に設定、トヨタ・ヴィッツなど1300cc以下クラスのETC(自動料金収受システム)付きレンタカーが、24時間2000円で利用できる特典付き。
 出発駅は新大阪から博多まで可能。新大阪からだと、姫路から広島まで9駅が設定されている。
 たとえば、大阪市内−岡山往復の価格は大人6880円(通常価格1万1720円)。家族4人(大人2人、子供2人)なら、レンタカー料金込みで2万1760円で、2万円以上割安になる。こだまの指定席は左右2列で、500系こだまの3列シートも2人で利用できる。
 JR西日本では「スピーディーな新幹線で目的地に行き、現地のレンタカーで高速道路の割引を体験してほしい」と鉄道と車の組み合わせを提案している。
 こだまの新大阪−岡山間は1時間20分。車で高速道路を利用すると約3時間かかる。大阪市内から、阪神高速道路を含めた高速料金は28日以降片道2000円以下で鉄道より大幅に安くなるが、渋滞が予想されるほか長時間運転になる。
 こだまの指定席乗車率は17%(平成20年4月から21年2月までの平均)と低迷しており、高速道路対策をきっかけに新たな市場開拓を目指す。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 切符・チケット
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「こだま指定席往復きっぷ」の補足
Excerpt: 先日ご紹介した「こだま指定席往復きっぷ」ですが、やはりインパクトが強かったのでしょうか、ニュースでも紹介されていました。 JR西、こだま格安きっぷを発売 高速道上限1000円に対抗(MSN産経ニ..
Weblog: 阪和線の沿線から
Tracked: 2009-03-18 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。