お出かけのご予約は、こちらから!

09年01月26日

春の臨時列車情報!【JR九州・JR東日本 高崎支社】

JR九州、春の臨時列車の概要発表
(2009年1月24日 西日本新聞)

 JR九州は二十三日、三−六月に増発・増結する特急列車の概要を発表した。ゴールデンウイークを中心に、八百五十三本を増発し、二百八十五本に車両を増結する。
 長崎線・佐世保線は博多−佐賀間で七十本、博多−ハウステンボス間で六百八十六本を増発。日豊線は小倉−大分間で七十本を増発する。また、鹿児島県内を走る観光特急「はやとの風」は三月十四日のダイヤ改正から、国の登録有形文化財に指定されている大隅横川駅(鹿児島県霧島市)での停車時間をすべての列車で五分以上に拡大する。
 春、夏、年末年始の繁忙期に関西−九州を運行する臨時快速列車「ムーンライト九州」は今回、運転しない。JR九州は「列車以外の高速交通網が整備されていることや、車両の老朽化を考慮した」としている。また、JR西日本は同期間に博多−東京間の臨時「のぞみ」を計六百七十五本運転する。



新幹線、在来線計1849本を増便 JR高崎支社春の臨時列車
(2009年1月24日 上毛新聞)

 JR東日本高崎支社は二十三日、春の臨時列車の概要を発表した。三ー六月の四カ月間で新幹線千六百七十八本、在来線百七十一本の計千八百四十九本を増便し、春休みやゴールデンウイークにはディーゼル機関車でけん引する「DLみなかみ」「DL横川」を上越線、信越線で運行する。
 四月十八、十九日には碓氷峠鉄道文化むらの開業十周年に合わせて、上野―横川間で「快速碓氷」を運行。五月二―六日は足利フラワーパーク(栃木県足利市)の大藤(ふじ)まつりに合わせて、大宮―佐野間(高崎線経由)で快速列車「お座敷せせらぎ藤祭り」を運転する。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 11:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイヤ (特別列車・特別運行・ダイヤ改正など)
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
3月14日のダイヤ改正でながらとえちごが臨時降格となり、九州と松山/高知が実質的に廃止となってしまった。ながらとえちごの春臨以降の乗車率次第では、近い将来ムーンライトシリーズは全滅してしまうのではないだろうか。今更言う事でもないが、全国の寝台特急や夜行急行もかなり危険な水域に来ていると思うので、私が出来る事は旅に出る時にとにかく沢山の夜行列車を乗車する樣に心掛け、存続を祈るのみである。
Posted by MG at 2009年01月26日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113186956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。