お出かけのご予約は、こちらから!

08年07月14日

【東京メトロ】副都心線開業から1ヶ月。それぞれの影響は?

東京メトロ副都心線、開業1か月で苦情・要望2500件に
(2008年7月14日 読売新聞)

 東京メトロ副都心線(和光市―渋谷)が開業して、14日で1か月。1日平均の乗客数は池袋―渋谷間で予想の15万人を上回る17万4000人と好調な一方、ダイヤの乱れが続き、乗客の苦情や要望は2500件に上っている。
 副都心線は、小竹向原駅(練馬区)で西武線や有楽町線に乗り換えることができる反面、同駅の乗り入れ構造が複雑でダイヤが乱れやすく、開業当初は停電などのトラブルも加わり、通勤時間帯に20〜30分の遅れが頻発した。
 東京メトロは、他路線で経験を積んだ運転士を投入したが、それでも「急行」「通勤急行」といった表示変更などの機器操作に手間取ったため、運転士を車庫に集めて操作を特訓。「行き先表示がわかりにくい」という苦情に応え、小竹向原駅の上り線ホームに電光表示板を2台増設した。
 6月下旬以降、遅れは通勤時間帯で3分前後に収まってきたが、今月11日夜には運行制御システムがダウンし、全線が約1時間ストップした。同社は「さらに案内表示や信号システムも改良し、定時運行に努めたい」としている。
 利用面では、商業施設が集まる新宿や渋谷などを結ぶため、東京メトロでは初めて、土日の乗客が平日より多い路線となった。一方、池袋―渋谷間で競合するJRは、乗客減を1日平均9万人と予想していたが、6月は6万8000人にとどまっている。
 また、埼玉方面と新宿・渋谷を直接結ぶため、池袋では乗客の素通りが心配されたが、池袋駅西口の東武百貨店は「まだ1か月で影響ははっきりしないが、夕方の食品売り場は開通前よりにぎわっている」と話している。





鉄道ブログランキングへの応援 お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
posted by train news at 20:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 廃線/新設
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
先日東久留米で通夜があり、渋谷より飯能行きの副都心線に乗車しました。
渋谷駅の雰囲気を味わいながら、エスカレーターをおり、3番線4番線の降り道でまず迷いました。もう一度改札階に上がり、飯能行きの番線を確認後、ホームへおりました。
しかしホームは同じフロアにあり、どちら側に降りても同じことでした。初めてのところって不安ですね〜
ただし、東横線がつながると、ホームに2線路あったので、乗車番線の確認は必要になるでしょうね。
小竹向原で1分停車、西武線に入ります。
乗り換え無しで西武線方面に行くことができるので、便利だし、早いですね。
帰りは、小竹向原まで有楽町線乗り入れの電車に乗車し、小竹向原で各駅停車の副都心線を見送って、急行に乗車しました。
渋谷まで行く方は、後発の急行のほうが早く着きますとのアナウンスがありました。
やっと渋谷駅に戻ってきましたが、地上に出るのにまた悩みました。
正面改札から出てやっと出たい場所がわかりましたが、なれるまでは渋谷副都心線の出口は、わかりにくいと思いました。
Posted by maki at 2008年07月15日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。