お出かけのご予約は、こちらから!

08年12月25日

【JR東海】中央リニア新幹線、直線ルートを提示へ。

リニア「直線」JR表明へ
(2008年12月25日 読売新聞)

社長、あす知事と会談

 JR東海が2025年に首都圏―中京圏の開業を目指すリニア中央新幹線について、金子国土交通相は24日、整備計画決定に向けた調査を同社に指示した。これを受け、同社は沿線自治体とルートなどの調整を始めた。26日に、松本正之社長が村井知事と会談し、南アルプスを貫通する直線ルートで、中間駅設置は地元負担とする意向を初めて公式に伝える。
 同新幹線の県内ルートについては、同社が直線ルートで建設する方針なのに対し、県は諏訪地方と伊那谷をまわるルートでの建設を求めている。村井知事は24日、記者団に「スタートラインに立ったということ。すべては26日から始まる」と語った。
 同社は、建設費約5兆1000億円をすべて自己負担する方針。直線ルートとする理由について、松本社長は記者会見で、「我々の経営体力の範囲内でやるため、工事費が少ない直線に近い形が一番いい」と述べた。中間駅の設置については、「(新幹線建設で)地元に受益があり、地域に負担していただくという考え方だ」と説明した。
 ルートや駅について、調査指示は「地域と調整を図ること」を求めており、同社は24〜26日に沿線6都県に方針を説明する。調整相手について、松本社長は「県を窓口にしたい」と述べた。
 調査指示は、全国新幹線鉄道整備法に基づき、輸送力や建設費など4項目の調査を同社と鉄道・運輸機構に求めている。これまでに建設された新幹線の調査指示の場合、報告提出期限が設定されたが、今回は長野県が直線ルートに反対していることに配慮し、期限設定が見送られた。


鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 12:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 廃線/新設
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
質問です。
現在リニア新幹線が予定されているCルートでは、山梨県の増穂町をとおりますか?それはどのくらいの確率で実現しそうですか?おしえてください。
Posted by 渡邉さん at 2009年01月03日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。